中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人生の「お荷物」を捨てる方法 単行本(ソフトカバー) – 2007/11/1

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

父として、上司として、老親を抱える子として、多くの荷物を抱えすぎている人は多い。世間に合わせて生きなくていい、自分の都合でいい、 その方が自由になれるという、ひろさちやの幸福論。

内容(「BOOK」データベースより)

世間を馬鹿にすると、楽しく生きられます。余計なしがらみを断つ、自分の都合ですべてを決める、本気で働かない。こころの自由を手に入れる、ひろさちやの人生論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 206ページ
  • 出版社: 青春出版社 (2007/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4413036581
  • ISBN-13: 978-4413036580
  • 発売日: 2007/11/1
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,033,073位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この著者のいいところは、変に説教臭くなく、自然体でかかれているところが、素直に引かれる一つです。今回も「うつ」や「引きこもり」で何が悪い!と言い切られる著者の考え方には非常に共感が持てました。今のように何かと「勝ち組」「負け組」や「成果」「やりがい」のようなキーワードが氾濫している時こそ、著者の言葉に重みが増して来ると思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
氏の説く価値転換のすすめは、狂った現代社会に圧迫され、生きることに虚しさを感じている人々にとって、仏の慈悲ともいえる効果があるだろう。
「がんばらなくていい」、「そのまま、そのまま」と、゛あるがまま゛を肯定する氏の考えに、肩の重荷がとれてホッとする思いでいる。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 私も、私の子供も小学校のの時に一年以上学校に行きませんでした。
「何故」と聞かれると困るのですが、簡単に言ってしまえば登校拒否です。
 私の親は、生爪を剥がしても、車に力ずくで乗せても学校に行かせようと
していました。私は子供が学校に行きたくなるまで、黙って遊ばせておきま
した。
 ひろさちやさんの言葉を借りると、今の学校教育は「お家のために忠義を
尽くせ。そしていざとなったら腹を切れ」という教育になっています。
 赤穂浪士になって、君主のために死ぬのが正しいと言う教育がなじまなか
ったような気がします。
 生きるのが辛くなる前に是非、読んで見てください。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック