この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人形はこたつで推理する (カドカワノベルズ) 新書 – 1990/8

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ポイントアップキャンペーンに事前登録しよう
2018/2/28 18時からのAmazonタイムセール祭りで、合計5,000円(税込)以上のお買物でポイントアップチャンス。 獲得条件をチェックして事前登録する。

商品の説明

内容紹介

異色の人形探偵が難事件を次々解決。
人形探偵が大活躍する青春ユーモアミステリー。
風変わりな腹話術師が操る人形の名は鞠小路鞠夫(まりこうじまりお)──彼って実は名探偵なのです!

鞠小路鞠夫──私が密かに思いを寄せる内気な腹話術師・朝永嘉夫(ともながよしお)が操る人形の名前です。出会ったのは幼稚園のクリスマス会。園で飼っている兎が死んだ事件を見事な推理で解決してくれました。そう、「彼」は実は頭脳明晰な名探偵だったのです。異色の人形探偵コンビが大活躍する青春ユーモア・ミステリー!

--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

鞠小路鞠夫―これは、私が密かに慕う内気な腹話術師・朝永嘉夫の操る人形の名前。この鞠夫、嘉夫と同一人物のはずなのに,性格は正反対。嘉夫の考えもしないことを、すらすらと言ってのける。もちろん嘉夫の手に操られてのことではあるが…。私、おむつこと妹尾睦月が初めてこの2人?に出会ったのは、私が勤めるめぐみ幼稚園のクリスクス会でのことだった。嘉夫が会の余興に出演したのである…その数日後、園で飼っているうさぎが死んだ。さらに次々と不思議な事が―そこで、嘉夫、じゃなくて鞠夫の登場、実は人形鞠夫は名探偵だったのです。新本格ミステリーの旗手が初めて挑むユーモアミステリー。


登録情報

  • 新書: 237ページ
  • 出版社: 角川書店 (1990/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047822019
  • ISBN-13: 978-4047822016
  • 発売日: 1990/08
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,741,982位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

2013年11月11日
形式: 文庫
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年9月12日
形式: 文庫
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2004年12月30日
形式: 文庫
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2002年1月19日
形式: 文庫
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告