通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯あり●
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
10点すべてのイメージを見る

人工知能×ビッグデータが「人事」を変える 単行本 – 2016/1/7

5つ星のうち 2.9 13件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 871
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人工知能×ビッグデータが「人事」を変える
  • +
  • 世界最強人事 グローバル競争で勝つ 日本発・人材マネジメント
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「人事はデータが9割」の時代がやってくる!
人間に代わって人工知能が人材を評価するようになると、
人事・採用・就活の常識はどう変わるのか?
海外の最先端事例を紹介しながら、日本人が「人事革命」を生き残る方法を示す。

【目次】
第1章 人事革命はすでに始まっている
●AI×ビッグデータ時代の採用試験は何を見る?
●勘に頼らない科学的アプローチ
●アメリカではすでに始まっている
●「ビッグデータ」とは何か
●人間の脳のように学習するコンピューター
●取り残されつつある日本の人事
●AIに人間が支配される?
ほか

第2章 AI×ビッグデータ革命とはいったい何なのか
●成長する人工知能
●AIは大学入試に合格できる
●チェスや将棋で名人に勝つAI
●状況に対応して進化し続けるAI
●ニューラルネットワークという考え方
●自然言語処理という分野の発達
●AIがネコの顔を認識できる
ほか

第3章 日本の「人事」はAI×ビッグデータを受け止められるか?
●日本型人事の四つの呪縛
1.制度志向と個別人事の限界
2.組織のベクトルと個人の意思のバランス
3.暗黙知経営とダイバーシティの相克
4.短期的成果主義と本質追求の両立
●人事業務に表れている限界

第4章 アメリカ先進事例レポート
●一流のエンジニアには300倍の価値がある
●グーグルの採用活動
●アメリカの先進ベンチャー企業群
●たった三人からなるできたてベンチャー企業
●詳細な職種とのマッチング度をスコア化
●大学教育:リアルコミュニティ×バーチャル講義
●採用:最高のイノベーション人材とは
ほか

第5章 AI×ビッグデータとこれからの日本組織
●イノベーションを起こし続けなければ生き残れない
●「振り返る力」がない日本の組織
●「安心組織」から「信頼組織」へ
●AI×ビッグデータ時代の人事とは
1.人事戦略:グローバル基準の戦略立案
2.採用:求める人材像の基準化
3.評価:「評判」の重要性
4.異動・配置:職場やメンバーとのマッチング
5.戦略から合理的に落とし込まれた教育・キャリアパス
6.企業文化はビッグデータの宝庫
●AI×ビッグデータ人事を生かす「高質な思い」

第6章 日本の人事革命の展望:「GROW」の試み
●学歴スクリーニングはもう要らない
●GROWと『マネー・ボール』の世界
●採用を科学するとこうなる!
●企業と人材のフィット感
●新しい人材による組織改革

内容(「BOOK」データベースより)

人工知能×ビッグデータの進化が、ついに「人事」の世界にも革命を起こす。就職活動、人事評価、企業の人材戦略…あらゆる分野で人間の主観に頼ってきた旧制度が過去のものとなり、個人の働き方、労働条件もまったく新しいものに変わるだろう。本書は、狭義の「人事」に携わる人のみならず、あらゆるビジネスパーソンに向けた警告と提言の書である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2016/1/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4023314552
  • ISBN-13: 978-4023314559
  • 発売日: 2016/1/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 47,529位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
着眼点はいいが、背伸びしてしまった感が行間からにじみ出ている。
論点のブレ、例示の偏り、etc... 個人のブログレベルを出ていない。

とはいえ、人事のビッグデータ解析は今後のトレンドになるだろうし、
その入門書としての役割はそれなりに果たせるだろう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
情報ソースが既存の書籍や、企業のホームページから得られるものがほとんど。人事の危機感を煽り、最後は自社サービスの宣伝の印象。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
よく聴くバズワードが並んでおり、なんら具体性がなく、学ぶことが少なかったです。
この本は読まなくても良いと思います。

[よかった点]
特になし

[どうかなと思った点]
・本のうち 40% は自社製品の宣伝・・もちろん、自社製品の開発・導入を通して見えてきた生々しい体験/改善ストーリー/実際に導入してHRがこう変わった!などわかればいいのですが、そういう話がなく学ぶことがない。
(最初の30% が良くある AI がらみの記事で書いてあること。次の30%が日本企業の人事制度の批判とUSはこうなっているという伝聞。残りの40% が自社製品の宣伝)

・日本企業の人事制度の分析(単なる批判でしたけど)はいいけど、「じゃあxxという業種であればどういう形にもっていくと良いか?」など具体的な Vision が見えない。この手の批判話であれば、オフィス街で愚痴でも聞いてれば知れる。

・話に具体性がない。良い書籍は、なんらかの経験や体験をもとに「その人だからこそ語れる」知見があるものですが、この本にはそれがない。抽象度の高い話も必要ではありますが、ずっと抽象的なので単調な読み口になっていて、単純に読み物としても面白くない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 本著を読んでいて思ったのは、すごく当たり前のことしか書いてないなと言う感じ。どんなことがかかれているかと言えば、

・AIやビッグデータを使えば経営の合理化ができます
・アメリカは進んでます
・日本は遅れてます

これだけ。そして著者を見て納得したのだが、本を書いている人間は経営のプロであって人工知能のプロではない。本著のような、『経営の合理化』に関する話は20世紀の不況の時代から言われていたことで、はっきり言って目新しくも何ともありません。膝を打つような活用方法もなければ、誰もが気が付かない欠点の指摘があるわけでもありません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
人事データが今後、機械学習や人工知能を用いてどのように活用されるか知りたいと思い手に取った。

事例としては面白いものがあったが、事例自体もあまり詳しく説明がなく、
実際自分でサイトを見て情報収集する必要があった。

足掛かりにいろいろ調べられるという意味では良い本であり、目的の活用事例を知ることができた。

ただ、内容的にはあまり目新しいものがなかったように感じたのが残念だった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
大部分が、人事の課題に関する煽り(既に言い古された内容)と、自社商品の宣伝のコンテンツ。
この本ならではの内容は、視察で得たごく少ないの情報のみ。野心的なタイトルだけに、非常に残念な内容でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Blue man 投稿日 2016/2/29
形式: 単行本 Amazonで購入
思った以上に良かったです。
人事をどのように変革していくか考えていたところなので参考になりました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー