¥ 1,890
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人質の経済学 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人質の経済学 単行本 – 2016/12/28

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,890
¥ 1,890 ¥ 822

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人質の経済学
  • +
  • 一気にわかる! 池上彰の世界情勢2017 トランプ政権誕生編
  • +
  • 書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)
総額: ¥3,748
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆トランプ後の世界に必読の一冊◆

「恐ろしい本。
人間が、単なる商品として取引される実態を克明に描く」
解説:池上彰(ジャーナリスト・名城大学教授)

交渉人、誘拐専門の警備会社、囚われた人質、難民らによって明らかになる事実。

・一番金払いが良いのはイタリア政府。
それゆえここ15年ほどの間に大量のイタリア人が誘拐されている

・助けたければ誘拐直後の48時間以内に交渉せよ

・武力による救出の3回に1回は失敗に終わり、人質または救出部隊に死者が出る

・10年前、200万ドル払えばイラクで人質は解放された。
今日ではシリアでの誘拐で1000万ドル以上支払う

・誘拐された外国人は出身国によって、助かる人質と助からない人質に分けられる

・誘拐組織は難民たちの密入国斡旋に手を拡げ、
毎週数万人をヨーロッパの海岸に運び、毎月一億ドル近い利益を上げている


【目次】

■はじめに 誘拐がジハーディスト組織を育てた
二〇〇四年イラクで誘拐された欧米人は二〇〇万ドルの身代金で解放された。
しかし今日ではシリアでの誘拐で一〇〇〇万ドル以上を払うこともある。本書
は、誘拐によりいかにジハーディスト組織が成立し、伸長していったかを描く

■序章 スウェーデンの偽イラク人
二〇〇六年スウェーデンの大学街で、私は「イラク」人に話しかけられた。そ
のイントネーションから彼が「イラク」からの難民ではないこと、北アフリカ
のどこかから来たことはすぐわかった。その男は、誘拐をビジネスにしていた

■第1章 すべての始まり9・11 愛国者法
愛国者法の成立で、金融機関はドル取引を米国政府に報告することになった。
コロンビアの麻薬組織は、ドル決済にかわりユーロ決済を選択。イタリアの犯
罪組織と接触し、ギニアビサウからサハラ砂漠を越え欧州へ入るルートを開拓

■第2章 誘拐は金になる
麻薬密輸ルートはやがて、生身の人間を運ぶようになる。北アフリカでの誘拐
でも、二〇〇四年からイラクで始まった誘拐でも、政府が金を払った。そして
イタリアと日本の政府が支払った身代金は将来の誘拐を助長する結果を生んだ

■第3章 人間密輸へ
サハラ縦断ルートでは誘拐の多発で観光客が途絶えた。そこでジハーディスト
組織が目をつけたのが人間の密輸だ。リビアの海岸からイタリアへボートで渡
るルートが一人一~二〇〇〇ドル。誘拐よりも儲けが多く、容易なビジネスだ

■第4章 海賊に投資する人々
一年で一〇〇〇人を超す誘拐を繰り返すソマリア海賊は、投資する人々がいて
初めて船を出せる。誘拐が成功すれば、出資者に利益の七五%が還元される。
海賊の取り分は残りの二五%だけだ。ソマリアの経済は海賊でまわっている

■第5章 密入国斡旋へ
武装した警備員を用意する、軍艦のエスコートを求めるという対策により、ソ
マリアの海賊事業の成功率が下がった。彼らの次なる商機は移民のイエメンへ
の密入国斡旋。そこには悪質な斡旋業者の餌食になった移民たちの姿があった

■第6章 反政府組織という幻想
アサド政権は裕福な市民を拉致し、反体制側は外国人を狙う。反政府組織が「ア
ラブの春」が生んだ「自由のための戦士」というのはメディアの思い込みだ。
彼らに必要なのは「食料と武器を買う金」であり、そのための身代金なのだ

■第7章 ある誘拐交渉人の独白
ヨーロッパの政府は地元経済を変えてしまうほどの大金を払う。マリ北部の誘
拐事件で人道支援活動家に数百万ユーロが支払われてから、そこではユーロが
流通するようになった。誘拐はありがたい商売だと思われても不思議はない

■第8章 身代金の決定メカニズム
政府は人質に優先順位を付けている。最も多額の身代金を払っているのはイタ
リアで、それゆえここ一五年で大量のイタリア人が標的にされてきた。イタリ
ア政府は二重国籍の人質をも救うが、公には身代金の支払いを秘密にしている

■第9章 助けたければ早く交渉しろ
誘拐犯は長くても数週間でケリをつけたがる。すばやく交渉すれば数千ドルの
身代金で救出できるのだ。しかしタイミングを逃せば、人質は規模の大きな組
織に売られる。若きケイラ・ミュラーの悲劇を生んだのも数日の出遅れだった

■第10章 イスラム国での危険な自分探し
フォトジャーナリストを夢見たデンマークのオトセンはスパイとみなされ拷
問を受けた。移民の子どもとしてベルギーに馴染めないイェユンは理想郷を求
めたシリアで自由を失う。命さえ奪われかねない罠に欧米の若者が嵌っていく

■第11章 人質は本当にヒーローなのか?
映画の主人公に憧れて脱走し、囚われた米兵バーグダール。無思慮な行動でイ
タリアの納税者に一三〇〇万ユーロを払わせたラメリとマルズロ。政府は彼ら
を英雄視し、利用する。一方でその身代金は密入国斡旋ビジネスの原資となる

■第12章 メディアを黙らせろ
記事一本で二〇〇ドルしか支払わない大手メディア。フリーランサーたちはラ
イバルに勝つためより多くのリスクを選択する。フセインのメディア弾圧の手
法を真似るイスラム国は彼らを捕獲し、斬首することで報道の息の根を止める

■第13章 助かる人質、助からない人質
イスラム国は、人質を身代金目的と外交戦略目的の二つに分類する。スペイン
人を始めとする人質一二名の解放で一億ユーロもの大金を得た。一方、後藤健
二と湯川遥菜の二人の解放交渉を公にし、日本人に恐怖と不安を植えつけた

■第14章 あるシリア難民の告白
シリアから逃れたハッサン。洞窟で一〇日間を過ごし、小さなボートに一五〇
人乗り。タンカーに乗り移り、イタリアへ。陸路でスウェーデンを目指した。
斡旋業者に支払ったのは五〇〇〇ユーロ。それでも在留許可は下りなかった

■第15章 難民というビジネスチャンス
ノルウェーでは難民に家と食事を提供すれば一晩三一~七五ドルが政府から
支払われる。老朽化した施設を安く買い取り、難民に提供するビジネスモデルが
ヨーロッパ中に広がる。一方で難民の大量流入は差し迫った政治課題でもある

■終章 欧州崩壊のパラドクス
英国のEU離脱は、欧州に押し寄せる難民に、英国人が恐れをなしたことが原
因だ。極右勢力の伸長、移民排斥、国境管理の強化は、誘拐から発展した人間
密輸に携わるものたちを潤わせるだけだ。そしてその金はテロ組織へと流れる

■解説 池上彰(ジャーナリスト・名城大学教授)
「トランプ後の世界に必読の一冊」

内容(「BOOK」データベースより)

すべての発端は9・11後にアメリカで成立した愛国者法だった。ドル取引のすべてを金融機関は米政府に届けることになり、コロンビアの麻薬組織は北アフリカのユーロ決済ルートを新たに開拓。運搬役となったイスラム系犯罪組織はやがてそのルートを使い、誘拐に手を染め、そこで手に入れた身代金を元手にジハーディスト組織が誕生する。北アフリカからソマリア、イラク、シリアへと拡がったジハーディスト組織の錬金術。誘拐交渉人、人質、政府高官らに調査して浮かび上がる「テロリズムの経済」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 308ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/12/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163905804
  • ISBN-13: 978-4163905808
  • 発売日: 2016/12/28
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.8 x 2.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 40,382位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
全文を通して印象的だった点を3点。
①どこの国の政府も人質には優先順位があり、払ってもよい金額を決めている。それに対してあるNGOの対応は、A)人間の命に値段はつけない。B)武力を使用した救出を極力避ける。C)誘拐を平和解決するために地元住民との関係作りを大切にする。
②人質となった活動家と一緒に働いたこともある人物の話。「あの身代金があったら、どれだけのことができたか、考えてみてほしい。学校だって、病院だって、建てることができたはずだ。だが結局、人道支援組織はみなまとめてイラクを離れなければならなかった。学校や病院に投じられるはずだったお金は、イラクの犯罪者たちの懐に入ってしまった。」
③紛争地帯に住んでいる経験の浅い活動家たちを知る人の話。「人道支援活動家になるのは、善意があればいいというものではない。人道支援はタフな仕事だ。大学で勉強し、専門的な訓練を受け、経験を積まなければならない。ある日決意して中東に行けばなれる、というものではないのだ」

この本は池上彰さんの解説にもある通り解決策の提起はなされていません。私自身、この残酷な現実に対して明確な回答を見つけようがありません。
ただ言えることは、どこかに解決策があると信じて日々注意深く生きていくことでしょうか。将来自分の一人息子がこのような人道支援活動をしたいと言っ
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
人質がどのように過激派集団の資金源になっているかがよく説明されています。同じ仕組みがシリアからの難民輸送に応用されている仕組みも。
中東に落ち着きや平和が来るのはいつになるのでしょうか。
亡くなった後藤さんと湯川さんについては本当にどうにかなったのではと悔やまれます。。。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
前作の同著者池上彰推薦本「イスラム国 テロリストが国家をつくる時」が素晴らしかったので、今回も同じく池上彰さん推薦である今作を読んだ。この本はこれ一冊を読むだけで、テレビの適当な知識の評論家より、多く、深く、現代中東問題を語れるようになる本である。

「近年、海外旅行をする若者が減った」とその内向き志向を揶揄する世論もあるが、この本を読むと、「若者はもしかすると、ここ数年で激変している世界のリスクを本能的に察知して海外に行かないのかもしれない」と思うほど、考え方を変えられる本だ。

ここ数年で目まぐるしく起きている難民問題・人質問題を詳細に取材し、マスコミもどこの政府も触れられない真実を表している本。
金持ち(欧米等先進国)の偽善の仮面が剥がれ、過去の植民地支配や土地の分断、エセ人道主義を建前とした最貧国内政への価値観押し付け介入の結果が今の欧州難民問題や、EU分断、欧米諸国のポピュリズム極右政治の台頭を招いていると。
作者は、冷戦後のグローバリゼーションが、9.11を引き金に暗い側面を前面に出したと書いていて同意である。

が、私はもう一つ気になっていることがある。
ハリウッド映画は常に「悪人」を必要とする。(単純明快なストーリーが中心のハリウッド映画は常にヒーローと悪人が存在する)
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
多発する外国人誘拐のしくみが分かる一冊です。

内戦、無政府状態、テロリスト、麻薬、誘拐、難民、斡旋業者、悪徳商人など
有象無象の出来事と人びとが絡み合って、1つの経済圏をつくっているようです。

これが現実であるならば、この複雑な難題をいかに解くかを考えたいと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告