通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人工知能―――機械といかに向き合うか (Harva... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 当店は広島県古書籍組合加盟店です。クリーニングしてお届け。中古品という事をご理解下さい。表紙に若干の使用感はありますが本体はおおむね良好のコンディションです。平日毎日発送いたしております。発送時メールにてお荷物お問い合わせ番号をお知らせします。 ※注 領収書発行希望のお客様は、商品発送前にメールにてご連絡下さい。商品到着後に領収書発行希望の場合は、別途送料をご請求させていただきますのでご了承下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

人工知能―――機械といかに向き合うか (Harvard Business Review) 単行本(ソフトカバー) – 2016/9/30

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/9/30
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,075

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人工知能―――機械といかに向き合うか (Harvard Business Review)
  • +
  • IoTの衝撃―――競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review)
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 104pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』で品切れの人気特集に、関連論文2本を加えて書籍化!
『機械との競争』エリック・ブリニョルフソン、『人工知能は人間を超えるか』松尾豊から、アナリティクス界の第一人者トーマス H.ダベンポート、ヤフー安宅和人まで。世界と日本の知を結集した最先端の論文集。

内容(「BOOK」データベースより)

AIの権威による8本の論文を掲載!世界と日本の知を結集した最先端の論文集。『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』で売り切れの人気特集「人工知能」に関連論文2本を加えた決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2016/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 447810090X
  • ISBN-13: 978-4478100905
  • 発売日: 2016/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 43,266位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 K トップ1000レビュアー 投稿日 2016/11/14
 本書籍は人工知能(以下AI)の権威である研究者や起業家が、それぞれの課題からのAIについて論文形式で掲載されています(第8章についてはインタビュー形式)。ほとんどの論文についてAIが『ビジネスにどう使えるか』が話題にされていますが、第1章と第8章についてはもっとマクロな視点である『ビジネスで使った結果、社会経済がどうなるか』について論述されています。特に、第8章の論文の執筆者であるエリック・ブリニョルフソン、 アンドリュー・マカフィーは『機械との競争』で3年前から機械の高性能化による雇用の喪失について述べているので、AIによる雇用喪失が具体性を増した現在において、より具体性の増した議論が交わされています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
人工知能について知識を増やしたいと思う人には、少し物足りないかも。。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告