通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ ~『笑う... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ ~『笑う犬』プロデューサーの履歴書~ 単行本 – 2010/7/14

5つ星のうち 3.0 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ ~『笑う犬』プロデューサーの履歴書~
  • +
  • 怒る企画術! (ベスト新書 265)
  • +
  • 伊藤Pのモヤモヤ仕事術 (集英社新書)
総額: ¥3,351
ポイントの合計: 103pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

数々のフジテレビ人気バラエティ番組を手掛けてきた名プロデューサーが、波乱万丈のフジテレビ時代を振り返り、テレビへの熱い想いを明かす! バラエティ番組ファン、テレビ業界人、テレビ業界志望者、エンタテインメント業界従事者、そしてテレビを愛するすべての人間にとって必読の書!(四六判/全288ページ)

・『オレたちひょうきん族』の功罪とは?
・『夢で逢えたら』の奇跡的ユニットはどのように生まれたのか?
・『誰かがやらねば』の葛藤とは?『やるならやらねば』事故による終了の真実とは?
・至高のコント番組『笑う犬の生活』はどのように誕生したのか?
・『笑う犬』に賭けたウッチャンの想いとは?
・吉田班のスタープレーヤー、片岡飛鳥(『めちゃ×2イケてる!』)、小松純也(『笑う犬』)の活躍
・なぜ、フジテレビを辞めたのか?

+++内村光良(ウッチャンナンチャン)との対談収録
吉田正樹の“戦友”として苦楽を共にしてきたお笑い芸人・内村光良が、本書のために吉田正樹と対談。他のインタビューでは読むことができない、フジテレビと吉田正樹に対する熱くピュアな想いがほとばしる!

+++横澤彪(「オレたちひょうきん族」プロデューサー)との対談収録
『THE MANZAI』『オレたちひょうきん族』『笑っていいとも!』で、フジテレビバラエティの歴史を作り上げたカリスマプロデューサーにして吉田正樹の師・横澤彪の、辛辣で愛のあるフジテレビ&吉田評が炸裂。

+++ラリー遠田(おわライター)による主要番組解題
吉田正樹が手掛け、時代を飾ったフジテレビバラエティ厳選19本を、気鋭のライター・コラムニスト、ラリー遠田が解説!

内容(「BOOK」データベースより)

数々のヒット番組を手掛けた名プロデューサーが振り返る、波乱万丈のフジテレビ人生。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 296ページ
  • 出版社: キネマ旬報社 (2010/7/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873763371
  • ISBN-13: 978-4873763378
  • 発売日: 2010/7/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 355,144位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
自分はすごいんです、自分は悪くないんです周りが悪いんです、という主張が通奏低音になっていて、他人がそれを読んでどう思うか?という視点がゼロ、読み終えてものすごく後味が悪い本です。お笑いを作ってきた人が書いた本とはとても思えないというか、自分や自分の周囲を「しょうがねえな」と客観視して笑い飛ばす視点、サービス精神がまったくないのが困ったものです。ルサンチマンで本を書くのはやめたほうがいいですよ。同じフジテレビを辞めた人同士で、なつかしの横澤プロデューサーと仲良しだということはわかりましたが……それが何? という気分になりました。
コメント 211人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 minmi 殿堂入りレビュアー 投稿日 2011/8/2
形式: 単行本
人生で大切なことは○○で学んだのフジテレビversion.
読後感として、フジテレビのウリナラマンセー的な内容ばかりが目立つため、フジテレビのファンの人(Love Koreaな人)には共感できる部分が多いいのでよいと思う。それ以外の人にはお勧めできない。
ただ、私の個人的意見だが、人生で大切なことはお客様(ここでは視聴者)が教えてくれるのだと思う。プロデューサーは、フジテレビという巨大な樹ばかりを意識して今回書いていたが、ブラウン管を通してお茶の間にいる視聴者達の声をもっと聴いて、学ぶべきだと思う。もちろん視聴率という数字を意識することでそれをやっている、と本書を読んだ人は反論するかもしれない。しかし、視聴率とは、TV局が株主になっている会社が運営しているサービス、これでは本当の生の声を聴くことは永遠に無理だろう。
以前ホリエモンが著書で、”TV局はインターネットをもっと活用すればお客様の本当の声を聞くことができる。なぜ活用しないのか?”と提議を行っていたことがある。今からでも遅くないので、学んでもよいのではないだろうか?
そして、いつの日か、

”人生で大切なことは全部お客様(視聴者)から学んだ”

という本を出してくれることを期待したい。その時は星をあげます。
4 コメント 251人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読んだ後のなんかすっきりしないこの感じ。

言いたい放題書いたって感じ。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
あの笑う犬から何を学び、どういまに活かしているのだのだろうか。それを知りたいと思い買ったんだけど期待はずれ。他のレビュー見ておけばよかった。
フジテレビの歴史に、自分や他の人がどう担当として関わっていたのか書いてあるだけ。
まあ、フジテレビ史としては割と面白く読めたのでプラス1です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本に値段相応の価値があるかどうか?疑問です。
図書館で読めばよいでしょう。

読後の評価はそれぞれだと思いますが、私には書き手の自画自賛をお金を出して読む必要はなかったようです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とにかくエグい。過激。
実名でフジテレビ現役社員の名前もバンバン登場し、必ずしも褒めてはいない。
特にひょうきんディレクターズに対する怨念にも近い辛口評価には驚いた。
巻末の横澤彪氏との対談も、かなりのピリ辛モード。

フジテレビらしさや長所の何たるかは確かに書かれている。
しかし、低迷期のフジのダメさ加減も真正面から記述しており
フジテレビがよく本書の出版を許したものだと思う。
実に思い切りよく、言いたいことを言ってやった!という覚悟の書。

著者の回想録という形をとっているが、フジテレビバラエティ20数年史として大変貴重な記録。
「やるならやらねば」が事故によって打ち切りになったくだりや、
「ごっつええ感じ」終了に対する解釈、フジテレビの日テレとの視聴率戦争を経ての
「笑う犬の生活」スタートに至るくだりは、当事者エッセイとしても、史料としても読み応えがあった。
特に事故の記述部分はあまりに生々しい。10数年たってやっと書けることなのだろう。

個人的には、コント番組を作り続けることがどれだけ大変で
精神的にもやられるかという部分がとても印象に残った。
ネタ切れを起こし、アイデアの限界に直面して、
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告