通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人工知能はなぜ未来を変えるのか (中経の文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー有り。カバー・中身共に痛み等もなく、全体的に綺麗です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

人工知能はなぜ未来を変えるのか (中経の文庫) 文庫 – 2016/7/14

5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 339

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人工知能はなぜ未来を変えるのか (中経の文庫)
  • +
  • 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
  • +
  • 人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)
総額: ¥3,067
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

〜政治・経済・教育・医療・労働――「常識」が一変する、人工知能社会への展望〜
「人工知能」の急激な進歩により、私たちの生活はいよいよこれから劇的に変化していく。
人工知能が人間を超えたとき、起こりうる未来とはいったいどんなものなのか!?
東大・松尾豊准教授が、ビジネス戦略家・塩野誠氏の率直かつ鋭い質問に対談形式で答えながら、未来の可能性を語っていく一冊。
◎本書は、単行本『東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」』を改題・加筆の上、文庫化したものです。

内容(「BOOK」データベースより)

「人工知能」の急激な技術進歩により、政治、経済、教育、医療、労働をはじめ、我々の生活は今後、劇的に変化すると言われる。本書は、“常識”を一変させる人工知能社会への将来的展望について、人工知能学の権威が、気鋭のビジネス戦略家の率直な疑問に、対談形式で誰にでもわかりやすく答えていく一冊。ロングセラーの「人工知能」入門書、待望の文庫化!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 294ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2016/7/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4046017031
  • ISBN-13: 978-4046017031
  • 発売日: 2016/7/14
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 124,731位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
一言でまとめると値段相応の本だった。内容としては薄く、まさしく雑談を本にしたような感をもった。さらっと読めてしまい、身についたことや新たな気づき、感銘などはあまりうけかった。ただ、2人とも学者、コンサルタントであるがゆえ勉強は良くしており、本の内容よりも注釈をつけたキーワード、またその解釈、説明のほうが自分には参考になった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 本著の元になった対談が成されたのは2014年5月と言うことで、当時の最新の話題であっても2年以上の時間が経っております。2年前にこの話が読めたなら、もっと評価が高いのですが、ディープラーニングや電王戦など2014年以降の人工知能の発展が著しいと言うこともあり、やはり物足りない内容であると言わざるを得ない。文庫本になるにあたって、もう少しあとがきで最新の人工知能の話題を多目に書いてほしかった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
株価予測みたいな身近なところから、司法や国家の在り方のような大きなところまで、人工知能が社会にどんな影響を与えうるかについて、AI専門の松尾先生とコンサルタントの塩野さんがゆるゆると雑談する本。個人的には、衝撃的というのとは少し違う印象を持ちました。むしろお茶の間感覚で、いやー、怖いよね、すごいよね、でも人間の知能もまだ捨てたもんじゃないかもね、などと楽しみながら読める本です。社会的影響と言っても、経済やビジネス中心になっていて、軍事や犯罪利用などの話題に触れていないせいかもしれません。

雑談をまとめているので、詳細で正確な情報を知りたいという人には向いていません。例えば、プロローグで語られる「人工知能の定義」についての答えは、「賢いことをやっているように見える、コンピューターのプログラム」といった具合。対談という性質上、データの提示が入れられませんので、一つ一つ深堀りせずに、何となく広く浅く、話題が流れていきます。

また、最近出版された本ではありますが、中身は2年前に行われた対談集を編集したもので、やや古い印象です。アルファー碁の勝利とか、星新一賞への人工知能作家の一次審査通過など、話題の出来事が「起きる前」の対談だからなのか?いや、それだけではなさそう。と思ったら、文庫版あとがきで、松尾先生自身が「現在の人工知能ブームはデジタル革命と
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tchan 投稿日 2016/10/29
形式: 文庫 Amazonで購入
AI人気に乗じて出版された本といった感じがした。以前松尾氏のこの分野の本を読んだことがあるが、それ以上のものではなかった。
目新しい視点はなかったということ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告