中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人間が幸福になる経済とは何か 単行本 – 2003/11/25

5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 980 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

膨大な財政赤字を引き継いだクリントン政権。スティグリッツは経済諮問委員長として経済立て直しという難題に取り組む。彼らは規制緩和と金融の自由化を推進することで空前の好況を演出する。しかし、それは後の歴史がしめすように、崩壊の種子を内包した危険極まりないバブルであった―。一体どこに間違いがあったのか?経済政策はなぜこうもしばしば誤るのか?弱者を思いながらも、さまざまな利害の衝突に翻弄された90年代を検証し、未来への教訓と祈りをこめた話題の書。

内容(「MARC」データベースより)

クリントン政権の経済諮問委員長として経済を立て直した著者。しかし、それは危険極まりないバブルであった。一体どこに間違いがあったのか。ノーベル賞経済学者が、さまざまな利害の衝突に翻弄された90年代を検証する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 411ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2003/11/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198617619
  • ISBN-13: 978-4198617615
  • 発売日: 2003/11/25
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 544,154位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2003/11/30
形式: 単行本
本書の原タイトルはRoaring Nineties。普段は経済書など手に取らない私が思わず手に取ってしまったのは、Roaring Twenties(咆哮の20年代:ヘミングウェイやフィッツジェラルド、そしてモディリアニやピカソ、日本人なら藤田嗣冶などといった芸術家たちがパリに集った華やかなりし時代です)という言葉がぱっと頭に浮かんできたからです。
経済に無知な私でも、1929年に世界大恐慌が起こり、ケインズという経済学者の考え方を背景にして、フランクリン・ルーズベルト大統領がニューディール政策という公共事業による雇用促進を骨子とした政策を実施したことは知っています。そして、今の日本の長引く不況を1930年代の米国における状況と重ね合わせて論ずる人がいることも。
かなりトンチンカンな興味から読み始めた本でしたが、何というか、非常に論旨が明快で皮肉も効いていて、ときに笑いながら、ときに真剣になりながら読了しました。ちょうど就職したころバブル真っ只中だった身としては、懐かしさと共に、自分が必死にその日その日の仕事をこなしている間に世界ではこんなことが起こっていたのかと、新鮮な驚きを感じながら、世界というもの、経済というものについて考えさせられた貴重な時間でした。
20年代の浮かれ騒ぎが30年代の不況を招き、90年代の浮かれ騒ぎが00年代の不況を招いた、だから
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 90年代のアメリカは史上稀に見る経済成長を達成し、その要因を巡って様々な神話が存在する。赤字財政の削減の成功による成長率の高まり、グリーンスパンの神業的な金融政策の手腕、ストック・オプションの導入によるインセンティブの刺激。だがこれらは誤れる「神話」に基づいていると喝破。
 「赤字財政」の神話とは、クリントンが「財政赤字」の削減に腐心し、成功した。莫大な財政赤字を抱えた国が経済停滞から脱出するには赤字財政の政策が欠かせない、という訳である。だが実際には「削減の成功は1990年代固有の理由によるものだった」。
 次に金融政策である。アラン・グリーンスパンの「根拠なき熱狂」は当時の株バブルに冷水を与える効果を持ったーはずだったが、結局彼は何も手立てを打たなかった。彼ーそして周囲もーは自分の「影響力」を過大評価していた。言葉を発するだけで金融政策を司れるーという神話である。
 本文のなかで一番辛辣な調子で論じられているのは「カリフォルニアのエネルギーの規制緩和」「銀行規制の緩和によるバブル沸騰」「粉飾決算による会計操作」を扱ったくだりである。(第4章から第7章)
 本書は前著と比較するとときおり熱い調子が垣間見れるし、著者も認めるとおり「経済学の範囲を超えて」論じられているテーマもある。しかし一貫しているのは「経済学への誤った理解が生み出す弊害」
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今年2003年9月11日(同時多発テロのちょうど2年後)、WTOの閣僚会議が開かれているメキシコで、ひとりの韓国人農民が抗議の自殺をした。現在、世界で進行中のグローバリゼーションはアメリカ型のシステムを世界標準として導入しようとする試みであり、WTOは、IMF、世界銀行と並んでその強力な推進者である。その歪みがさまざまな場所で噴出している。
前著「世界を不幸にしたグローバリズムの正体」において、世界経済の安定と発展途上国の援助を使命とするWTO、IMF、世界銀行がいかに歪んだ信念に基づいて行動しているか、その援助プログラムを受け入れた各国がいかに悲惨な状況に追い込まれたのかを描いたスティグリッツは、本書ではアメリカ経済政策の欺瞞を徹底的に暴くことによって、経済政策のあるべき姿を提案している。
外に対しては徹底的な市場の自由化・資本の自由化を押し付けながら、内に対してはウォール街の意向に従った金融至上主義的政策をとってきたアメリカ。その傾向は現ブッシュ政権においてより顕著になり、対外政策、対内政策が密接に絡み合いながら、アメリカ一国主義が推し進められている。
「経済とは何か」、「真のグローバリズムとは何か」。本書には現代を生きるすべての人が耳を傾けるべき真摯な言葉がぎっしり詰まっている。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
実は経済のことはよく判らないので、グローバルな視点を持ちたいと思って

手にしたのですが、より混乱してしまいました。

アメリカの経済施策を司る省、機関と企業、裕福層とのパワーポリティクスと

採った政策とその結果が著者の意向とともに並べられています。

私のような経済の不案内人にとっては親切ではないので、読みにくさが

残るかも知れません。

ただし、アメリカのわがままぶりの発揮を知るには良い書だと思います。

更にはこの書から読み取れる部分から導き出される現在の日本が進もうと

している方向の不安点なども素人ながら炙り出すことができると思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー