通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書) 新書 – 2016/7/21

5つ星のうち 4.0 44件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 564

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)
  • +
  • AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)
  • +
  • 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人工知能(AI)が目覚しい発展を遂げています。小説を書いたり、囲碁をしたり、日々ニュースを賑わせています。
また、AIを搭載したロボットも活躍しています。pepperは感情を読み取れますし、ダヴィンチは外科手術をこなしますし、iPhoneに搭載されているSiriは道案内もしてくれます。
このまま技術開発が進んでいくとどうなるのか……? 2045年に起こると噂される「シンギュラリティ」より前、2030年には、AIが人間の頭脳に追いついてしまう可能性があるのです。
ホワイトカラー事務職は真っ先に職を奪われます。医者も弁護士も失業の危機に瀕しています。最大で人口の9割が失業する可能性もあると筆者は推計しています。一部の資本家以外の労働者は飢えて死ぬしかないのでしょうか?

AIによって奪われた労働は、BIで補完しよう! マクロ経済学者である筆者はそう訴えます。BIとはベーシックインカムのこと。社会保障をBIに一元化して、子供から大人まで一律の生活保障を支給するという仕組みです。

AIの未来、資本主義の未来、労働の未来、社会保障の未来まで、気鋭の経済学者が語りつくします!

出版社からのコメント

「AIが発達すると、2030年以降には人口の1割しか働かない世界が有り得る――!?」 そんなショッキングな推計をするのが、経済学から見た人工知能研究の第一人者・井上智洋氏です。失業した人類はAIに働いてもらって遊んで暮せるのでしょうか? はたまた、一部の富める人と貧しい労働者との格差が広がる悪夢が訪れるのでしょうか? 今後の経済の未来について、技術の紹介から経済の分析まで、優しい語り口でお答えします。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/7/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166610910
  • ISBN-13: 978-4166610914
  • 発売日: 2016/7/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 897位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
シンギュラリティ、人の運命が変わるあまりに大きな出来事。それ故科学的なアプローチの本が大半ですが、本書は波及効果の一つである経済について、どのような変化が予測されるかを述べています。著者は経済学者でありつつ情報処理を修めた特殊な経歴の持ち主で、その洞察は説得力があります。加えてやさしくわかりやすい口調で、すんなりと著者の主張が入ってきます。自分の未来を予測することは困難ですが、大きな流れを知ることで幾分不安が解消されたような・・。おさえておいて損の無い一冊だと思います。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ことに1〜4章に記載された情報は、興味深い。筆者の論が中心というよりは、多々、引用を元に(おそらくは筆者にとって好判断になる材料を中心に)論を整理されている点は少々思想対立としての読み応えがないものの、読みやすさ、わかりやすさの点では申し分ない。過去より経済学者や情報学研究者がどのように考えてきたのか、結果AIの進化によって雇用がどのように侵略されうるのか、という点は、ありえる未来の一つとしては一読に値する説得力がある。

しかし、「だからBIだよね」に至る最終章の論理展開はなんともジェットコースター的で雑。説明もかなり足りない。BI批判者によくありがちな、「高度な価値創出しても報酬面で報われない」という世界に対して高所得層を国外に流出させるだけなのでは、という主張への解は最低でも明記が欲しかったところ。

ただ、「あとがき」に書かれているように、筆者は「本当の幸せとは何なのか」という事を真摯に考えていらっしゃるのだとは思う。(私自身は、ここに書いてある趣旨には賛同しかねるのだが)
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
人工知能により大方の人間が労働する場所が無くなる社会が、もう数十年後に迫っていることをリアルに体得できる本。筆者は人工知能により新たな産業革命が起きるとしているが、資源不足や環境問題がネックになり停滞するように思う。中国、インド、ブラジル等々がアメリカ並みに資源を使い出したらどうなるか。そこに、人工知能の世界的拡散が重なるのである。それは思ったほど生産性も上がらず新たな雇用先も無い、大量に生みだされるのは失業者だけという世界ではなかろうか。著者は、2045年頃には日本の全人口の1割しか労働をしていないだろうという衝撃の予測をしている。

本書で語られる失業問題解決のためのベーシックインカムも、生活保護や失業手当の代替としてなら、失業者を生かさぬよう殺さぬようにする管理の道具にしかならない。いずれにせよ、人工知能によるイノベーションは避けられず、全ての人間は人工知能に有用性を奪われる。人工知能が新自由主義による支配強化の武器にされないよう、市民が主導権を取りながら対応すべきか考えなければならない。人工知能により意図せず賃労働から解放された人間が、実質を伴う自由を得るための原資としてベーシックインカム制度を構築することは出来ないだろうか。その前提として、人工知能の登場により揺らぐ「労働」の意味を改めて考えてみることが必要だ。その材料として、この本を読む意義があるように思う。またマクロ経済における、イノベーションの意義と失業の連関について整理もできる。
1 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
汎用人工知能(AGI)は、昨年あたりから世界で激烈な開発競争になっているわけですが、特定目的人工知能(AI)の進化だけでも人間の仕事は順次機械に置き換わっていくことは間違いありません。そして、このAIの性能向上のスピードは、これから加速が本格化していきます。
いろいろな人の話を聞いてみると、人工知能の技術進化の加速現象について、ピンと来ていない人が多いことに気がつきます。
ある人によると、人工知能は、インターネットの勃興時、1995年ごろ、グーグル、アマゾン、ヤフーなどが会社を設立した頃の状態ということです。
しかし、この見方は甘いと思います。
人工知能は、インターネットが、ビジネスと社会にもたらした変化を遥かに超える変革を起こすことは、間違いありません。
しかも、当時より技術進化の加速度はさらに早いのです。
まだまだ、何十年先だろうなどと、今まで数十年の変化の平均値で、予測していたら、絶対間違えます。
だからこそ、この指数関数的技術の進化を正確に理解できた、個人と企業経営者は、非常に優位になってくることは、明白であるといえるでしょう。
PEZY Computing代表取締役社長齋藤元章さんによると、2018年には、今の100倍から1000倍のエクサスケールのスーパーコンピューターが開発され、人工知能と
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー