通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人性論 (中公クラシックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご来店頂きまして有難うございます。こちらの商品はAmazon専用ですので在庫確実です。【商品説明】カバーに薄いスレ有りますが、本文には問題なく概ね良好です。万が一、説明と相違した商品が届いた場合は早急に対応致しますのでご安心してお買い求めください。ご注文確定後、防水梱包して当日又は翌朝に日本郵便のゆうメールにて迅速に発送致します。注)ゆうメールには追跡番号は御座いません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人性論 (中公クラシックス) 単行本 – 2010/7

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,674
¥ 1,674 ¥ 1,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人性論 (中公クラシックス)
  • +
  • モナドロジー・形而上学叙説 (中公クラシックス)
  • +
  • エティカ (中公クラシックス)
総額: ¥5,454
ポイントの合計: 121pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

イギリス古典経験論の掉尾を飾る懐疑的経験論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ヒューム
1711~1776。イギリス古典経験論を代表する哲学者。スコットランド南東部ベリクシャーのナインウェルズ生まれ。エディンバラ大学で古典とともにロックやニュートンの「新しい学問」を学ぶ。哲学や文学への欲求が強くフランスに渡る。『人性論』三篇を著し帰国後に出版。『道徳・政治論集』『人間知性研究』『政治論叢』『イギリス史』などを次々と刊行、思想家としての地位を不動のものとする。その間、エディンバラ、グラスゴー両大学の教授に推されるが、無神論者との世評から選に漏れる

土岐/邦夫
1929年(昭和4年)長崎市生まれ。京都大学文学部哲学科卒。岡山大学教授を経て名誉教授。1999年(平成11年)逝去

小西/嘉四郎
1927年(昭和2年)島根県生まれ。東京大学文学部哲学科卒。関東学院大学教授を経て名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 260ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2010/07)
  • ISBN-10: 412160119X
  • ISBN-13: 978-4121601193
  • 発売日: 2010/07
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 46,148位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
冒頭は哲学者一ノ瀬正樹氏による,因果論の解説と,本書の著者であるヒュームの生きた時代背景を語る24頁。
ぼくのような哲学書を読むことが余り無いものにとっては、この24頁を読むことが,哲学書を読む態勢づくりとなる。
語句はどんな意味で使ってあるのか,論理はどう展開しているのか。斜め読みの癖が付いているので,この冒頭の文でそれを直す。

そして本文に取りかかれば、あら不思議スラスラと、そこまではいかずとも若干の気構えが出来ているので,ずいぶんよ読み易くなっているのである。

人間の知覚に関するヒュームの分類は分かりやすい。
「人間の心に現れるすべての知覚」はふたつに分かれており,ヒュームはひとつを「印象」もうひとつを「観念」と名付ける。
「印象」は「きわめて激しく勢い良く入り込む知覚」で、
「観念」は,嗜好や推論をするときの勢いのない心像」であるとする。
「観念」は「印象」が消えてもこころに残るため「印象」を再現するための装置となり、
人間が既知を記憶し,未知を推論できるのは,すべてこの近くのおかげなのである。

と、このあたりを経験論哲学の立脚点だと思っていいのでしょうか。

そして,今、流行の「正義とは何か」に付いてもヒュームは論考を進めるが、
経験上到達した「正義」はどう定義されるのか,こちらも分かりやすいので,是非本書で……
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キッズレビュー 投稿日 2010/8/17
形式: 単行本
理性万能の西洋思想に懐疑してカントをして理性批判の書を書かせるきっかけになった書なので人間の感覚知覚を離れない内容は分りやすく納得しやすい。のちにドゥルーズを刺激してその詳細なまとめを書かせ、現象学のフッサールもヒュームに影響されているという。訳文は流麗明瞭な名訳です。近頃、興奮した書物の一つ。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
もちろん、ヒュームのこの著作自体は素晴らしいものですが、見出しの通り全訳ではありませんし、それがよく見ないと分からないところにしか書いてないので、星二つです。

どうしてもこのような古典は全訳すると膨大な量になりますが、どこも大事で、どこを削ってもどっかしらから文句が来るので、おそらくやむを得なかったのでしょう。
しかし、全訳ではないと知ってから買う方がいいと思います
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
カントがゴシックの堂々たる伽藍とすると、ヒュームはひとり籠って裸になれるチャペルのような気取らぬ雰囲気。
人が生まれながらに持っていて、自然に探求に向かう「知性」「情念」「道徳」を論じる。まさしくHuman Natureを論じた書。
「数学の証明を見出した時でも、人から認められ、同意や賞賛を得られれば確信が高まる」といった、人情の機微まで正直に書く態度や、誠実だから懐疑をつねに懐く、という姿勢に大いに共感した。
末尾の「原始契約について」も実際的な判断という意味で著者の態度に同調する。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告