人間の証明 ブルーレイ [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

人間の証明 ブルーレイ [Blu-ray]

5つ星のうち 3.9 74件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 1,854 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,170 (39%)
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 1,854より 中古品の出品:6¥ 1,400より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ人間の証明¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 人間の証明  ブルーレイ [Blu-ray]
  • +
  • 野性の証明  ブルーレイ [Blu-ray]
  • +
  • 戦国自衛隊  ブルーレイ [Blu-ray]
総額: ¥5,562
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 松田優作, 岡田茉莉子, ジョージ・ケネディ, 鶴田浩二, 三船敏郎
  • 監督: 佐藤純彌
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川書店
  • 発売日 2012/09/28
  • 時間: 132 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 74件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B008GX5UAS
  • JAN: 4988111142726
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,237位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ホテルのエレベーターで血まみれで発見された黒人青年の死体に端を発し、これを捜査する刑事とニューヨーク市警、容疑者、彼らの親の軌跡が戦後30年の時を超えて絡んでいく。松田優作主演。“角川ブルーレイ・コレクション¥2,940(税込)シリーズ ”。

内容(「Oricon」データベースより)

アメリカロケなど、当時の日本映画の枠を超えるスケールの作品として高い評価を得た佐藤純彌監督によるミステリードラマ。松田優作、岡田茉莉子、ジョージ・ケネディほか出演。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
MAMA~DO YOU REMEMBER........この印象的な曲の中麦わら帽子がゆっくり谷へ落ちていく映像がCMで流れた、確かもうすぐ私も夏休みを
むかえる頃だったと思うがとても映像と音楽が子供心に忘れられなかった。この映画の深い内容を確実に理解できるまではその後時間有することになるけれど・・。名優松田優作の演技もなつかしい。 詩の一節が導く犯人逮捕への道程。 私は何度もTV,ビデオ、プライムビデオで観ています。劇中音楽もルパン三世のテーマなど数々の洗練された曲を提供し続ける大野雄二氏、俳優も個性豊かでとても印象に残る日本の優作です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
うんとオシャレをしてウキウキで会いに行ったのに母親に殺される哀しさ。
「これからどう生きていくかが人間としての証だ」と諭されこれから証明をしようとする前に殺される哀しさ。
息子を殺してでも、もう一人の息子との今の幸せを守ろうとしたのに、結果的にどちらも失う哀しさ。
母子3人の哀しさ部分に焦点を当ててうまく構成されていると思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
今見るとしょぼい演出がおおいですが
昔の映画にしてはよくできた物語だと思いました
今は亡き名優たちが多数出演していますよね
やっぱり松田優作はかっこいい!
ちょいちょいでてくるファッションショーが長かったので☆-1
そこだけ早送りしてみました(笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
 親子の縁は切っても切れないといわれるが、やはり会ってはならない間というのはあるんだなと思った。父親は母の元へ行けば貧しさから逃れ幸せになれる。と思ったのかも知れないが、長い年月で互いの環境は逆転。招かれざる客になってしまった。残酷な物語をこうまで美しく作り上げられたのは、役者や製作者達の思い入れだろう。守りたかった者の為全てを失ってしまうが、ただ「愚かな人だ」と言えないのはあの混乱した時代、このような生き方をしなければならなかった人が大勢いたからだと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
いい映画はどの世代が観ても面白い
とも言えますが、この映画は特に親子関係が希薄になってきた世代の(というより親のありがたみを感じる機会が少ない)方にこそオススメです
というのもこの映画は親子関係について考えさせられます
監督さんはお涙頂戴ものにしたとおっしゃってますが(親子関係がテーマだからでしょうか)、すでに親元を離れている僕からしたら涙より郷愁を強く感じました
親と一緒に過ごす時間はどうしてあんなに思い出深いんでしょうか・・・特別なにがあったわけでもないのに
親がウザイ、と思う人はこの映画を通して別の視点から考えてみるのも面白いと思います

昔みた人が懐古するだけではもったいない、若い人がたくさん観てくれると嬉しい映画です
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
昔、テレビでも放映したことがあったと思いますが会社の職場の混乱時期であったせいか見てませんでした。
当時、この麦わら帽子のキャッチコピーで賑わっていたのを憶えています。
今回、はじめて全編を見させていただき、戦後の混乱期、私自身の思いでとも重なり深い感銘を受けました。
また、出演俳優の殆どのお方が現存してないことにも過ぎ去りし時を感じます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
松田優作を師と仰いで、髪型やジーンズ上下やグラサンを真似て街を歩いていた若かりしあの頃。
彼を越える俳優はもう出てこないでしょうね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マロン子 投稿日 2017/4/5
形式: DVD Amazonで購入
昔 映画をみて すごく感動したことを
思い出しました
歌もよかったです(ジョー山中)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
中学生の頃、学校で話題になり、友達と見に行きました。
当時はレコードも持っていました。
今回、30年以上たって見ましたが、細かいストーリーは忘れていて、
改めて良く出来た作品に見入ってしまいました。
推理しながら見進めて行く楽しさに加えて、
序盤のホテルの受付を原作者の森村誠一が演じていたり、
あ、この人も出ていたんだと、とても懐かしい気持ちになれました。
クライマックスの山頂のシーンはとても美しく、松田勇作の表情も秀逸です。
大人になった今だからこそ味わい深い名作だと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
 タイトルの「人間の証明」とは、単に犯人八杉恭子(岡田茉莉子)についてばかりではなく、その息子の郡恭平(若き日の岩城滉一!)や刑事棟居(松田優作)、さらにはケン・シュフタン(ジョージ・ケネディ)や新見(夏八木勲)など、登場するすべての人物についてのものである。それぞれの人物が、それぞれの仕方で、自らの「人間の証明」と向き合うことになる。原作では、それらが巧みに重層的に重ね合わされている。ところが、この映画では、八杉恭子独りの「人間の証明」になってしまっている。クライマックスの「日本デザイン大賞授賞式」のシーンで、恭子本人に西條八十の詩を詠ませ、二人の息子を失ったことを悔やませる演出など、その典型であろう。しかも、最終的には逃げか責任回避のような形で終末を迎えることになる。伏線も充分に張り切れているとは言いがたい。なおみ(范文雀)は殺されたものと早々と断定されてしまうなど、サスペンスでありながら、謎解きもあまりに直線的だ。棟居刑事のトラウマの描き方も浅薄(鏡の中の像を撃ったくらいで乗り越えられるものではない)である。
 西條八十の詩を、棟居に発見させない書きかえも許せない。しかし、何よりも私が許せないのは、「クマのぬいぐるみ」が、息子恭平に母から買い与えられたアンティークの懐中時計にすり替えられていることだ。これにより、幼少時からの恭平のトラウマはかき消されてしまう。これは
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー