日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

人生スイッチ(字幕版)

 (232)
8.12時間2分2015PG12
私たちの日常の中には、切り替えてはいけないスイッチがある。それは身近にあってうっかり押したときには、時すでに遅し。何がきっかけで押してしまうのか、押したらどんな世界が待っているのかー覗いてみよう。(C)2014Kramer & Sigman Films / El Deseo
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
エリカ・リバスリタ・コルテセフリエタ・シルベルベルグダリオ・グランディネッティ
提供
ギャガ株式会社
レーティング
PG12対象
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.8

232件のグローバルレーティング

  1. 37%のレビュー結果:星5つ
  2. 32%のレビュー結果:星4つ
  3. 11%のレビュー結果:星3つ
  4. 9%のレビュー結果:星2つ
  5. 11%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

モータープール2018/11/24に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
"人間"という愚かながらも、だからこそ儚く愛おしい動物の側面を描いた秀作
確認済みの購入
2015年のスペイン人監督によるアルゼンチン映画。

登場人物もシチュエーションも全く異なる6話の短編を収めたオムニバス形式の作品。

ハイジャック、追い越し、駐禁、轢き逃げ、結婚式最中にバレてしまう新郎の不貞とエピソードは異なるが、全編を底通しているのは、ちょっとした行き違いや、偶然のイタズラが重なり、"キレてしまい"日常から逸脱するスイッチが入ってしまうという主人公たち。

意訳を飛び越え、意味不明なトンデモ邦題でかなり損をしていると、言っても過言ではない。
英訳すれば"wild tails"というタイトルに相応しい秀作である。

一話目の後に流れるタイトルバックに流れる動物達の静止画像にこそ、ヒントが隠されている。
偉そうにしている"人間"という哺乳類も、結局のところは単なる"動物"であると監督はこの6話を通じて伝えたかったに違いない。

映画をただの暇潰しのための娯楽にしか捉えられない感性の低い輩は、自分とは無縁のフィクションと切り離し、主人公達のエキセントリックさを鼻白むだけだが、登場人物はすべて、市井の人々であり、我々誰にでも起こりえることであるという想像力があまりに欠如しているとしか思えない。

監督はそんな一見、愚かなような主人公達を
巧みなカメラワーク、無駄の無いセリフ回し、そして編集センスを持って、リアリティかけることなく描ききっている。

本作で本当に伝えたかったのは、一見社会性とやらを身に纏い、平穏無事に過ごしているようだが、一皮剥けば、いつ転落したり、暴走してもおかしくない我々"人間"という儚くも愛おしい動物に対するオマージュである。

ザッピングするかのようにもはやレンタル屋に行く必要もなく、リビングにいながら無償鑑賞する観客は、自分のお気に入りの俳優が出演してなかったり、少し爆薬の全体量が少なかったりするだけで、やれ"嘔吐や排泄シーンがお下劣"だの、"ハッピーエンドでないエグい話しばかりで胸くそ悪い"だの無責任に酷評するが、
残念ながら、感性の鈍さを自ら露呈しているに過ぎない。

(我々はそれぞれ、国籍、性別、見た目や信条が違うように趣味嗜好が異なるから、本作の良さを無理強いするつもりは毛頭ないが)
監督が国籍を越え、我々自身の愚かさや滑稽さを伝えてくれているのに、本当に枝葉の部分で、理解不能だとか、面白くないと
決めつけてしまっている時点で、思考停止状態だと思ったほうがいい。

そんな輩は、無料だからと、(至極単純ながら)理解出来ない本作のような少し毛色の違うアルゼンチン映画には無理して手を出したりせずに、ハリウッド系エンタメ話題作品ばかりを今後も鑑賞し続けることをお勧めする。
72人のお客様がこれが役に立ったと考えています
らん2019/02/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ぶっ飛んでます。超スッキリしました!!
確認済みの購入
パッケージや邦題のイメージとは全く違い いい意味で裏切られました。
いやぁ ほんと ビックリしました。
監督のセンスが 相当いいんでしょうね。
天才です。お見事でした。
どの作品も 突き抜けていて かなり面白かったです。
個人的に一番好きなのは最後の結婚式です。
超気持ちよく見終えました!最高!!
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
レイ2018/12/15に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
テーマは、怒り。(ネタバレあり)
確認済みの購入
よくできた短編集という感じの映画。
テーマは怒りだなと思う。怒りのスイッチが入った時、人はどう行動するのか。

一話目から、かなり、すごい~と思えてしまう。そして、当の本人の顔が一度も出ないっていうのが、またいい。

二話、三話、と、そこまでする?的な感じがある。

四話で、まさかの、この終わり方~??っていう。
五話は、なるほどね~っていう、終わり。

六話は、ドタバタだけど、ラストが、そうだろうね、そうかもね~、夫婦って、そういうことかも
と思わせて、なぜか納得。
これだけやったら、きっとこの先は、理想的な夫婦になりそう。その描き方、なかなか、いい。

面白かった。ので、星は5つ。
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
M子2018/11/20に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
短編もの
確認済みの購入
他の方のレビューにもありますが、短編小説、海外版世にも奇妙な物語という感じですね。
世にも奇妙な物語も昔は面白かったけど最近のはめっきりつまらない…。
題名だけ見て勝手にヒューマンドラマかコメディドラマだと思って観賞したので、最初は戸惑いました。
短編だからと言えばそれまでですが、正直どれも内容が薄く、誰に共感するでもなく終わりました。
6話目の結婚式の話しは何を見ているのかわからなくなるほど、特につまらなかったです。
初めて星1つのレビューをしました。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
sasaki2020/09/08に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
怒りのジェットコースター
確認済みの購入
映画には珍しくオムニバス式のストーリー
こういう映画は挑戦的で好きだな。

人生には短くも劇的な変化をもたらす瞬間がある。そんな人生の瞬間を切り取った物語。
監督は、感情の暴走に身を委ねることをどう思う?と問いかけている。
暴力と復讐という共通したテーマを6話で描く。

オー・ヘンリーや星新一などのショートショートが好きな人はあうのかもしれない。
ウィットに富んだストーリーが多いが、よくわからん作品もある。最初と最後は非常に良いけど間の4作品は微妙。

以下作品ごとのレビュー
"おかえし"
ガブリエル・パステルナーク。本人は一度も出てこないものの、飛行機に乗ったすべての人が偶然居合わせたようで実は集められていた事を知る。彼の人生に関わったすべての人たちを乗せ、最後に自分の実家へと突っ込んでいくのはおもしろい。
短くてインパクト絶大。最高。

"おもてなし"
過去に因縁のある男に偶然である。彼の嫌な態度に殺意は高まっていく、厨房にいる老婆が、刑務所に入りたいあまり市長候補を殺してしまう。なにが伝えたかったのか、なぜあのタイミングで殺したのか。わからない。あまりおもしろくない。

"エンスト"
田舎者に煽られた都会のビジネスマン、中指を立てその場を過ぎ去る
運悪く橋の入口でパンクしてしまう、些細なことから殺し合いに発展する。どちらかがすこしでも寛容な心があればこうはなっていなかったであろう。止まらない闘争心は最悪の結末を迎える。
やや尺が長い。憎しみ合った二人が痴情のもつれでの心中と言われるくらいのはややブラックユーモアが利くがやや長い。

"ヒーローになるために"
最悪のタイミングでレッカーされ、娘の誕生会にも遅れ、不満が募り、爆発してしまう。
社会に不満が溜まり、自身を正義と信じて疑わない。利己性の塊が身を滅ぼすと思いきや、なぜかその行いは社会的に評価され、家族の中も元通り。不満は爆発させろ!ってこと?意味がわからん。

"愚息"
息子が誤って妊婦をひき逃げにし、使用人のホゼを身代わりにする。
周りはこの機会をいいことに、金持ちを食い物にする戦いが始まる。
強欲が身を滅ぼすかと思いきや謎の終わりを迎える。無駄に長い。
ラストの意外性は良いけどメッセージ性ある?

"HAPPY WEDDING"
最悪のタイミングで浮気が発覚。
新郎は裏切りで祝福であるはずの結婚が呪いに転じる。
新婦の煽りがめちゃくちゃ強くて好き。最高。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
mihiko2020/04/29に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
凄くクレージー。だけど、有りうる。
確認済みの購入
理性で抑えられているから、この世の中はまぁまぁ成り立っているけど、
本当に些細な事からこの爆発が起こり事件になっていることも事実。
一度踏み外したら、ゴロゴロと転がり落ちていく、
不謹慎ではあるけれど、神社へと昇る階段のよう。
正しい方向に進もうと思っているのに、何かのはずみで踏み外す。
全ての人 とは言わないけれど、かなり多くの人にこの秘めた爆弾があるように思われる。
そこにスイッチが入らないように、平静を保つ努力をし続けなければ。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
朝のハクビシン2019/10/18に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
この作品はある意味怖い
確認済みの購入
人間の本性がいかに怖いかをすごくうまく描いている。
特に怖かったのは車の追い越しのところ #2のエピソードかな
ほんの些細なきっかけで人が死ぬまでに至る
ずっと前だけど追い越したのなんだので高速道路で2台が競争になって事故って
両方とも死んだというニュースがあって 会社で話題になっていたけど
なんか挑発行為を受けた時は無視するのが一番いいという結論になった
少し時間を空けて冷静になるのはどんな時でも必要と思う
最後の結婚式のところで、屋上のコックが 時間が解決するさ
というのはあながち嘘ではないと思う。
ほんの些細なことで大きく人生変わるというのは なさそうで
たぶんよくあることだと思う。どんな些末なことでも、これは将来を左右するなという
センサーが働くかどうかが勝負所かな。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
太郎2021/09/18に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
普通。単発のテレビドラマ並みのクオリティ。
確認済みの購入
日常、誰にでもありえるシチュエーションからの逸脱を描いた短編オムニバス映画。
ありそうなシチュエーションからの逸脱(人生スイッチ)というテーマはあるものの、各話に関連性はなく、それぞれ独立したストーリーです。

「おかえし」「おもてなし」「パンク」「ヒーローになるために」「愚息」「HAPPY WEDDING」の全6編。
タイトルから、昔テレビで放送されていたタモリさんがストーリーテラーの「if もしも」的なものを想像していましたが、そんなこともなく、ごく普通のオムニバス映画。(「if もしも」では分岐する2つのストーリーそれぞれの結末を描いていた)
スイッチは「こっちを選んどけばなぁ」っていう後悔とか、視聴者に対する教訓的な使われ方ではなく、「ここで普通は我慢するけど、そうせずにブチギレたらどうなる?」みたいな使われ方をしてます。
リミッター解除、怒りのスイッチみたいな感じです。

で、各話それぞれは、それなりに面白かったり、大して面白くなかったりで、普通。
星新一のショートショートや筒井康隆の短編集、マンガなら手塚治虫や藤子不二雄など、面白い短編はジャンル問わず数限りなくあるので、活字やマンガ等でそんな作品をよく目にする人には物足りない内容だと思います。
映像作品というメリットもあまり活かせてるようには思えません。

また、「if もしも」はともかく、「世にも奇妙な物語」みたいなテレビでやってるオムニバスドラマと比べても、特段勝ってる感じもないです。

そして、ストーリーに目新しさもなく、冗長に感じることも多かったので、★2の評価にしました。
高評価が多いみたいですが、普段本を読んだりしない人は、面白いと感じるのかもしれません。
短編はアイデア一発勝負で斬新なストーリーが作りやすいはずなので、ラストに登場人物が集まるみたいなギミックがないなら、もう少し各話のクオリティを上げてほしいなと思いました。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示