¥ 1,922
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人工知能を超える人間の強みとは がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人工知能を超える人間の強みとは 単行本(ソフトカバー) – 2017/3/15

5つ星のうち 5.0 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,922
¥ 1,922 ¥ 2,882

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人工知能を超える人間の強みとは
  • +
  • 人工知能の核心 (NHK出版新書)
総額: ¥2,764
ポイントの合計: 57pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

人工知能の進化で人間の価値が見直しを迫られているが、人工知能が常に正しい意思決定をできるとはかぎらない。
では、単純な脅威論に踊らされず、正視眼で人工知能の限界を見極め、対処していくにはどうすればいいか?

世界的認知心理学者ゲイリー・クライン博士に師事する唯一の日本人研究者が、人工知能と人間の直観を比較しながら、人間の可能性とその引き出し方、これからの社会や教育のあり方を示す。

内容(「BOOK」データベースより)

人工知能が単純作業から高度な知的作業までこなせるようになり、これまでの人間の価値が見直しを迫られている。かといって、人間が直面するあらゆる繊細な問題を解決するうえで、人工知能が常に正しい判断と意思決定ができるとはかぎらない。正視眼で人工知能の可能性を見極めるにはどうすればいいか?人間の可能性を引き出すためには、何をすべきか?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 336ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2017/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477418795X
  • ISBN-13: 978-4774187952
  • 発売日: 2017/3/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,186位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
11
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(11)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
人工知能(AI)についての本は数多くありますが、明らかに本書は他の本とは一線を画す内容だと思います。
多くのAI本は、AIの優秀性や脅威論を強調したものばかりですが、本書ではAIの強みと弱みを人間の直観と比較することで明確にしています。
直観とは何か?をわかりやすく説明した本も殆どなく、認知科学的にきちんと直観を定義した上でAIのディープラーニングと比較検証
しています。

直観とAIの優劣についても、公平な視点で論じられていると思います。
著者は直観の弱みや盲点についてもしっかりと把握しており、AIはそうした直観の欠点を補う存在だというのです。
逆に、AIの欠点を補うのが人間の直観だというのは納得がいきます。  直観が総合的思考で定性的評価な性質を持ち、人工知能が分析的思考で定量的評価な性質を持つという事から著者の指摘は同意できます。

第4章の「直観を高める6つの認知科学的トレーニング方法」や第5章の「直観を高める8つのコツ」は、誰にでも、どの職業や分野の人にでも
実践できるものです。  仮に人工知能にそれほど興味がなくても、どうやって直観を高めることができるのかを知りたい読者は、この二つの章を読むだけでも参考になると思います。

第7章の「人工知能時代の教育
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書はまさに『直観』対『人工知能』の対決本といえる。
人間の仕事が人工知能に奪われると囁かれる今日、私たちは何をしなくては
ならないのか。その明確な答えが本書にはある。著者は、『直観』こそが、
人工知能が入り込めない人間ならではの能力であると断言している。
その論理的根拠も実に分かりやすく書かれている。欧米では、もはや
人工知能の限界は多くの専門家たちが認めている事実ではあるが、人工知能の
限界という根拠を直観と対比させ、一般の私たちにも分かりやすく説明された
書は『人工知能を超える人間の強みとは』が初めてであろう。
読み応えのある一冊である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
人工の知能についての本は多いが、人間の直感と真正面から衝突させて比較検証したのは本書が初めて。直感のメカニズムと性質についてわかりやすく解説されてありその上で人工知能と人間の能力の違いについて考察されている。
人間には多種多様な能力があり、直感は臨機応変に必死な能力を引き出すものだとわかる。
そう考えると、人工知能の能力は実に偏っていて完全に人間を超える事ができない。
また、本書では直感を高めるトレーニング方法やコツなどの話はとても参考になった。
人工知能は私たちの教育も大きく変える可能性があり、人間がどのように付き合うべきかについても著者の考え方に同意する。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
人工知能や直観の心理学などについて何も知りませんでしたが、本書ではそうした専門外の読者でもわかるように説明してあります。
直観という観点から、人工知能にも意外な弱点があること、何よりもこれから私たちがどうやって
直観を磨き、人生を生き抜くべきなのかについても論じられてあります。
アカデミックでありながら、どこか読者を励まそうとする作者の心暖かさが感じられる一冊でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
トレーナーという仕事柄、直観の大切さはわかっていましたが、この本で直観のメカニズムや鍛え方などを学ぶことができました。
あきらかに人間の直観はAIのディープラーニングとは異なるもので、今流行りのAI万能論に一石を投じる著作だと思います。
また、著者の教育論にも共感できる。
読んでほしいオススメの一冊です!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
緊急医療の看護師として、仕事柄、直観の大切さは身をもって認識していました。しかし、「直観がどのようなものなのか」「どうやって鍛えることができるのか」などについてはよくわかっていませんでした。本書は私のそうした疑問に応えてくれました。
人工知能は医療分野にも介入してきていますが、決して万能なものではないこともよくわかりました。特に、直観と人工知能の思考の違い、学習の違いなどの説明はわかりやすかったです。心理学や人工知能の知識が全くない人でも本書を読めば理解できると思いました。
また、本来、人工知能は人間の作業や仕事の負担を軽減し、効率化をはかるために開発されているはずです。しかし、人工知能中心主義的な開発はかえって新しい問題を生じさせるという指摘も正しいと思いました。目先の合理性や効率化をはかるということは全体からすれば不合理で非効率的なことをしているかもしれない、と本書を通し感じました
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー