現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

人工知能のアポロ計画始動、加速するAI開発 [DVD]


仕様
価格
新品 中古品
DVD 通常版

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • 出演: 宮本 和明
  • 形式:
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 新社会システム総合研究所
  • 発売日 2016/07/11
  • 時間: 137 分
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • ASIN: B01N6RUXO5
  • JAN: 4562378551172
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Google DeepMindはAlphaGoで囲碁世界チャンピオンを破った。これに先立ちDeepMindは、Atariビデオゲームで人間を遥かに上回る実力を示した。ここにはDeep Reinforcement Learning (深層強化学習) という手法が使われている。この手法は人間が意思決定するメカニズムをアルゴリズムで再現したもの。AlphaGoの成果を携えどこに向かっているのか、Googleの次の手を探る。
米国政府は1億ドルの予算で脳をリバースエンジニアリングして、そのアルゴリズムをコンピュータに応用するプロジェクトを開始。最新のニューロサイエンスの成果をアルゴリズムに応用し、人間のように思考するAIを目指す。本当の意味でのAIの開発が始まった。
Facebookがヒトと会話するAI「会話ボット」を投入した。Facebookの会話ボットは優秀な店員のように振る舞い、消費者と対話しながら商品を販売する。こんなに便利な仕組みがあれば、ウェブサイトでの買い物から足が遠のく。次の産業崩壊はウェブショッピングなのか、日本上陸目前の「会話コマース」を解明する。
今年のGoogleは大きく変わった。Googleは仮想アシスタント機能を搭載した新製品を相次いで発表した。仮想アシスタントとは会話型のAIで、コンシェルジュのように対話しながら生活を手助けする。開発の主軸がAndroidから対話型AIに移った。 Googleは自動運転車を2017年に出荷すると示唆していたが、今ではこれを2019年としている。Googleは自動運車投入に関し慎重なポジションに転じた。この背景には何があるのか、Googleが直面している問題を解析する。
自動運転車の普及は道路や駐車場など都市インフラに大きな影響を及ぼす。道幅は半分になり、駐車場の数は激減する。また、自動運転車の登場で「Crash Economy(交通事故産業)」と呼ばれる一連の産業が大きな影響を受ける。自動運転車時代に備えた都市のあり方を考察する。

1.ヒトの脳を模したアルゴリズム
(1)Reinforcement Learningでヒトの脳に近づく
(2)GoogleがReinforcement Learningに賭ける理由
(3)Googleは囲碁ソフトAlphaGoの成果をどう生かす?
(4)脳をリバースエンジニアリング! 米国政府の威信をかけたAIプロジェクト
2.会話する人工知能
(1)Facebookの会話ボット、「会話コマース」がビジネスを一変
(2)Googleが会話型AIを投入! スマホから人工知能へ大転換
3.自動運転車と生活する
(1)無人走行するクルマはできるのか? Google自動運転車の課題
(2)自動運転車が街の姿を劇的に変える、2020年都市はどうあるべきか

<講師プロフィール> 宮本 和明(みやもと かずあき) 氏
米国 VentureClef社 代表/アナリスト
広島県出身。大阪大学基礎工学部卒業。1980年 富士通に入社。1985年 富士通関連会社Amdahl Corp. (カリフォルニア州サニーベール) に出向し、アメリカでスーパーコンピュータ事業の立ち上げに従事。
2003年3月 富士通を退社し、リサーチ会社VentureClef (カリフォルニア州マウンテンビュー) を設立。アナリストとしてコンピュータ技術の最新動向を追う。シリコンバレーのベンチャー企業にフォーカスし、時代を変える技術の発掘と解析を行う。25年に及ぶアメリカでのキャリアを背景に技術トレンドをレポート。
【著書等】 『人工知能アプリケーション総覧(共著)』(日経BP社)2015。最新技術をブログ「Emerging Technology Review」で発信。
日経新聞に寄稿「宮本和明のシリコンバレー最先端技術報告」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20130326/466162/
日経新聞に寄稿「未来の技術の実験場-シリコンバレー最先端を追う」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140603/561130/


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう