¥ 3,456
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人月の神話【新装版】 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人月の神話【新装版】 単行本(ソフトカバー) – 2014/4/22

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 3,199

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人月の神話【新装版】
  • +
  • ピープルウエア 第3版
  • +
  • 熊とワルツを - リスクを愉しむプロジェクト管理
総額: ¥8,208
ポイントの合計: 248pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ソフトウェア開発の定番書『人月の神話』。「ブルックスの法則」で知られる
ブルックス教授によるこの名著が、同教授の35年ぶりの新刊「The Design Of Design」
(邦題「デザインのためのデザイン」)を記念し、従来の縦組みから横組みに変わり、
表紙カバーを新たに新登場。

IBMの大型コンピュータSystem/630、およびオペレーティングシステムOS/360の
開発チームを率いた著者が、プロジェクトで発生した問題点を詳細に分析し、
ソフトウェア開発にまつわる困難と展望について持論を展開したエッセイ集。
原著初版(1975年)の刊行から35年がたつ現在でも、大規模開発プロジェクトにおける
ソフトウェア工学の古典として読み継がれ、多くの読者を獲得している。

とくに、「遅れているソフトウェアプロジェクトへの要員追加は、
さらにプロジェクトを遅らせるだけだ」というブルックスの法則は名高い。
開発において「人員×月日」というスケジュール見積もりが適用されている問題を指摘し、
ソフトウェア産業において広くいきわたっている「人月の神話」を明らかにした。

また、刊行20周年記念して発行された増訂版では、発表当時大きな議論を巻き起こした
「銀の弾はない」をはじめとして、初版刊行以降に発表された著者の代表的な論文4編を収録。
各方面から寄せられたさまざまな議論に対して、著者があらためて自身の見解を述べている。

出版社からのコメント

本書は2002年11月に株式会社ピアソン桐原より出版された同名書籍を再出版したものです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 321ページ
  • 出版社: 丸善出版 (2014/4/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4621066080
  • ISBN-13: 978-4621066089
  • 発売日: 2014/4/22
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.5 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,944位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
初版は1975年で、本書は20周年記念増改版の再出版ですが、現在においても本書でかかれている課題が解決にはいたっていないなど、プログラム開発などに携わる方には参考になる書籍かと思います。75年当時はメインフレーム(汎用コンピュータ全盛)の時代で、若干現在の開発スタイルとは異なるところ、古い内容も見受けられますが(それを考慮して20周年記念増改版が発行されたようなものですが)、現在においても思うところのある書籍かと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
最近では「第2章 人月の神話」よりも「第16章 銀の弾などない」の方が、馴染みが深いかもしれない。

原文での出版が1975年、その後1995年版で「第19章『人月の神話』から20年を経て」が追加されたが、それでも20年前である。
本書が書かれた時代は、アジャイルなんてもちろんなく、オブジェクト指向もまだ一般的ではなかった時代だ。

さすがに今日のソフトウェア開発は、状況が違う。(1975年版では10年後までを対象としている)
しかし、依然として多くの点で、共通の問題に悩まされていることは驚きである。

現在と当時を比較し、どこかが改善され、どこが変わっていないのかを考えることに意味がある。
本書は今もなお読むべき名著だ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 間違いなく、私たちの分野における唯一の古典である。もし、この本を読んだことがないのであれば、恥を知ったほうがいい。
 私は、この本を手に取るようソフトウェア開発者に働きかけている。そして、ずっと前に死んだOSの話と、ずっと前に死んだその開発チームの話が、驚くほど今日的な意味を帯びているということに気付くだろう。25年も前に書かれたこの本は、ある重要な論点を大胆に説明している。それは、コンピュータは変わるが、人間は変わらないということだ。
 この古典を読むことが、1000頁もある最近の分厚い専門的な学術書を読むより、よい時間の使い方であることは、間違いないだろう。
(Jeff Atwood『ソフトウェア開発者のための推奨図書』)

以下のサイトで、本書の内容が少し説明されているので、参考にしてください。
https://sites.google.com/site/sicpjp/omake/manmonth
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
末尾の章で最近の状況がフォローされているものの、1975年に書かれたことに起因する、技術的前提における古臭さは否めない。しかし、メタレベルでは、有用な示唆を豊富に含んでいる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告