日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

人間の時間(字幕版)

 (12)2時間1分2020R18+
休暇へ向かうたくさんの人々を乗せ、退役した軍艦が出航する。乗客には、クルーズ旅行にきた女性(藤井美菜)と恋人のタカシ(オダギリジョー)、有名な議員(イ・ソンジェ)とその息子(チャン・グンソク)、彼らの警護を申し出るギャング(リュ・スンボム)たち、謎の老人(アン・ソンギ)など、年齢も職業も様々な人間たちがいる。大海原へ出た広々とした船の上で、人々は酒、ドラッグ、セックスなど人間のあらゆる面を見せる。荒れ狂う暴力と欲望の夜の後、誰もがつかれて眠りにつき、船は霧に包まれた未知の空間へと入る-。翌朝、自分たちがどこにいるのかわからず、そこから出られるのかもわからない状況に唖然とする人々は、生き残りをかけて悲劇的事件を次々に起こしていく。(c) 2018 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
監督
キム・ギドク
出演
藤井美菜チャン・グンソクアン・ソンギ
ジャンル
ドラマ
オーディオ言語
한국어
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『ザ・マスクド・シンガー』9月3日20時、独占配信開始!

「WHO IS BEHIND THE MASK 歌っているのは誰だ!?」マスクをかぶり完全に正体を隠したスポーツ界の英雄、J-POPのレジェンド、主演女優、芸人など誰もが知っている12人のスーパーセレブがその歌唱力と奇想天外なパフォーマンスを競い合う。あなたは誰が歌っているのかを当てられるか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
イ・ソンジェリュ・スンボム
提供
キングレコード株式会社
レーティング
18歳以上対象
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.5

12件のグローバルレーティング

  1. 31%のレビュー結果:星5つ
  2. 20%のレビュー結果:星4つ
  3. 25%のレビュー結果:星3つ
  4. 11%のレビュー結果:星2つ
  5. 12%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

ij2020/09/06に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
超展開にツッコミながらも最後まで見ちゃう
確認済みの購入
配信嬉しいです。

面白かったです。後半は笑いながら観ました。
次々と起こる超展開に心の中でツッコミながらも
キムギドクのあの感じのメタファーに付き合おうとする気持ちがある人向けではないでしょうか。

キム・ギドク作品が初めての方は、この作品でも面白いとは思いますが、
もしかしたら嘆きのピエタらへんから観たほうがついていきやすくて良いかも…とも思います。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
児玉 啓治2020/09/27に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
韓国映画らしい内容
確認済みの購入
韓国らしい映画ではないかと思います。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
yuri2020/09/22に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
すみません
確認済みの購入
キムギドクの作品は観てますがこれは?アダムとイブですか?まあいいですけど日本人のオダギリジョーいりますか?笑ったらいかんかもですが日本人の女性やぱれっぱなしですね。メンタル強いし。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon2020/09/02に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
怖、楽しみ
映画館で観れ無かったので、ネット配信嬉しいです。
くまぷう2021/05/19に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
人間嫌いの極致
スウェーデンの自殺した作家が書いた「アニアーラ」という小説は地球に住めなくなった人類が火星に向かう途中、宇宙船のコントロールがきかなくなって宇宙をさ迷い続け、乗員がみな狂っていくという性悪説に満ちた希望のない物語だったが、この映画も同じ哲学で成立している。才能のある想像力のある芸術家がここまで人間に絶望してしまった心情が全編にあふれていて、ホラー映画のようなシーンが多いのに、叙情的に感じるのはスウェーデンの作家もこの映画の監督も考え抜いた末にこの結論に達したからだろうか。ここまでくると聖書の人間を罰する挿話の域にまで達している感もある。スウェーデンの自殺した作家もこの映画の監督もここから立ち直ることは難しいのだろうか。この映画の監督は自殺ではないが、ここまで人間に絶望してしまったら、次の作品はどうなっていただろうと不安になるとともに別の意味で期待してしまった。
スウェーデンの作家の小説は乗員はみんな死んだのに宇宙船は永遠にさ迷い続けるという希望のかけらもないものだったけど、この映画も希望のひとかけらもない終わりかたをしている。それなのに意外に何か見終わった後に清々しい気分になるのは、あきらめないであがいて生きた人間に敬意のようなものを感じるからだろうか。
すべてのレビューを表示