ポイント: 7pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送 5月27日 金曜日詳細を見る
または 最も早いお届け日 配送 明日, 5月26日 2 時間 28 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
残り10点(入荷予定あり)
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
人生最後のご馳走 (幻冬舎文庫) がカートに入りました
配送料 ¥256 5月 28-30日詳細を見る
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 本の状態「非常に良い」の内容につきましてはアマゾンが定めるガイドライン規約の3つの項目の範囲に従っております。メール便にて発送いたします。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

人生最後のご馳走 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2019/9/19

5つ星のうち4.5 23個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥660
¥660 ¥70

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 人生最後のご馳走 (幻冬舎文庫)
  • +
  • ほんのちょっと当事者
  • +
  • あんぱん ジャムパン クリームパン——女三人モヤモヤ日記
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

最後に選ぶ一皿に、その人の生きた証が詰まっている―。淀川キリスト教病院ホスピス緩和ケア病棟では、週に一度、患者が希望する食事が振る舞われる。家族みんなが大好きだった天ぷら、昔懐かしのハイカラ洋食…臨終の間際によみがえる美味しい記憶と、患者を支える家族、医師、スタッフの想いをていねいに紡いだ「リクエスト食」の物語。

著者について

編集者、ライター。神戸市在住。単行本の編集・構成・執筆、インタビューなどを中心に活動。市井の人から、芸人や研究者、作家など幅広い層で千人超の言葉に耳を傾けてきた。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 幻冬舎 (2019/9/19)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/9/19
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 文庫 ‏ : ‎ 174ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4344428870
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4344428874
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 23個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
23 件のグローバル評価
星5つ
67%
星4つ
15%
星3つ
18%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2020年1月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年11月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 グッときて、ドバッと泣けて、フッと笑顔になれる本
2019年11月11日に日本でレビュー済み
単行本で、出会った、
『人生最後のご馳走』
から四年、、、
手のひらサイズになった『人生最後のご馳走』は、私の小さなバッグの中にも入るサイズゆえに、毎日、行動を共にしています
この本は、食事、病、生命、、だけではなく、患者の生きざま、思い出、そして、著者との信頼、、、が、ギュっと詰め込まれていて、グッときて、ドバッと泣けてきて、フッ、、と笑顔になれる本

人生の最後にあなたは、何をたべたいですか?

いつも、自分に問いかけています。

この本に、出会い、自身が命の終わりを悟ったとき、少しばかりの楽しみと懐かしみが感じられるような
気がする。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する