通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
人生を創る言葉 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品ですが、状態の綺麗な商品になります。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人生を創る言葉 ハードカバー – 2005/2/3

5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 950

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人生を創る言葉
  • +
  • 繁栄の法則
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

渡部/昇一
昭和5(1930)年山形県生まれ。同30年上智大学大学院修士課程修了。ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学に留学。Dr.phil.、Dr.phil.h.c.専攻は英語学。上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。幅広い評論活動、著述活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • ハードカバー: 289ページ
  • 出版社: 致知出版社 (2005/2/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4884747038
  • ISBN-13: 978-4884747039
  • 発売日: 2005/2/3
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.5 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 88,423位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
この本は一言で言えば、名言集の解説が多いバージョンといったところです。
エジソンやアインシュタインといった定番の偉人から雲門文偃や佐藤慶太郎といった少しマイナーな人物まで計94名の名言によって構成されています。普通の名言集なら名言がただ羅列されているだけですが、当書はその人物の簡単な紹介から入り、その人物がどのよな活動をしていた際にその名言を思いついたかや、その名言を思いついた背景のようなことが書かれています。
少し、分かりにくいかもしれませんが、『常識として知っておきたいシリーズ』の人物バージョンといった感じです。その人物の名言のみならず、知らなかった人物の活動や人間像まで知ることができました。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
 古今東西の偉人・英傑・大成功者の言葉から自分に合った成功への道をみつけることを勧めた本です。興味深いことに,渡部昇一氏は「プロローグ」において「戦後六十年たって,ようやく,「それぞれの道で志を遂げることはいいことだ」という雰囲気ができあがりつつある(P. 33)」と野球界のイチロー選手や野茂選手を例に挙げて評価しています。確かにスポーツや音楽の世界では割と早くからそうした雰囲気が感じられる他,経済的に成功することへの風当たりも随分弱まったと感じます。
 一方では「ニート」と呼ばれる「教育なく,職業なく,訓練なき」若者が増加しています。その原因究明は専門家に委ねますが,個々人レベルでは「自分はどの道で志を立てるのか」という問題意識を持つことが重要です。その際,成功者の軌跡から学ぶことは古くとも実績がある手法です。そこに本書を読む意義があります。
 本書の特徴は,(1)渡部昇一氏が著者である点,(2)数カ国・多岐に渡る成功者の言葉が収録されている点,(3)今日から実践可能なことを述べている点,にあります。渡部氏の視野の広さと視点の確かさには定評があり,それらは本書でも遺憾なく発揮されています。この類の本では戦国武将や明治維新に活躍した人物,アメリカ大統領等の常連のよく知られた言葉に焦点が当たります。しかし,本書はリンカーンやエジソン,武田信玄らばかりでなく,日本海
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
 40代半ばの私が教育を受けていた時期、残念ながらこういう偉人伝のダイジェスト本に出会う事が出来なかった。いや、あえて遠ざけられていたということだろう。
 日教組的に云えば、成功者は、ブルジョア、労働者を搾取する側の人間である、、偉人は敵だったかもしれないのだ。
 重ね重ね残念であった。この本に書かれている実際的な教訓の数々は、必ずや逆境の時私に力を与えてくれたはずだ。
 戦後の教育を受けた私は、逆境の時は社会が悪いのだ、、という方向に誘導されがちであった。本来は、明るい未来を信じて自助努力する方向に行くべきである。
 この本は是非、若い人に読んでもらいたい。この本の根底に流れる精神は、自助努力、セルフヘルプの精神だ。他の著書で著者が言っているとおり、これからの日本人は、ちょうど明治維新の時、公的身分を剥奪されいきなり野に放たれた士族、つまり武士と似ているという。その時彼らがとった精神的態度が、自助努力の精神である。「西国立志編」「学問のすすめ」を読んでがんばったのである。
 若い諸君、是非座右の書として反芻して欲しい一書である。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
私は既にこの本を3冊ほど購入している。著者である渡部昇一先生に私淑している身であるが、この本によってまた講談社の創設者である野間清治が発刊して伝説の雑誌『キング』のイメージが平成に蘇った観がある。現在、この日本人に感化を与えた伝説の雑誌『キング』の精神を継ぐものは月刊『致知』しか見当たらないようであるが、教育問題がさまざまな教育現場から叫ばれている現代においては、子供達に『キング』的なものが一番響くのではないだろうか?『スクール☆ウォーズ』ノヴェライズ化されたが、活きた日本人の精神を現在の若者にも触れさせる機会を増やさなければいけない。『志』を立てる自助努力の精神と必要性は、学校教育の『国語・数学・英語・理科・社会』を重要視してきたが失敗している状況を鑑みても明らかである。少しでも多くの方にこの本を読んだ方は再度購入して、自分の大切な後輩、子供、弟子にプレゼントしてあげて欲しい。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック