通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
人口減少×デザインーー地域と日本の大問題を、データ... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

人口減少×デザインーー地域と日本の大問題を、データとデザイン思考で考える。 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/2

5つ星のうち 3.7 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,579

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人口減少×デザインーー地域と日本の大問題を、データとデザイン思考で考える。
  • +
  • 稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460)
総額: ¥2,743
ポイントの合計: 83pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

お金がない? 出会いがない? 地方と都市はどう変わる? 人口減少の「事実」と「対策」。
結婚・仕事・住まい・経済など様々な面で私たちに大きく関わる、21世紀の日本を襲う最大の問題「人口減少」。知ってそうで知らないその本質をデザインの力で解き明かし、地域でできるアクションを事例を交えながら提案する。わかりやすいカラー図版を多数掲載。行政・政策関係者や地域活性化に取り組む人はもちろん、日本社会の大問題をきちんと理解しておきたいすべての人に読んでほしい一冊。

21世紀の日本を襲う最大の社会変化であり、だれもが無関係ではいられない「人口減少」。本書は、以下を目的として作られました。

(1)人口減少問題の「本質」を理解する
人口減少は、私たちのライフスタイルから都市計画や経済まで、様々なことに関連する複雑な問題です。本書はデータとデザインの力でその本質を明らかにします。(1~3章)

(2)地域でできる「アクション」を知る
人口減少に対し、身近な地域レベルで何ができるでしょうか。デザイン思考を使ってそれぞれの地域の状況に合った問題解決の指針を示します。(4~5章)

第1章 人口減少への16の疑問とキーデータ・・・日本の人口減少について、疑問に答えるかたちで解説。データを視覚的にわかりやすく表現しており、問題の全体像と原因をすっきりと理解できます。
第2章 人口減少のメカニズム・・・人口は今後どのように推移するのか。どんな要因がどれほど人口減少に影響しているのか。3大要因を挙げて人口減少のメカニズムを明らかにします。
第3章 人口減少要因で見る地方自治体5タイプ・・・地域によって人口減少の状況はさまざま。この章では1,720の自治体を要因別に5つに分類し、それぞれの特徴・要因に合った対策を考えます。
第4章 提言:人口減少問題へのアプローチ・・・日本が、地域が、企業が、個人が、人口減少にどう立ち向かっていくべきか。地域レベルですぐに取り組めるアクションを提言します。事例も多数紹介。対策の効果の試算も行います。
第5章 人口減少問題解決の7ステップ・・・複雑な社会課題の解決に力を発揮する「ソーシャルデザイン」の考え方で人口減少問題の解決に挑むプロセスを紹介します。

内容(「BOOK」データベースより)

人口減少は、私たちのライフスタイルから、都市計画や経済まで、様々なことに関連する複雑な問題です。本書はデータとデザインの力でその本質を明らかにします。人口減少に対し、身近な地域レベルで何ができるでしょうか。デザイン思考を使ってそれぞれの地域の状況に合った問題解決の指針を示します。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: 英治出版 (2015/6/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862762115
  • ISBN-13: 978-4862762115
  • 発売日: 2015/6/2
  • 商品パッケージの寸法: 22.4 x 16.4 x 13 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 67,976位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
「人口減少」という社会的な課題をテーマにしているが、インパクトのある表紙からも感じられる通り、堅苦しくなく、かつ、わかりやすく人口減少問題について学べる本である。
特に、様々なデータ、表、グラフを用いているが、すべて視覚的にわかりやすく、ぱっと見ただけで情報が頭に入ってくる。
まさに、書籍自体でも「デザイン」が意識されている。
しかし、どのように計算をしたか、どのデータを使用したかまで、細かく載っているため、自分で計算することもできるし、応用することもできる。
書籍に記載されていたが、著者が代表を務めるissue+designのホームページに特別ページがあり、そちらも合わせて見てみたが、各自治体の人口減少問題について、書籍同様、視覚的にわかりやすく知ることができるようになっていた。

また、この書籍は、ただ人口減少問題を明らかにし、警鐘をならす啓発本とは一線を画する。
人口減少問題への対策として、どのようなことができるかが、ただの制度面ではなく、具体的に提示されている。
それも、人口減少=悪=対策すべき、というだけで終わらず、最終的には、社会の、地域の人々の、女性の、男性の、子どもの、皆の幸せとは何なのか、そこまで話が及んでいるところが興味深い。
人口減少が問題だ、対策をしろ、こうしろああしろ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
【概要】
(分野)少子高齢化、人口減少、統計学
(頁数)前書&目次8頁 + 本文201頁 + 後書&参考文献5頁
(出版日)2015/6/2

 本書は、人口減少を統計学的な視点から見直し、前半100頁近くを使って人口動態や合計特殊出生率、女性比率、女性既婚率を主要因とし、他にも若者転入者数などの数々のデータをもとに、各地方自治体の将来像を分析しています。

【内容】
 本書では、地方自治体の将来像を「若者さよなら型」「いない産まない型」「産む控え型」「スローペース型」「独身女性たくさん型」というユニークな5種類に分類しています。各分類において代表的な市町村を挙げて、そうした市町村が全体のどれくらいを占めるのか分析しています。
 ただ、この分類の中で最もましな部類である「スローペース型」でも合計特殊出生率は1.7人程度、全自治体の約17%しかありません。一方で、一番悲惨な分類である合計特殊出生率は1.4人弱、若い女性も少なければ全体に占める女性の比率も少ない「いない産まない型」は全自治体の24%を占めており、日本の少子高齢化の深刻さが伝わってきます。

 後半では、本書のもう一つのテーマである「デザイン」という視点から、前半で分析した人口減少の原因をフローチ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
そもそもなぜ人口減少がよくないのか、ということよりも
具体的なシーンを切り取りながら疑問・原因・提言などが、見やすいグラフに置き換えられ表現されている。

情報がリズム良くポン、ポンと頭に入ってくるので、読んでいて楽しかった。きっと人口減少の専門家というより
本当に知りたい人(問題意識をもっている人)が書いている本なだけに、かゆいところに手が届いており気持ちいい
スッキリとした読み心地だった。既に様々なところで公開されている情報が精査され、こうした一冊の本にまとめ
られる、ということがどれだけの価値を持つのかが分かった一冊でもある。それに加え独自の調査も行われており、
それが人口減少と絡められた、また新しい類の見方をした調査で面白かった。

特定の地域にフォーカスした分析や、ある事例を掘り下げての解析など
ただ全体を述べるだけでない、具体的なエピソードがあることでそれが自分ごとのように思えてくる不思議な本です。
情報が淡々と載っているだけのようで、実はそこに読者を優しく引き込む何かがあるように感じます。これ1冊もって
いることで人口減少に関わらず、日本の未来について考えるきっかけになるように思います。おすすめです
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
・第1章では、人口減少に対する疑問とそれに関するデータが、分かりやすい図(これがこの本の見せどころだと思いますが)で示されています。疑問には、例えば「地方から大都市にどのくらい移動しているの?」、「結婚しない人が増えているの?」といった非常に素朴な疑問が提示されており、児童・学生に質問されても、この本に書かれているように説明してあげれば日本全体や各自治体が抱える課題が理解してもらえるだろうと思います。特に私が面白いと感じたのは疑問4「どこの人口が減るの?」で2050年における都道府県別の人口減少率(2010年比)の図・表です。誰が見てもストンと一目で理解できる様に問題点を見せることは非常に困難な作業なので、その点をクリアーしている著者の腕前には感服します。

・第2章は、意外に見落とされるかもしれませんが、データの「再現性」という点でとても大切な手法を教示してくれている章だと感じました。第3章で人口減少に関して抱える課題のタイプ別に自治体が分類されていますが、その布石としてどのように各自治体の人口に関して将来推計をたてるのか、また人口減少の課題を洗い出すのか手法を提示しています。私は定住支援関連の仕事をしているため、自分の自治体が抱える課題を誰でも手に入れることができる、また過去のデータとも検証可能なことが有り難いと感じました。独自に追加調査できるのであれば、第
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック