Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 734
ポイント : 7pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[岸見一郎]の人生を変える勇気 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)
Kindle App Ad

人生を変える勇気 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ) Kindle版

5つ星のうち 4.0 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 734
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 223

商品の説明

内容紹介

ベストセラー『嫌われる勇気』でアドラー心理学のブームをつくった第一人者が、あなたの悩みに応える! 「陰口をいう友人」「理不尽な上司」「妻にけなされる」「躾のなってない嫁」等々88の事例をもとに、アドラーの教えを机上の空論としてではなく、本当に使える実践的なものとして伝授。次の一歩を踏み出すための“劇薬”がここに。さて、あなたは、これからの人生をどのように選択しますか?

内容(「BOOK」データベースより)

ベストセラー『嫌われる勇気』でブームをつくったアドラー心理学の第一人者が、あなたの悩みに応える!「陰口をいう友人」「理不尽な上司」等、アドラーの教えの実践的な使い方を伝授。一歩を踏み出すための“劇薬”がここに、さてあなたは、これからの人生をどのように選択しますか?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1421 KB
  • 紙の本の長さ: 175 ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2016/6/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MDLGY4F
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,551位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 古舘 健 トップ100レビュアー 投稿日 2016/6/23
形式: 新書 Amazonで購入
こんにちは、古舘健です。

本書は、アドラー心理学の第一人者が、対人関係の悩みに応えた作品です。

変えられないことではなく、変えられることに注目することが大切だ、と著者は言います。
過去や他人が「原因」で、今の自分がその「結果」だとすると、問題があっても何もできません。過去や他人は変えることができないからです。
しかし、今の自分は変えることができます。今が人生の本番だと気づけば、問題に向き合い、真剣に生きることにつながります。

本書の中には88の対人関係の悩みがあります。
アドラーは「すべての悩みは対人関係の悩みである」と言ったそうです。本書は「自信がない」「ついLINEが止められない」など、より身近な悩みから読者に寄り添った一冊です。本書の中に、悩みを解決するヒントが見つかります

先日、著者の講演を聞き、その考え方や生き方に大いに魅力を感じました。だからこそ、すべての方に本書をオススメいたします!

以下はメモのために抜粋します。
――――――――――――――――――――――
P4
「過去に原因があると考えている限り、今の自分のあり方は自分が選択したという責任を曖昧にし、今の問題解決に向けて何もしないでいることができ
...続きを読む ›
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
私は著者の書いた「嫌われる勇気」で初めてアドラー心理学とも出会いました。本当に革命的な出会いであったと記憶しています。特に個人的には教育を職業にしていることも背景の一つですが、今までの課題がいっきに整理され、これからの展望が大きくひらきました。その後、「幸せになる勇気」は勿論、岸見氏以外のアドラー論も読みました。その場しのぎのただ流行にのっただけのアドラー論もある中で、岸見氏の分析や語り口は実に体系的で、汎用性の高さがうかがえました。ミリオンセラーとなるだけの理由は大いに感じられました。本当に革命的な出会いだったのです。
本書は88件の悩みに対し、見開き2ページ分程度で課題に対する解説(助言)がなされていきます。
課題の分離、共同体感覚、対人関係の悩み…至るところで前著で学んだアドラーのエッセンスがうかがえましたが、正直「なんとなくどう回答するのか先が読めた」というのが本音です。
初めて本書でアドラー心理学と出会う(あまりにもアドラーと岸見氏が有名になったので、それは少ないのかもしれませんが)と、やや突き放した感じに聞こえるかもしれません。
「結局他人の問題であってあなたの問題ではない」
生き方を大人が変えようと思うと、変えるのに同じ時間だけかかる。と、前著で岸見氏は述べていました。悩みをもっている人が本書を読んでどれだけの方が力付
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 スカラベ トップ100レビュアー 投稿日 2016/7/25
形式: 新書
 若い頃はともかく、人生の経験も積み生活も安定してくれば「悩み」なんて
自然となくなるものと思っていた。でも自分を取り巻く状況の閉塞感はどうだろう。
いろんなところでがんじがらめになっている自分がいる。本当に人生はうまく
いかない。例えば、

 成績の振るわない反抗期のこどもたち。夏休みをぐだぐた過ごされては
かなわないと塾に放り込んだ。でもなんだかすっきりしない。親の責任を放棄して
塾にまるなげしただけだ。それよりもこどもの「課題」に対して親がこのように
介入することは正しいのか。こども自身にもっと自分のことを考えさせるべきでは
ないか。こんなことでは不甲斐ないこどもが成長してからも私はなにかと
おせっかいをやき続けそうだ。いや、こどものことを不甲斐ないなどと決めつける
私の方にこそ問題があるのかも。いろいろ惑うことばかり。こんな私に著者は
きびしくこうアドバイスする。

 ・・あなたは子どもを心配している限り、子どもに依存して生きているのです。
  子どもを心配するという仕方で依存する方法によってしか、自分が
  生きていることの証しを見つけられなくなってしまっています。・・

 この本に載っている具
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
アドラーに勇気づけられるのは
承認欲求から解放されること。
人から認められようと努力すればするほど
自分の生き方が狭められ、
息苦しく感じるようになってしまう。
承認欲求から解放されて初めて
自由に生きていけるようになると
思います。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover