¥ 2,376
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人工知能が変える仕事の未来 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

人工知能が変える仕事の未来 単行本(ソフトカバー) – 2016/11/16

5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 2,009

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人工知能が変える仕事の未来
  • +
  • 人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)
  • +
  • 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 249pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

■人工知能(AI)の活用によって、ホワイトカラーの仕事、企業の経営、多様な産業はどう変わっていくのか? 30年以上にわたり、人工知能(AI)の研究に携わり、現在も日々、AI関連の研究・技術開発を続け、昨今、内外のAI事情に通じた著者、通称「ドクター・ノムラン」が、AIの実態、AIにできること、産業、ビジネス、仕事へのインパクトを、最新の知見に「温故知新」の視点を加えつつ、掘り下げて展望します。
■現在のAIブームを支えるディープラーニングの本質をわかりやすく伝えるとともに、知的生産プロセス、IoT、医療・ヘルスケア、監視機能が重要となる様々なサービス、製造業、広告、マーケティング、農林水産業、そして人事、人材マッチングに至るまで、AIをどう活かすことができるのか解説します。
■本書では、著者が研究者の視点、産業応用を目指す技術者の視点に立ち、責任をもって考え抜き、経済社会、法律についても考察を加え、全体に一貫性をもたせるように腐心。シンギュラリティ論に代表される、AIに関する誤った未来予測、悲観論、過剰な期待論を退け、産業・ビジネスから教育、法制度に至るまで、日本が欧米中国に伍して取り組むべきAI開発の課題も展望します。また、一人ひとりがAIに負けない能力を身につけるために何が必要か、明らかにします。
■ディープラーニングがどのようなものか、具体的に、直感的に理解していただくために、カラー図版による解説パートを収録しています。

出版社からのコメント

<本書「はじめに」より>
本書は、ここ数年、毎日のように、人工知能についてのインパクトのあるニュースがいくつも流れる中、人工知能の産業応用について一貫して考えつづけた結論をまとめたものです。その背景には、筆者が1985年以来、職業的にAI、自然言語処理の研究開発に従事し、1993年から1994年にマサチューセッツ工科大学人工知能研究所の客員研究員(Visiting Scientist)として、ノーム・チョムスキー(自然科学としての言語学を創始)、マービン・ミンスキー(人工知能の父)、ジョージ・A・ミラー(認知心理学の開祖、ワードネット[WordNet]プロジェクトを創始)他の薫陶を受けながら脳内の言語知識のモデルを研究した経験、その成果を踏まえて、類似検索の体感精度を改善したり、高精度な文章要約システムを開発したりした経験があります。
本書には数式も、ソフトウェアのソースコードもまったく登場しません。AIの産業応用や、AIが浸透した社会における人間の役割、教育のあり方などに興味、関心をもっておられる方に、必ずや、お役立ていただくことができると思います。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 488ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2016/11/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532320631
  • ISBN-13: 978-4532320638
  • 発売日: 2016/11/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,855位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 全ての章がそれぞれに充実して、しかも読み応えのある内容でした。肝心なところには図解も入っており、親切に解説されています。イロイロと話題になっているニュースの裏側を知ることができ、隠された裏の繋がりを知ることができたことで人工知能の理解に役立ちました。
 「もともと何百、何千種類のAIがある、それぞれ定義すればよい」という一文には心洗われる感じがしました。1対1で定義することなく、広い範囲から考えなくてはAIをとらえることができないという考え方は、AIを学ぼうとする者にとっては新しいアプローチが開けるものです。
 本書を読み進んでいくうちに、人工知能の根幹をなす技術のひとつとしてビッグデータ解析があるということを納得しました。ディープラーニングを構成するために必要となるビッグデータと高機能プロセッサを備えたクラウド環境が必要であることなど、これからAIを学んでいこうとする人間にとって必要な要素が何であるかを示してくれています。
 本腰を入れてAIに取り組んでいこうと考えている人にお勧めです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
難解な技術論に走り過ぎることなく、人工知能が「ビジネス」や「仕事」とどう関わるのかというテーマを深く掘り下げた良質な本です。
流行語大賞にノミネートされる程のブームの真っ只中にある人工知能という概念に関して、現実に即してありのままの姿を、わかりやすい図表などを交えながら懇切丁寧に論じられていらっしゃるところに好感を覚えます。

自然言語処理分野の専門家としてこの分野の研究/ビジネスに長年携われてきた方だからこそ、人工知能を単なるマーケティング用語として利用する方々のセンセーショナルな言論とは一線を画した、味わい深い内容に仕立て上げられているのだとおもいます。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 K トップ1000レビュアー 投稿日 2016/12/31
形式: 単行本(ソフトカバー)
 本書籍は現状の人工知能のレベルと今後の発展について述べられているものです。全15章構成、486ページもの膨大なボリュームがありますが、なるべく分かりやすく説明するために数式やソースコード等は書かれていませんので、興味があれば初心者でも読める内容だと思います。
 読んでいて感じたのは、他の研究者、専門家の書籍よりも地に足がついた内容だと言うことです。おそらく筆者が最も述べたいのは、AI研究者や関連業界の思惑から過度な期待が煽られている事に対して、20数年前の第2次AIブームの時と同じようにAI開発に差し障る可能性があると、研究者でもある筆者は強い危機感を持っていることだと思います。この辺は、他分野でありますが、私も似たような経験(自らの研究分野の進捗と世間からの期待の齟齬)があるので非常に共感が持てるのですが、現役の専門家は、自分がやっている研究分野に対してシビアに見すぎる点があったりするので、現役の専門家の意見=正しい意見とも言いがたい部分があったりします。特に、人工知能待望論者に対する筆者の批判が読んでいて引っかかる部分もあります。
 例えば、生物はそもそも自分の意思では進化せず、突然変異で環境に適応した一部の生物が生き残ることで進化するので、自然淘汰的な方法では人工知能は進化できない(自己複製本能を備え自己評価して何らかの目的、方向を目指して自己改良できる
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
AIが人間の職を奪い、暴走すると世界を破滅させる。新聞やワイドショーのそんな見出しがセンセーショナルに目に飛び込む。不必要に不安を煽られ、感じる必要のない焦燥に踊らされる。本書はそんな風潮に一石を投じ、静かにしかし大きく安堵の波紋を広げる1冊である。

まず、私はAIについてはほぼ素人である。
さらに、本は辞書か?と突っ込みたくなる厚みである。
正直、読み終えることができるだろうかと不安だった。
しかし、実に穏やかで、語りかけるような文体なので、分かりやすい。挙げられる事例も身近にあるものばかりで、「それなら分かる!!」と膝を叩くことしきりであった。
いくつか難解(と素人が感じる)な語句はあるものの、インターネットを利用できる程度の予備知識があれば、なんとか読み切れるのではないかと思う。

筆者は長年AIの開発研究のトップランナーとして活躍し、自然言語についてもその研究に携わった人物である。だから、その語る内容には経験に裏付けられた説得力がある。
AIは人間の暮らしを便利にし、人間が人間らしく人間にしかできない創造的な仕事をし、優しい繋がりを大切にするために使われるべきツールである。人間と対立し、人間から人間らしさを奪うものではない。筆者が考える、人間への愛情に満ちた視線が感じられる名著である。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー