通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に若干使用感箇所ありますがその他目立った傷みや汚れ,書き込み等ありません。除菌清掃済みです。アマゾン配送センターに保管してありますので在庫確実にあります。●送料無料にてアマゾン配送センターより発送です。代金引換・コンビニ払い・コンビニ受け取り・お急ぎ便などにも対応しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書) 新書 – 2016/7/21

5つ星のうち 3.9 47件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 466

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)
  • +
  • AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)
  • +
  • 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

人工知能(AI)が目覚しい発展を遂げています。小説を書いたり、囲碁をしたり、日々ニュースを賑わせています。
また、AIを搭載したロボットも活躍しています。pepperは感情を読み取れますし、ダヴィンチは外科手術をこなしますし、iPhoneに搭載されているSiriは道案内もしてくれます。
このまま技術開発が進んでいくとどうなるのか……? 2045年に起こると噂される「シンギュラリティ」より前、2030年には、AIが人間の頭脳に追いついてしまう可能性があるのです。
ホワイトカラー事務職は真っ先に職を奪われます。医者も弁護士も失業の危機に瀕しています。最大で人口の9割が失業する可能性もあると筆者は推計しています。一部の資本家以外の労働者は飢えて死ぬしかないのでしょうか?

AIによって奪われた労働は、BIで補完しよう! マクロ経済学者である筆者はそう訴えます。BIとはベーシックインカムのこと。社会保障をBIに一元化して、子供から大人まで一律の生活保障を支給するという仕組みです。

AIの未来、資本主義の未来、労働の未来、社会保障の未来まで、気鋭の経済学者が語りつくします!

出版社からのコメント

「AIが発達すると、2030年以降には人口の1割しか働かない世界が有り得る――!?」 そんなショッキングな推計をするのが、経済学から見た人工知能研究の第一人者・井上智洋氏です。失業した人類はAIに働いてもらって遊んで暮せるのでしょうか? はたまた、一部の富める人と貧しい労働者との格差が広がる悪夢が訪れるのでしょうか? 今後の経済の未来について、技術の紹介から経済の分析まで、優しい語り口でお答えします。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/7/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166610910
  • ISBN-13: 978-4166610914
  • 発売日: 2016/7/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,627位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
面白く一気に読んだ。自分の子供が働くときの世の中がどうなるのかという関心で購入した。自分の専門から、いろいろ疑問に思うものの、よくまとまっていると思う。最後の「おわりに」は深く考えさせられたという意味で、とても印象深い文章であった。この文章について、妻と話し合ったりもした。最後の「おわりに」に出会えただけも、購入の価値があった。記憶に残る本になりそうです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
労働+機械からAI+機械への変化は今の日常生活では体感できていないです。
静かにでも急速に進んで、ある日ふと目を上げると
すっかり景色が変わっているのかもしれない。
分配の問題はとても大きいと思います。
日本の中だけで解決できるのでしょうか。
深くて考えるのを止めたくなります。
でも誰もが考える必要のあることだと感じます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
なにごとも有用性によって評価される風潮がますます加速されつつある昨今。

たとえば、大学の文系学部は有用ではないなら、取り潰せ!という文科省からのメッセージが出るくらい、ヤバいことになってきている。

AIは労働コストを減らすので有用性が高いのだが、いくところまでいくと、単に労働者が死に絶え、資本家だけの世の中になる(売り手も買い手も資本家)。

そうなると、有用性(役に立つ)という考え方がある種のマジックワードであって、大半の労働者をモチベートさせているが、実際は有用性という考え方が労働者を殺す。

しかし、これも進化論的にいえば、ふつうの話であろう。ネアンデルタール人のように、労働者というホモサピエンスは死に絶え、資本家というホモサピエンスが生き残るだけの話。

AIに投資し開発する流れは誰にも止められないから、これはどうしようもない。労働者も生きさせてくれるのなら、著者が書くようにベーシックインカムのような制度が必要だろうが、資本家がそれを望むのかどうか。

しかしホモサピエンスはしぶといから、元労働者層もゴキブリのように生き残るかもしれない。

あらゆる生産体系を資本家に握られ、経済圏から阻害された元労働者層はほとんど死に絶えるが、一部
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
変化の激しい時代でとかく保守的になりがちですが、
新しい試みの中には面白い未来もあるかもしれないと
読んでいて思いました。
ここ20年の無力なまま変化に飲まれていくだけの
日本でいてはつまらないですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
あと数年で退職する身として自分に関する先々のことを考えるわけだが、そこに、日本の人口動態、AIの進歩、第4次産業革命、財政の持続可能性など様々な条件が加わる。やや持て余していたが、本書を読むことで頭の整理が少し進んだように思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
AIの技術的な話よりも、「AIが普及したら社会はどうなるの?」という話が中心なので、前提知識が無くても楽しめる。
AI、ロボットが発展して人間の仕事を代替するようになるのは自明なんだから、それを「人間の仕事がなくなる!」って嘆くんじゃなくて、「どうやったら人間が生きやすくなるか考えよう!」というのが珍しくて良いなと思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ことに1〜4章に記載された情報は、興味深い。筆者の論が中心というよりは、多々、引用を元に(おそらくは筆者にとって好判断になる材料を中心に)論を整理されている点は少々思想対立としての読み応えがないものの、読みやすさ、わかりやすさの点では申し分ない。過去より経済学者や情報学研究者がどのように考えてきたのか、結果AIの進化によって雇用がどのように侵略されうるのか、という点は、ありえる未来の一つとしては一読に値する説得力がある。

しかし、「だからBIだよね」に至る最終章の論理展開はなんともジェットコースター的で雑。説明もかなり足りない。BI批判者によくありがちな、「高度な価値創出しても報酬面で報われない」という世界に対して高所得層を国外に流出させるだけなのでは、という主張への解は最低でも明記が欲しかったところ。

ただ、「あとがき」に書かれているように、筆者は「本当の幸せとは何なのか」という事を真摯に考えていらっしゃるのだとは思う。(私自身は、ここに書いてある趣旨には賛同しかねるのだが)
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー