通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
人気の野鳥の撮影術を種類別にガイダンス!! 秘伝!... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Nブック17
コンディション: 中古品: 良い
コメント: アマゾン専用在庫のため、品切れはありません。表面にスレ、ヨレがありますが、それ以外は良好です。クリーニングの上、発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

人気の野鳥の撮影術を種類別にガイダンス!! 秘伝! 野鳥撮影術 (BIRDER SPECIAL) 単行本 – 2015/10/28

5つ星のうち 2.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/10/28
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,262

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人気の野鳥の撮影術を種類別にガイダンス!! 秘伝! 野鳥撮影術 (BIRDER SPECIAL)
  • +
  • 野鳥手帖2016 鳥たちと一年を過ごすダイアリー
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 104pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

高速で飛ぶカワセミや、迫力ある猛禽のハンテイングシーンを完璧に撮るためのノウハウを解説した「野鳥撮影マニュアル」。
機材選びから鳥の行動を読む目の養い方まで、それぞれの鳥の撮影を極めた20人の写真家が秘伝を公開する。

出版社からのコメント

日本で唯一のバードウォッチングマガジン「BIRDER(バーダー)」で活躍する、
「この鳥ならこの人」といった野鳥写真家20人の豊富な経験と知識を余すところなく公開しました。
それぞれの鳥について、光の取り入れ方、鳥の行動の読み方、連写のタイミング、機材の選び方などを詳しく解説しています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 112ページ
  • 出版社: 文一総合出版 (2015/10/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829975059
  • ISBN-13: 978-4829975053
  • 発売日: 2015/10/28
  • 商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 283,406位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
知人も執筆に入っていたので、買ってみましたが、
書いてあるのは、ごくあたりまえの一般論で、
すでに野鳥撮影をしている人にとっては、特に目新しい情報もありませんでした。
「初心者の野鳥撮影術」にタイトルをすべき内容でした。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ミミ 投稿日 2016/5/27
Amazonで購入
前評が高すぎましたね。ここ アマゾンでは発売前に予約完売のような噂まで出ていましたが、なぜそれほど盛り上がったのかがわかりません。
期待が大きすぎた分 がっかり感も大きなものでした。使われている写真はどこかで目にしたようなものが多く、ベテランのカメラマンが使いまわししているのか?と思うような内容でした。また 新進気鋭のカメラマンの写真はハッとするようなものもありましたが、内容は「秘伝」というより「高い機材を使って時間をかけろ」と言っているようなもの。写真の出来栄えには感心しますがそこまででした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
もうちょっと詳しくとり方のコツが書いてあるとよかったなぁと。
鳥がどのような場所にいるのかとかそういう情報も欲しかった
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
行ったことのない探鳥地の情報など、興味を引かれる記事もあるにはあるが、全体として、特に本書の主眼である撮影術に関しては「鳥の撮影を極めた」人でなくても知っていたり実践していたりすることばかり。それでもうまく撮れないからこの手の本を読んでいるのに、肝心なところはわからない。アマチュアカメラマンで野鳥撮影をし、そのときの苦労話や工夫したところなどを自身のHPやブログなどで無料で公開しておられる方は多数おられるが、そのような情報の方がよほど役に立つ。決して安くはない価格の本なのだから、それなりの内容を充実させてもらいたい。
88ページに、カメラ片手にライチョウを追い回す人の(後姿の)写真を示し、野鳥撮影マナーに言及している記事があるが、これは写っている人の許可を得たものだろうか? 許可を得ている旨は少なくとも同ページには記されていない。後姿だから本人と同定されにくいし、いいだろう、と出版社は考えたのか? 立ち入り禁止エリアに入り、野鳥を追い回すのは褒められた行為ではないが、だからと言ってこのような写真の掲載は許されるのか? 公刊される書籍でいわゆる「さらし行為」が行われているようで、気分が悪い。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック