¥ 648
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人生を危険にさらせ! (幻冬舎文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

人生を危険にさらせ! (幻冬舎文庫) 文庫 – 2017/4/11

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2017/4/11
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1,646

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人生を危険にさらせ! (幻冬舎文庫)
  • +
  • 山本彩ファーストエッセイ集 すべての理由
  • +
  • コンプレックス力 ~なぜ、逆境から這い上がれたのか?~
総額: ¥3,651
ポイントの合計: 111pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「将来の夢は哲学者」と公言する異色のアイドルNMB48須藤凜々花が、政治社会学者・堀内先生と哲学ガチ授業! 堀内先生から出される「アイドルとファンの食い違いについて」「人工知能との『恋愛』は成立するのか」「子どもは自由か不自由か?」などのお題を、喜怒哀楽も激しく考え掘り下げていく。とことんエンターテインメントな哲学書!

内容(「BOOK」データベースより)

「将来の夢は哲学者」と公言する異色のアイドルNMB48須藤凛々花が、政治社会学者・堀内先生と哲学ガチ授業!堀内先生から出される「アイドルとファンの食い違いについて」「人工知能との『恋愛』は成立するのか」「子どもは自由か不自由か?」などのお題を、喜怒哀楽も激しく考え掘り下げていく。とことんエンターテインメントな哲学書!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 299ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2017/4/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344425952
  • ISBN-13: 978-4344425958
  • 発売日: 2017/4/11
  • 商品パッケージの寸法: 15.1 x 10.1 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,550位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

『哲学』と言うとどうしても、頭でっかちなイメージが先行する。

しかし、著者は実践、行動こそがその神髄と言い放つ。
タイプ分けすれば、実存主義者ということになるようだが、知識としてではなく、自分自身が善く生きていくためにはどう行動したら良いのかの一点を問い続けている。

それは、何かをするために生まれてきたわけではなく、生まれてきた幸運を噛みしめ、自分自身どう生きれば、死ぬまで人生を楽しめるかと言う考えで、寺山修司の言葉の源泉に通じるように思う。

構成は、対話式になっていて平易でスッと読み進められるが、「ソフィーの世界」のように哲学の歴史をそのまま順を追っているわけではなくとも、哲学の深化を想像できるようになっていて、哲学初心者はもちろん、少しかじったものにも改めて考えが整理できて有難い。

「アイドルが哲学なんて」と考えているものにこそ、読んでもらいたい一冊だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 いと トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/4/15
NMB48というグループのメンバーで大の哲学好きの須藤凛々花さんが
政治社会学者の堀内進之介氏と対談形式で哲学について語り合った一冊。

須藤さんのまえがき、コラム、あとがき(単行本版、文庫本版)の文章が秀逸、
このすごい文才で一冊全部、好きな哲学者たちについて書いてもよかったと思いますが、

この本では「生きるということ」「愛するということ」「自由になるということ」
「正義しい(ただしい)ということ」「大人になるということ」の5章で意見をぶつけ合います。

登場する人物やテーマは、カントの自律、道徳性、キルケゴールの死に至る病、プラトンのクリトン、
J・S・ミルの危害原理、ベンサムの功利主義、ハイデガーの現存在分析、
フランス現代思想のジャン=リュック・ナンシー、フロムの自由からの逃走、ホッブズのリヴァイアサン、
ニーチェの三段の変化、ニヒリズム、アリストテレスの正義論など

対談本なので丁寧語な会話文で読みやすく、
堀内氏の部分が太字、須藤さんが細字と完別してあるのでわかりやすい。

巻末に25ページの用語解説があるのも便利。
哲学者を知るきっかけにできる本。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
本当にアイドルが書いたのか、疑いたくなるような出来。
画面上ではわからない、聡明さ、素直さ、子供っぽさ、面倒くささ、等等が溢れている。
握手会以上に、本人が近くに感じれる一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告