この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 1,297 (48%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,403
Kindle版
¥ 2,700
ハードカバー価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 1,297 (48%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 BUY王
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好な状態です。簡易クリーニングしております。タイトルやこちらに記載のない限り正規品でございます(レンタル落ち等ではありません)。※プロダクトコードやダウンロードコード、予約券、特典等に関しましては保証の対象外となっております。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。経年によるキズ・汚れ等はご了承ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇 単行本 – 2018/4/20

5つ星のうち5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥2,700
¥2,700 ¥2,300

booksPMP

2冊で最大6%(期間限定)、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大6~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇
  • +
  • 人工知能のための哲学塾
  • +
  • 人工知能の作り方 ――「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか
総額: ¥7,970
ポイントの合計: 129pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

「人工知能は欲望を持てるのか?」

人工知能の足場となる西洋哲学を解説した『人工知能のための哲学塾』に続く、待望の第二弾! ゲームAI開発の第一人者・三宅陽一郎氏が、荘子や道元、龍樹、井筒俊彦らの思想から人工知能を探求する一冊です。

今の人工知能に足りないものは何か? 人工知能に欲望を与えるには何が必要なのか? そもそも知能の実体とは何か? 本書はさまざまな角度から、問いを投げかけます。西洋哲学では語られることのない部分、階層構造で示される知能モデルの"果て"に何があるのかをあぶり出し、すべてが存在する世界から”知能が拠って立つ場”を形成しようという試み。人工知能の次なるステージに迫ります。

今の人工知能はいわば解脱した状態なのだ。
その人工知能に、この世界への興味や欲求を持たせたい。
生への執着を築き、この世界で生きる苦しみと喜びを与えたい。
(三宅 陽一郎)

【目次】

人工知能のための哲学塾の遊び方(犬飼 博士)
はじめに
本書の全体像

第零夜 概観
1 はじめに
2 西洋の構成主義、東洋の混沌
3 混沌と知
4 阿頼耶識と人工知能
5 唯識論と世界の立ち上がり方
6 人工知能の歴史と東洋哲学との交面

第一夜 荘子と人工知能の解体
1 荘子の「道」
2 荘子と知の解体
3 知能と身体とイマージュ
4 荘子の知に対する批判の根底
5 道理に則る知性
コラム:荘子の時代、近代、夏目漱石と森鴎外

第二夜 井筒俊彦と内面の人工知能
1 キャラクターAIの知能モデル
2 東洋と西洋をつなぐ井筒の理論
3 井筒俊彦の意識の構造モデル
4 イブン・アラビーの存在論
コラム:井筒ハイウェイと人工知能の未来―井筒俊彦の知的体系―

第三夜 仏教と人工知能
1 時と存在
2 人工知能にとって時間とは
3 エージェントアーキテクチャに流れる時間
4 二つのアーキテクチャ

第四夜 龍樹とインド哲学と人工知能
1 ホメオスタシス(存在)とアポトーシス(行為)
2 龍樹の空の理論
3 持続と身体と精神
4 中観思想と人工知能のアーキテクチャ

第五夜 禅と人工知能
1 禅とは何か
2 人工知能の体験を作る
3 人工知能の禅
コラム:道元、時、ベルクソン

総論 人工知能の夜明け前
解説 言葉が尽き、世界が現れる(大山 匠)

内容(「BOOK」データベースより)

人工知能は欲望を持てるのか?世界は残酷であり、人は弱い。人工知能がその弱さを獲得できたとき、人との新しい関係性を持つことになる。語り尽くせない世界を語ろうとする西洋、最初からそこにある世界を受け入れる東洋。二項対立から、“人工知能を含む世界”を組み上げる。ゲームAI開発の第一人者・三宅陽一郎『人工知能のための哲学塾』に続く、渾身の第二弾!

商品の説明をすべて表示する

出版社より

人工知能のための哲学塾 弱いAI AIアシスタント 人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇
人工知能のための哲学塾 ツールからエージェントへ。弱いAIのデザイン 人工知能時代のインタフェース設計論 AIアシスタントのコア・コンセプト 人工知能時代の意思決定プロセスデザイン 人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇
発売日 2016年8月11日 2017年9月29日 2017年12月24日 2018年4月20日
判型 A5判 A5判 B5判変型 A5判
ページ数 320ページ 288ページ 136ページ 384ページ
定価 本体2,400円+税 本体2,600円+税 本体2,300円+税 本体2,500円+税

登録情報

  • 単行本: 384ページ
  • 出版社: ビー・エヌ・エヌ新社 (2018/4/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4802510802
  • ISBN-13: 978-4802510806
  • 発売日: 2018/4/20
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 232,490位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 3
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

2018年10月22日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月13日
形式: 単行本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月3日
形式: 単行本
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告