中古品
¥100
+ ¥300 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 読むのに支障はございませんが、中古品ですので、少々の汚れ折れ、傷、書き込みがある場合がございます。ご了承ください。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


人狼城の恐怖〈第4部〉完結編 (講談社文庫) (日本語) 文庫 – 2001/9/1

5つ星のうち3.4 16個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥100
¥100
お届け日: 7月8日 - 10日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人狼城殺人事件の怪異に満ちた謎のすべてが、名探偵・二階堂蘭子の冷徹な論理によってついに解き明かされる。死屍累々たる惨劇の舞台“人狼城”で、蘭子を迎えた真犯人とは?その想像を絶する殺人動機とは?そして不可能を可能ならしめた驚天動地の大トリックとは!?本格推理小説の金字塔、華麗なる完結。

著者について

二階堂黎人(にかいどうれいと)
1959年7月19日東京都に生まれる。中央大学理工学部卒業。在学中は「手塚治虫ファンクラブ」会長を務める。1990年に第1回鮎川哲也賞で「吸血の家」(講談社文庫所収)が佳作入選、1992年『地獄の奇術師』(講談社文庫)を書き下ろし単行本として上梓し、推理界の注目を大いに集める。著書に『聖アウスラ修道院の惨劇』『悪霊の館』短編集『ユリ迷宮』『バラ迷宮』『私が捜した少年』(すべて講談社文庫)、氏の敬愛するJ・D・カーについての対談や随筆をも収録した作品集『名探偵の肖像』『悪魔のラビリンス』(ともに講談社ノベルス)など多数。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
星5つ中の3.4
評価の数 16
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2017年9月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年7月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年7月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年12月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年4月26日に日本でレビュー済み
2017年4月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年8月5日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年8月3日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告