サンプルを聴く
再生中...
読み込み中...
一時停止

人生の勝算 Audible版 – 完全版

5つ星のうち4.2 445件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
Audible版, 完全版
¥0
Audible会員 - 無料体験
単行本 ¥1,460 ¥323
文庫 ¥550 ¥117
Audiobook Image
人生の勝算
前田 裕二 (著), 松本 章太郎 (ナレーション), Audible Studios/幻冬舎 (出版社)
無料体験後は月額980円(*最初の12か月間の特別価格) 。いつでも退会できます。
  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額980円(*最初の12か月間の特別価格)。
  • 購入したタイトルは退会後もずっとあなたのもの。

Audibleが販売・配信します。
AudibleはAmazonの関連会社です。


おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける

登録情報

  • Audible版
  • 再生時間: 3 時間  59 分
  • プログラムタイプ:オーディオブック
  • バージョン: 完全版
  • 制作: Audible Studios/幻冬舎
  • Audible 配信日: 2018/8/26
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ASIN: B07GJNKCG9
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2018/12/29
形式: Kindle版 Amazonで購入
良い奴なのは分かった。
ただビジネス書としては非常につまらない。
新書で400円だとしても割高感は否めない。
書店で立ち読みしていたら買わなかっただろう本。

この人がどんな人だろうという情報収集のためkindle購入。
目で追うのが億劫で音声読み上げ機能を使用したが我慢して半分までいったところで御用となった。

【メリット】
・まだ苦労知らずの学生向け
・良い奴だろうなと思って読んだらやっぱり良い奴だった

【デメリット】
・ありきたりの自伝
・最近多い秋元康崇拝の文章多し
・深い中であえてシンプルなビジネス論を話してるのではなく本当に表面
・良い奴だが小物臭がするので大成はしないタイプ

秋元康はどうでもいい、
自分が同じ境遇なので路上ライブ苦労話はキャッチーだが苦労人枠ではない、
きずなやコミュニティのスナック論も社会人前の学生にはありがたがられるがグローバル人材の大人には通じない、
南場さんや外資の話が出るが劣等感があるのか大げさ、
総じて池上彰さんや教授が出す本にも通じる劣等感「俺こんだけしてきた感」が小物臭をおさえきれない。

なんの
...続きを読む ›
コメント 102人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2018/11/14
形式: 単行本
アマゾンのレビューが多かったため、一読した。
この社長は幼い頃母を亡くし、親戚に引き取られている。
また、仲が良かった親戚のお兄さんにも先立たれている。
それにもかかわず、努力し、新卒で入社した外資系の証券会社に入社。
誰よりも努力し、トップの営業成績を収めている。
企業を見る目も養っている。
その後、DeNAに入社し、今の事業を企画。
スピンオフして現在に至っている。
素晴らしいと思う。
20代の若手のサラリーマンは彼のようなキャリアに憧れるかもしれない。
しかし、何を読者に伝えたいのか、よく分からない。
今やっている事業の宣伝なのだうろが、どうも読んでいて鼻につく表現が多い。
ビジネスは謙虚でなければならない。
そうしなければ応援したくなくなる。
ベンチャービジネスであればなおさらだ。
残念ながら、本書を読む限り、それは微塵も感じられない。
傲慢は最大の敵。
いつか分かる時が来るだろう。
自分が投資家ならこの会社には投資しない。
そう思わせる実に残念な本。
コメント 85人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2018/9/27
形式: Kindle版 Amazonで購入
Kindleでお安くなっていたので、なんとなく買ったのですが、前田さんの人柄や情熱が凄いです。
とにかく努力量の凄さ…いわゆるイチロータイプの天才なんだと思うのですが、
それに加えて他者への感謝であったり、とにかく自分が子供の頃に経験した悔しさを根底に
努力が報われる世の中を作りたい、理不尽に負けたくないという強い気持ちに
とても心揺さぶられました。
いわゆる一般的な、成功するためのうんちく本という感じを期待してはいけないです。
彼の気持ちに共感し、自分も何かしないといけないんじゃないかと突き動かされる本です。
なので何かに迷っていたり、落ち込んでいたりするときに読むと凄くスッキリできる内容だと思います。
そしてお恥ずかしいですが、彼を全然存じ上げなかったのですが、人柄にとても惹かれ
応援したくなりました。
今後も理不尽な世界を無くすために頑張ってほしいですし、
自分もがんばらなきゃなーとカツを入れられました。
心が折れそうになったり、迷ったり、イライラしたら読み返したい、そんな一冊です。
まさかビジネス書で泣ける日がこようとは(笑)
彼の考え方に、とても感動しました!
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
【ポイント】
・供給側の論理に立った一方通行なスタイルを取りがちですが、それでは「モノ(演奏)対ヒト」の関係になってしまっていて、ダメなのです。絆を醸成するには、モノを一方的にぶつけるのではなく、他者への想像力と思いやりを持って、「ヒト対ヒト」の関係性を築くことに意識を集中させねばなりません。

・先天的な音楽の才能がなくとも、①絆、②絆の集合体であるコミュニティ、そして、③コミュニティの集合体であるプラットフォームさえ作れれば、影響の範囲を乗数的に広げていくことができる。

・コミュニティが深まる要素としては、①余白があること、②クローズドの空間で常連客ができること、③仮想敵を作ること、④秘密やコンテクスト、共通言語を共有すること、⑤共通目的やベクトルを持つこと

・現代人の多くは、「自分の物語」を消費していて、何か完璧な「他人の物語」を消費することには、飽き飽きしているのです。SNSに写真をあげて、いいね!をもらって嬉しい、という気持ちも、まさに「自分の物語消費」の典型例
・人が、やはり自分の物語を消費することに価値を感じるようになってきている社会変化があると思いますし、「モノ消費からコト消費」とよく言われるように、参加することや体験自体に価値を置くようになってきている

・現代
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー