中古品
¥ 367
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 グリーンBOOK
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙(表裏背)には軽微なスレやキズ汚れは見られますが、状態は良好です。中身の状態も書き込み・破れ等もなく良好です。クリーニング後クリスタルパックで防水対策をし、埼玉県から2営業日以内に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人生の色気 単行本 – 2009/11/27

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 367
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

七分の真面目、三分の気まま―。僕はこうして生きてきた。作家渡世四十年、文学の達人が語る人生処方箋。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

古井/由吉
1937年11月19日東京生まれ。東京大学大学院独文科卒。金沢大学助手、立教大学助教授。1970年、大学を退職。71年「杳子」で第64回芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 219ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103192089
  • ISBN-13: 978-4103192084
  • 発売日: 2009/11/27
  • 梱包サイズ: 19.6 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 433,292位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
毎年1冊以上の本を出してくれるのが、うれしい。ほぼ全ての著作を持っています。

人生の色気 古井 由吉 (単行本 - 2009/11/27)
漱石の漢詩を読む 古井 由吉 (単行本 - 2008/12)
白暗淵 しろわだ 古井 由吉 (単行本 - 2007/12/7)
辻 古井 由吉 (単行本 - 2006/1/26)
聖なるものを訪ねて 古井 由吉 (単行本 - 2005/1)
仮往生伝試文(新装版) 古井 由吉 (単行本 - 2004/12/11)

ほんと、すごいな、この人は。
淡々と年月を重ねる姿を見習いたい。

ていうか、うーん。もっと単純に、
とりあえず、この人のは読んで後悔したことない。

この人の書く本に、僕のレビューはそれほど必要がないので、タイトルを羅列。

"漱石の漢詩を読む"から
読むと入りやすいと思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 思い出したのは吉本隆明さんが語り下ろしでしか本を出せなくなってからの『僕なら言うぞ!』『13歳は二度あるか』『よせやぃ。』などの本。それまでの読者から大きくかけ離れた層に、あえてイメージを壊して、けっこう下世話に語りかけている点が似ているかな、と。

 古井さんが手取りの月給が10万円に届いていない時代の大学教師を辞めて書いた第一作は240枚の『杳子』ですが、当時の文芸雑誌の原稿料は600円から1000円なので、当分の計算は立った、なんていうあたりから語り始めます。当時、「自己解体」をスローガンに学園紛争に熱中している学生たちを、古井さんは《目に見えない何かに対するツケのようなものを支払っている風に見えました》(p.23)と書いていますが、それが可能だったのは経済成長を当たり前だと考えていたからだ、と。そして《経済は人の社会を外部から根本的に変えてしまい、どう変わったのかも気づきにくい》とも。

 そんな話から、《不祝儀の場の年寄りの振舞いに、男の色気は出るもんなんです》《喪服を着て、お焼香をして、挨拶して、お清めをして帰ってくるだけのことが、いまの男は、なかなかサマにならない》(p.44)なんあたりに飛んで、さらに男に色気がないから、いまの女性の化粧は他人を拒絶するような印象を受ける、というところまでいきます。

 《
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 著者の半自伝的回想を佐伯一麦、島田雅彦、鵜飼哲夫や早稲田文学の関係者を聞き手にまとめたもの。著者は内向の世代と呼ばれた小説家として現役。それ以前はドイツ語ドイツ文学の教師として金沢大学や立教大学で教鞭をとり、以後作家として独立。高校時代から東京の風景を回想しながら、街があるいはその街に漂う人々の「色気」の濃淡が、作家を支えていることを論証的に語られて出色。心理学や社会学に依拠しないで、作家の感性と洞察力の鋭利が活きている。
 私小説的な作品が多いが、私小説にならず独自の文学世界を描き出せたそのメティエを披歴していて、面白い。文学が伝統的な枠組みで構成しえなくなった社会構造を文芸雑誌編集とそのパトロネージの関係を説明したり、実に興味深い。現代の文芸作家たちとの違いなどにも言及があり、過渡期の文学を担う意味を語って意義深い。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 内容
第一章 作家渡世四十年
第二章 焼夷弾の炎からはじまる
第三章 年をとるのはむずかしい
第四章 七分の真面目、三分の気まま
第五章 粘って、待つ
第六章 建前として、あの世はないけれど
 
 本書は古井由吉氏からの6回の聞き取りをもとに編まれたものです。
 話題は多岐にわたり、教職員時代や安保の頃、作家専業になった頃のこと、芸術とパトロン、生まれた地域のこと、戦争と空襲、戦後の日本、家族について、第三の新人と内向の世代について、携帯電話と近代小説、エロスの低下、あの世についてなど、さまざまな事柄が語られています。
 いろいろなことを話しつつも、古井氏の関心の根底にあるものはやはり文学であり、何を見てもどこか小説家としてものを見ている点が面白いです。
 たとえば、緊張の薄れた社会で年をとるのが難しくなったことに触れ、そうすると「歳月の積み重ねを人が重んじなくなり、あまり感じ分けないようになると、表現の幅がかなり狭くなります」と言い、いまの文学の状況を危惧します。
 また、現代は「エロスの力が大層定価している」と語り、エロスの力を取り戻さなければ社会の存亡にかかわり、エロスがなくなれば小説もなくなると憂えます。
 口調はたいへん穏やかですが、社会や風俗を語るその随所に小説家の鋭い目が光りはっとさせられます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告