通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
人造救世主 アドルフ・クローン (角川ホラー文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。カバー。全体に使用感無く非常に良い状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人造救世主 アドルフ・クローン (角川ホラー文庫) 文庫 – 2011/9/23

5つ星のうち 2.7 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 679
¥ 679 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人造救世主  アドルフ・クローン (角川ホラー文庫)
  • +
  • 人造救世主   ギニー・ピッグス   (角川ホラー文庫)
  • +
  • 人造救世主 (角川ホラー文庫)
総額: ¥1,789
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

熾烈を極めるヴォルフたちと謎の組織MESSIAHとの血みどろの死闘。死線をかいくぐり、ヴォルフとひとみはついに組織の秘密に肉薄する。“忌まわしき血”を持つヴォルフは英雄となれるのか!? シリーズ完結巻!

内容(「BOOK」データベースより)

謎の組織MESSIAHのもと生み出された超人クローンたちとの死闘を続けるヴォルフ。闘いに巻き込まれてしまった女子大生、ひとみと共に死線をかいくぐり、ついに組織の研究所へと潜入する。だが、そこには新たな実験計画で作り出された強敵の姿が…!明されるヴォルフの過去、そして因縁の“あの男”との対決。ヴォルフは遺伝子の呪縛を乗り越え、真の英雄となれるのか!?未曾有のダーク・オペラシリーズ、堂々完結。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 326ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/9/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043470134
  • ISBN-13: 978-4043470136
  • 発売日: 2011/9/23
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 215,402位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.7

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
個人的に2巻目のギニー・ピッグスで巻き返した感があったので期待して買いましたが、少し拍子抜けしました。
ネタバレになるので余り内容は書けませんが、急に出てきた新キャラ&急にスポットが当った感がある敵の女幹部、
共にクローン人間の悲観・苦悩を描きたかったのだと思いますが、キャラの背景、内面描写共に乏しく今一何を伝えたいのかが解りませんでした。
また、敵のボスの正体も悪い方へ期待を裏切ってくれた感が。魔術サイドの描写がほとんどなかったせいかもしれませんが、説得力が皆無です。
「ロボットを劣化させたのが人間だ」といった作品も書いている作者なので、もしかしたら本当の正体は・・・?とも思ったけどこの巻でラストなんだよなぁ・・・。
戦闘シーンは1,2巻と同じように説明台詞が主なのは変わっていません。

一応この巻で完結し、とりあえずの大団円を向かえたわけですが個人的には消化不良に感じました。同時に無いと思いますが本当のラストまで見たいなぁ・・・と。
長くなりましたが以上です。一応通してサクサク読めたので星は二つにしました。けど小林泰三ファンには余りオススメできないかも・・・。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
お待ちかね、どうしてこうなった?シリーズ第三弾。
流れは相変わらずの異能バトル、そして新たな出会いと惨劇と…ついにMESSIAHの研究所で物語の全容が語られ…あれ?

色々と描ききれていない部分が多々あり、ガス欠か打ち切りかと邪推してしまうほどの中途半端な終わり方。
作中で語られる不可思議な偶然の連鎖は、それ自体が実はヴォルフの覚醒した超能力だったのではないかと期待したが特に言及されることもなく…
ラストの決戦で語られる魔術云々の件は、次巻で魔術班と対決する布石だったのではないかとも捉えられる。
続く予定であったのなら実に残念だ。
しかし、正直に言えば一桁ナンバーが研究所から脱出するまでを一つの話にしたほうが纏まりのあるものになったのではないだろうか。
能力も目白押しで、戦闘も緊迫感があり、本筋よりもボリュームがあると思う。

何れにしても、私は人造救世主の表紙を見詰め、泣き続けたのである。
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
シリーズ完結。3巻になっても拡張と収斂の繰り返し。どうも展開のバランスが悪い。本当に一種のヒーローものみたいだ。…人を救いたいと本気で思ったのなら、すでに君は英雄だ。「英雄」「救世主」とは何なのか?がテーマに思える。広く捉えると、「正義」とは何か?様々なヒーローやヒロインにその存在意義を問いかけている。現代のヒーローものにもこんな問題提起が欲しいところ。ーヒーローに憧れたのならこの本を手に取ってみるのも悪くないかもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
え、これおもしろかったです、すみません。
他のレビュアーさんと違って、小林泰三はよくしらないんですが。
「人造救世主」とか「アドルフ・クローン」とかのネーミングで食指が動いた人にはいいと思います。
アドルフ・クローンはアドルフ・ヒットラーのクローンということで、40コくらいつくられるんですが、反逆して互に殺しあったりとかそういうのです。そういうのが好きならいいと思います。
ライトノベルなのに辛気臭くないのが良いです。
新しいファン層の獲得いけるんじゃないでしょうか?とか思いました。あとイラストは幽遊白書の人とか、絵柄が流行りの作家さんに書いてもらった方がウケそうだと思いました。漫画化したらヒットしそうですが。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック