通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先に... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ダストカバーに小さな汚れ/摩耗. ダストカバーに小さなしわ、または折り曲げ. 表紙に小さな汚れ/摩耗. 表紙に小さなしわ、または折り曲げ. 裏表紙に小さな汚れ/摩耗. 裏表紙に小さなしわ、または折り曲げ. ページ部分に小さな汚れ/摩耗. ページ部分に小さなしわ、または折り曲げ. Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書) 単行本 – 2015/3/11

5つ星のうち 4.5 225件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 998

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
  • +
  • AI経営で会社は甦る
  • +
  • グーグルに学ぶディープラーニング
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 154pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

いま、将棋やクイズ番組など「人工知能vs人間」の戦いがあちこちで起こっている。
2014年の英オックスフォード大学の研究報告では、今後10年から20年ほどで、
人工知能を含むITの進化の影響によって、米国の702の職業のうち約半分が
失われる可能性があると述べている。

最先端の人工知能技術「ディープラーニング」をめぐっては、グーグルやフェイスブックなどが
数百億円規模の激しい投資・人材獲得合戦を展開。
一方で、宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士や、実業家のイーロン・マスク、
ビル・ゲイツなどが、「人工知能は人類を滅ぼすのではないか」との懸念を相次いで表明した。

そのテクノロジーは、ヒトを超える存在を生み出すのか。
人間の仕事を、人類の価値を奪うのか。

▼ トップクラスの研究者が解きほぐす、「人工知能」の過去・現在・未来

ディープラーニングの特徴をひと言で言えば、コンピュータが人間のように
「気づき」を得るしくみのこと。
これまで「人工知能」と呼ばれていたものは、たとえ同じ計算を10万回やっても、
1回目と10万回目のやり方は基本的に同じで、「もっと早く計算できる方法」に
自ら気づけない。
コンピュータの計算能力は飛躍的に上がったが、それは根本解決ではないのだ。
しかし、その状況がディープラーニングによって革命的に変わる。

本書では、人工知能学会で編集委員長・倫理委員長なども歴任、日本トップクラスの
研究者の著者が、これまで人工知能研究が経てきた歴史的な試行錯誤を丁寧にたどり、
その未来像や起きうる問題までを指摘。
情報工学・電子工学や脳科学はもちろん、ウェブや哲学などの知見も盛り込み、
「いま人工知能ができること、できないこと、これからできるようになること」
をわかりやすく解説する。

なお、本書カバーには、ロボットと人間の共生を描いたアニメーション『イヴの時間』より、
ヒロインのアンドロイド「サミィ」のイラストを特別にお借りして掲載している。

内容(「BOOK」データベースより)

人類の希望か、あるいは大いなる危機なのか?「人間のように考えるコンピュータ」の実現へ、いま、劇的な進展が訪れようとしている。知能とは何か、人間とは何か。トップクラスの人工知能学者が語る、知的興奮に満ちた一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 263ページ
  • 出版社: KADOKAWA/中経出版 (2015/3/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4040800206
  • ISBN-13: 978-4040800202
  • 発売日: 2015/3/11
  • 梱包サイズ: 18.5 x 13.1 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 225件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 573位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
素人でも充分理解できると思う。
この分野を志す高校生なども読む価値がある。
内容がやや古い(正確に言うなら執筆後に進展があった出来事に触れられていない)がそれは当然のことだし、本書の内容について本質的には問題ない
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Kindle で最初から最後まで読んだ初めての本。これまではつまみ食い的な読み方ばかりだったが、最後まで楽しく読めた。解説書というよりは、筆者の人工知能の研究歴とともに、いまの人工知能の現状をなぞる、という趣である。

人工知能と深層学習のよいまとめになっていて、内容はお勧めできる。自分は人工知能分野の研究者なので、ときどき挟まれる筆者の思い出話やいまのブームに対する気持ちを読んでいておもしろかった。

自然言語のように動的な構造を持つ対象が、(特徴)表現学習という枠組みだけで捉えられるのかは疑問であるが、word2vec のような表現学習手法が言語処理においてもブレイクスルーであったことに疑いはなく、表現学習の重要性を理解するための好著である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
非常にわかりやすく纏まっており、何も予備知識のない私でも人工知能の過去・現在・未来を少し理解することができました。
人工知能の入門編としてはとても良い本だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今年4月から子供が通う大学から参考資料として紹介があったので購入。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
大変面白く読み切ることができた。
メディア報道では人間の職を奪うかもしれないという脅威として描かれがちな人工知能について、フロントランナーとして緻密な過去の概観と現状を示している。
単なる脅威としてでなく、人間×人工知能で未来がどうなるかを考えてほしいという情熱がひしひしと伝わる。
自分もそうだったが、人工知能初心者にこそ読んでほしい!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今話題の「AI(人工知能)」や「ディープ・ラーニング」と呼ばれているものの歴史や現状におけるできることとできないこと、そして未来の可能性について簡潔に整理された良書。プログラミングの知識が無くても理解しやすいよう様々な例を取り上げて工夫された説明がなされており、まさに「AIに関する入門書」として適切な一冊だと思います。以下に、メモ程度に内容をまとめます。

著者の表現を借りれば、「AI(人工知能)」とは「入力に応じて適切な出力を行うプログラム」、別の言い方をすれば「環境に応じて行動を変え、それによって自分の生存確率を向上させるプログラム」と言えます。ただし現状ではまだAIは発展段階にあるため、実際には以下の4つのレベルに分類できるそうです。

レベル1:単純な制御プログラム(例:ルンバ)
レベル2:入力に対する出力パターンが比較的多いもの(例:Siri)
レベル3:データを基にした機械学習により入力に対する出力が変化するもの(例:検索エンジン)
レベル4:データを評価するための変数(作中では「特徴量」と呼ばれる)を自ら学習するもの(最新の将棋ソフト)

一般的に、人間が機械よりも得意とされるものは「世界から特徴を取り出すこと」だと言われています。例えば猫の画像を見せてそれを猫と認識するためには
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最近流行りのディープラーニングを含め、人工知能という認識の定義から入り、各手法の基本構造、メリットデメリット等の具体的な部分に至るまで専門用語を使わずに自然な読み物として理解できます。
誰でも理解できて、人生に役立てることのできる良い書籍だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
広範囲に渡った考察はそれなりに評価できるがもう少し深く刺さってほしい
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
すでに内容的に古くなっている感があるけど、いまやたらと目につくAIについて、その社会的インパクトを知るにはいい本
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
漠然としていて解りずらかったAIの仕組みを、進化の過程から解りやすく解説していて、とても参考になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー