通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
人生解毒波止場 (幻冬舎文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。使用感(カバーにスレ、キズ、ヤケ、ヨゴレなど)あり。ページに多少のヤケ、ヨゴレ、折り跡あり。読むのに支障はないと思います。迅速に発送いたします。どうぞ、ご安心してお買い求め下さいませ♪
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人生解毒波止場 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2010/12

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 50
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 147

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人生解毒波止場 (幻冬舎文庫)
  • +
  • 生きる―村田藤吉寡黙日記
総額: ¥2,838
ポイントの合計: 22pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

次々に現われる異形の怪物たち。生ゴミを食らうゴミ屋敷老婆、悪魔のようにとり憑く巨乳女、包皮を食う究極のマゾヒスト、銀座の画廊で個展を開いた大阪の路上生活者、襲名を約束され特訓中という自称三代目タイガーマスク、警察との阿吽の呼吸を語る前科二十三犯の男…くだらなく醜悪でありながら、無類の面白さを放射する人間エッセイ。

内容(「MARC」データベースより)

生ゴミで御殿を築いた老婆、銀座の画廊で個展を開いた路上生活者、毒電波攻撃と戦う喫茶店の女主人…。『宝島30』好評連載の因果な人々生態図鑑。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 288ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2010/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344415779
  • ISBN-13: 978-4344415775
  • 発売日: 2010/12
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,940位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
若い時分、根本さんの漫画には手が出せなかった。ヘンな漫画は読んでる方だったけど、あの画風は私を拒絶しているように感じた。それで根本さんのエッセイも避けていたのだけど、読んでよかった。解毒されました。

このエッセイは根本さんが人にインタビューしたり、人について語ったりしているものですが、その「人」というのが、普通とか一般とかの範疇からは外れている人で。世間の常識的とか倫理的とかの方からは弱者をバカにしていると言われそうな内容。でも、ちゃんと読めばそんなことは全くなく、根本さんの愛をもった安定した目線で語られる人々の姿には感動さえする(、ちょっと言い過ぎ)。

最近(でもないか)、ある範疇の人達への世間の対応は臭い物に蓋を通り越して完全無視・存在否定。彼らが自分の領域に入ってきたらその領域でしか通用しないはずの論理で過剰な力をもって攻撃する。いや、攻撃というより自分の狭い領域をそれに比例した狭い考えで目の色を変えて防御する。

そんな人たちが多くなったこの世の中で、根本さんのエッセイを読むと本当にすっきりする。でも、一服の清涼剤ではない。根本さん自身が言っている通り、「毒をもって毒を制する」解毒であるので、呑気にあははと読んではいられない。常識/非常識の境界やら正常/異常の境界やら日本/外国の境界やら、無意識のうちに引っ張っ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
町山智浩氏が、解説が凄いので単行本を持っている人にもおすすめ、と言っていたので、根本氏のあとがきと町山氏の解説を読む。
解説では、驚愕、本当に凄まじい事実が書かれている。
町山氏の文章も、名文。
本文は、これからじっくり読みます。

自分は恥ずかしながら単行本の方を所有していなかったので、これから読んでみるつもりです。単行本のほうは、写真等が充実していたはず。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/5/21
形式: 単行本
根本敬の読み物系第二弾。
根本敬がパンドラの箱を開けてしまって久しいが、次から次へと世間が言うところの醜悪な化け物達との対峙を余儀なくされる。僕らはいつになったら希望と出会えるのだろうか。今はまだ根本を信じてついて行くしかない。醜悪な化け物達が希望であるとうすうす感づきながら・・・
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 じょる姉 投稿日 2015/5/5
形式: 文庫 Amazonで購入
洋泉社の単行本のが欲しかったのですが(写真や画像が面白い・でも無くした)収録されている話が面白いので買いました。
第二部の「因果航路航海日誌」がダラダラ読むのに最適。病院の待ち時間にはいつも携帯しています。いろんな事がわりとどうでもよくなりますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック