通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
人身御供論 通過儀礼としての殺人 (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥300 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古品のため商品は使用感、経年劣化がある場合がございます。掲載画像とカバーデザインなどが違うことがございます。アマゾンコンディションガイドライン 良い に準じて出品を行っております。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。当社2営業日以内に日本郵便ゆうメールにて発送いたします。 ゆうメールは、日曜、祝日の配達がないため到着予定日が日曜 祝日と重なる場合は、翌平日の配達となります。中古のためアクセスコードなどある場合、有無は確認できません。ご了承いただけましたら幸いです。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


人身御供論 通過儀礼としての殺人 (角川文庫) (日本語) 文庫 – 2002/7/21

5つ星のうち3.8 4個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本 ¥1
文庫
¥616
¥616 ¥49
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 人身御供論 通過儀礼としての殺人 (角川文庫)
  • +
  • 神、人を喰う―人身御供の民俗学
  • +
  • 人身御供論 (ちくま学芸文庫)
総額: ¥4,686
ポイントの合計: 58pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

村を救った猿神のもとへ輿入れした少女が、夫を殺害して村に戻ってくるという昔話「猿聟入」。そこで語られた供犠と異類殺害の物語は、その後のマンガ、小説、映画などにも繰り返し現れてくる。過去の民話と現代のサブカルチャーを通庭するものは何か。そして、その背後にひそむ通過儀礼の真の意味とは?「遠野物語」「赤ずきんちゃん」から「タッチ」「ホットロード」「めぞん一刻」まで、「民俗学者」大塚英志が縦横無尽に分析した、渾身の物語論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大塚/英志
1958年、東京都生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
評価の数 4
星5つ
30%
星4つ
18%
星3つ
52%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
VINEメンバー
2007年2月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2003年10月12日に日本でレビュー済み
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年7月29日に日本でレビュー済み
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告