人生はビギナーズ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご観覧ありがとうございます。★ケース交換済み。レンタルで使用されたDVDを研磨、クリーニングを行いメーカーの許諾を得て販売している正規品です。 ディスクに管理シールが貼られている場合もございますが、 ほとんど傷もなく新品に近い状態でご提供できます。 ★ジャケット付ケースとディスクだけで他付属品等はございません。ご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

人生はビギナーズ [DVD]

5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,780より 中古品の出品:7¥ 389より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 人生はビギナーズ [DVD]
  • +
  • サムサッカー-17歳、フツーに心配な僕のミライ- コレクターズ・エディション [DVD]
総額: ¥4,166
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ユアン・マクレガー, クリストファー・プラマー, メラニー・ロラン, ゴラン・ヴィシュニック
  • 監督: マイク・ミルズ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2012/08/03
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00812TYJ2
  • JAN: 4527427653436
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 17,917位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

本作の監督をつとめたマイク・ミルズのプライベートストーリーを映画化! !

人生の“初心者"たちが紡ぐ、希望の物語。

【ストーリー】
「私はゲイだ」 父が75年目に明かした真実が、僕の人生を大きく変えた。
アートディレクターのオリヴァーは、愛に臆病な内向的で真面目な38歳独身男。
ある日、44年連れ添った妻に先立たれ、自らもガンを宣告された父ハルから、ゲイであることを告白される。
厳格だった父の突然のカミングアウトに戸惑いつつも、病に立ち向かいながら新たな人生を謳歌し始めた父と語り合い、少しずつ距離を縮めていくオリヴァー。
やがて父との永遠の別れを経て、大いなる喪失感を抱えたままの彼の前に、フランス出身の女優アナが現われる。互いに人と距離を置きながら生きてきた似たもの同士の2人は、ほどなく恋に落ちるのだったが…。

【キャスト】
ユアン・マクレガー『スター・ウォーズ』、『ゴーストライター』
クリストファー・プラマー『インサイダー』『Dr.パルナサスの鏡』
ラニー・ロラン『イングロリアス・バスターズ』『オーケストラ! 』
ゴラン・ヴィシュニック『ニューヨーク、アイラブユー』『ドラゴン・タトゥーの女』

【スタッフ】
監督・脚本 マイク・ミルズ 『サム・サッカー』
撮影 カスパー・タスセン
編集 オリヴィエ・ブッゲ・クエット
音楽 ロジャー・ネイル、デイヴィット・パーマー、ブライアン・レイツェル

【特典映像】
・メイキング・プロモ
・オリジナル予告篇
・劇場予告篇

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ゴーストライター』のユアン・マクレガー主演によるヒューマンドラマ。アートディレクターのオリヴァーは内向的で真面目な38歳の独身男。ある日、彼はガンを宣告された父・ハルからゲイであることを告白される。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
若い頃のマイクなら、間違いなくアンハッピーエンディングで、もっと心を掻き毟られるような切ない作品になったと思う。そのぶん印象は弱まるが、希望に満ちた大人の映画。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bunocio VINE メンバー 投稿日 2012/11/5
愛することに臆病で、38歳になっても独身でいる主人公が、
妻の死をきっかけに、75歳でゲイであることを告白して、
末期がんを患いながらも、偽りの自分から解放されて、新たな人生を
歩みだした父の姿に背中を押されて、パーティ会場で知り合って
意気投合した、似た者同士のフランス人女性との恋を成就するために、
古い自分自身の殻を破って、脱皮しようと決意する話で、
グラフィック・デザイナー出身の監督ならではの繊細な絵作りと、
主人公の飼い犬役コスモの、「アーティスト」アギーに勝るとも劣らない
名演技?がアクセントとなって、哲学的になりがちな人生論を噛み砕いた、
ユニークな味わいある語り口で、万人向けの心温まる作品に仕上がっています。

夢や希望と言う言葉を、口に出す事に気恥ずさを感じる世代の人に、
何かを始めるのに、遅いということはないんだよと啓発してくれる作品ですが、
哀しいかな人間と言う生き物は、映画のセリフにあるように、
半分の人は悲観的に物事を考え、残りの半分の人は魔法を信じて、
奇跡が起こるのを待っているのです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
優しい映画だと思った。半自伝的な映画というせいもあろうか、登場人物を撮る視点が優しく、込められた祈りを感じられる。

過度な演出や山場のない淡々とした作品である分、何気ない光景や役者の表情に引き込まれる。主人公がヒロインとはじめて出会い、筆談で距離を縮めていく場面、歩道に乗り上げての真夜中のドライブ、ハウスミュージックのことを楽しげに話す父の口調、病室での乾杯...随所にまたたく火花のような輝きが、映画の輪郭をあたたかく照らしている。
いくつになっても人生ははじめられる。青春の煌めきを散りばめた、白秋の人生讃歌。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
てっきりコメディ調なのだと思って手に取った作品でしたが、その逆で、どの登場人物もとても静かな人達でした。一般的に賑やかな作品とは一線を画した映画だと思います。

母親が他界した後、75歳の父が自分はゲイだと告白します。残りの人生を思うように生きたいと。主人公のOliver(Ewan McGregor演)は多少(いえ、多大に?)戸惑いを抱きつつも、父の最期を共に生き見送る事で、多くを学びます。

父親は75歳で人生をやり直した。それもとても前向きに。Oliverは30代。何度人生をやり直せるだろう。

物静かに、しかしながら懸命に生きる人達が描かれています。静かな夜、ゆっくり映画を観るには最適な作品ではないでしょうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「サウンド・オブ・ミュージック」で初めてクリストファー・プラマーと
いう俳優を知ってから、何年経っただろう。
そこでの若々しいカッコいい大佐がすでにおじいちゃんの年齢。
顔にその年月が刻まれていて、それだけでもじ〜んと迫るものを感じて
しまった。
その彼が余命いくばくもない状況。

この際、頼りない恋が長続きしない息子はおいといて、主人公は
プラマーとして見ると、最後はなんか本当に悲しくなってしまった・・・。

人生最終地点に近づいても、友達が病室に訪ねてきて、楽しくおしゃべりして、
いつでも悠々と楽しんでいられる彼を見るだけでも、いいかもしれません。

あまりストーリーに山場もなく、淡々と過ぎていくので、時間のある時に、
家でDVDをゆっくり見るのによいのではないかな・・・

そういう良質な小品かと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ユアン・マクレガー演じる主人公オリヴァーと彼の飼い犬アーサーとの「会話」の数々が素晴らしい。

アナという素敵な女性(メラニー・ロラン超絶かわいい!)に出会えたにもかかわらず、
まるで「幸せ」と距離を置こうとするかのごとく消極的な態度をとるオリヴァー。

映画レビューサイトではそんな彼の行動に対して「なんで?」と疑問の声も見かけたけど、
個人的には「いやいや自分に大それた幸せなんか訪れるわけないし。どうせこの後イヤなことが起こるし。そんなの知ってるし」
みたいな感情に共感しすぎて泣きたくなった。
(実際少し泣いたし、映画鑑賞後には、イイことがあればあるほど不安になる持病を「人生はビギナーズ病」と命名した)

そんなオリヴァーに誰よりも人間臭く語りかけるアーサーの、
「君ってそんなやつだよね」的な言葉の一つ一つが感動的すぎて忘れることができません。
2012年度ベスト3の1本になりました。あー、アーサーみたいな友だちがほしい!
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す