通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人工知能の核心 (NHK出版新書 511) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 京美堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。中古品のため多少の使用感はありますが概ね良好です。アルコールクリーニング済み。迅速にお届け致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人工知能の核心 (NHK出版新書 511) 新書 – 2017/3/8

5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 558

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人工知能の核心 (NHK出版新書 511)
  • +
  • 僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書)
総額: ¥1,598
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人間にしかできないことは何か

二〇一六年三月、人工知能の囲碁プログラム「アルファ碁」が世界ランクの棋士を破った。羽生善治は、その勝利の要因を、「人工知能が、人間と同じ“引き算"の思考を始めた」とする。もはや人間は人工知能に勝てないのか。しかし、そもそも勝たなくてはいけないのか─。NHKスペシャル『天使か悪魔か─』の取材をもとに、その先を描く。天才棋士が人工知能と真正面から向き合い、その核心に迫る、“人工知能本"の決定版。

内容(「BOOK」データベースより)

二〇一六年三月、人工知能の囲碁プログラム「アルファ碁」が世界ランクの棋士を破った。羽生善治は、その勝利の要因を、「人工知能が、人間と同じ“引き算”の思考を始めた」とする。もはや人間は人工知能に勝てないのか。しかし、そもそも勝たなくてはいけないのか―。天才棋士が人工知能と真正面から向き合い、その核心に迫る、“人工知能本”の決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: NHK出版 (2017/3/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140885114
  • ISBN-13: 978-4140885116
  • 発売日: 2017/3/8
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,159位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
「人工知能に並々ならぬ関心を抱いている」という天才棋士・羽生善治。その羽生が世界各地を旅して人工知能に対する思索を深めるというNHKスペシャルが作られた。本書はそのメイキングというよりも、その取材を通じて羽生自身が考えたこと、感じたことをまとめた各章に、NHKディレクターによる補足説明が加えられているという作りになっている。

人工知能が我々の仕事を奪い、社会を変えていくと言われる中、人工知能との闘い(?)の最前線に立つ職業の1つがプロ棋士だ。その一員、しかも最も優れた知性を持つ人間の1人である羽生は、人工知能のプラス面とマイナス面を最も肌で感じている人類の1人であろう。羽生を引っ張り出したことがこの本の最大の功績であると言ってよい。

第1章「人工知能が人間に追いついた−『引き算』の思考」では、最新の人工知能、取り分け、チェスや囲碁、将棋で人間を打ち負かすようにまでなった人工知能の仕組みについて、生身の人間である棋士の思考法と比較する。

近年の人工知能の急速な発展に大きく寄与しているのがディープラーニングだが、このディープラーニングについて、羽生が最も注目しているのは、「誤差逆伝播法」という、間違った答えを出してくる神経細胞をうまく間引いてくれる手法だ。羽生はこれまで、折に触れて、「無駄な情報を扱うことを減らす『引き算
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 いと トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/3/17
形式: 新書
2016年5月15日に将棋の羽生善治氏が人工知能について語るというNHKスペシャルが放映されたが
これはその時の取材を基に、
羽生氏が人工知能の現在のさまざまなテーマや問題点にコメントして章立てし、
各章ごとに当時の番組ディレクター氏が解説レポートを補う、という形で一冊にしたもの。

1996年ごろの段階で、多くのプロ将棋棋士は「コンピューターがプロに勝つ日は来ない」と考えていたが
羽生氏は来ると予想、それどころか、2015年がその時期だと正確に予想していた。
番組で羽生氏がこのテーマに起用されたのはそういった理由もある。

本中のテーマは人工知能が発展した要因、ディープラーニング、汎用性、プロ棋士から見た違和感、
棋士の直観と読みと大局観、美意識、水平線効果、人工知能は接待ができるか、
ロボットの倫理、時間の概念、フレーム問題、人間の人工知能とのつき合い方、など

羽生氏がこのような本を著すのは珍しいので貴重な一冊。
羽生氏の解説は丁寧語なので読みやすい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 本書の著者に「羽生善治」とあったが、NHKスペシャルの書籍化とのことなので、良くあるように大部分を番組のエッセンスの記述が占め間に羽生氏のコメントを挟む体裁の本かと思っていた。しかし実際に読んでみると、各章の章末にNHKスペシャルの担当者が10ページ前後の解説を「レポート」という形で書いている以外はすべて羽生氏の書いた(あるいは語った)文章であり、まずそのことに驚かされた。

 また内容的にも非常に面白く、あっという間に読み終えてしまった。羽生氏は、現在のようなブームが起きるかなり前から人工知能に並々ならぬ興味を抱いていたようで、NHKスペシャルの取材に同行して人工知能開発者や専門家の話を聞くことで、人工知能開発の方向性や課題を正確に理解し、貪欲に吸収し、自らの考察を深めていったことが本書を通して読むと良く理解できる。もちろん氏は人工知能やその周辺の学問の専門家ではないが、専門家が書いた人工知能に関する本の記述と比較しても、人工知能とヒトの知能との違いや、今後人工知能が社会に普及していく際の問題点などを正確に把握している。また非専門家であるがゆえに、人工知能に関する技術や専門的な概念を羽生氏なりの喩えを使って説明していて、人工知能の本質や問題点等をまずは把握したいという人にとっても大変適した本ではないかと思われる。

 世間では囲碁や将棋の
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
羽生善治氏のインタビューや書籍を拝見する度に思うのが、
表現の仕方が極めて明確で簡潔で、しかも人間味があることだ。

タイトルに書いた「人類最高級の知性」は大げさに思われるかもしれないが、
本作品や元になったNHKの特番などをご覧になれば、
決して大げさではないとわかっていただけると思う。

その羽生さんが、世界最先端の人工知能を知る。
というか、将棋の世界は人工知能(に似たプログラム)が大流行しており、
棋力は羽生さんを遥かに上回るとまで言われているので、
今回の作品以前から、人工知能的な存在は身を持ってご存知なのだ。
※羽生さんが将棋プログラムに勝てる確率は0.1%と言われている。

今回の作品では将棋プログラムだけでなく、
より困難と言われている囲碁プログラムの作者、
人間の感情を模擬したプログラムの作者と対面されている。

羽生さんも理解されているように、ゲームをする人工知能プログラムは
人間の知的な可能性を引き出し引き上げるトレーニングパートナーだ。
勝ち負けの先にある未来(つまり協働)こそが、本作品の核心なのだろう。

羽生さんは人工知能の可能性と限界をどのように
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告