¥ 2,376
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人体600万年史(上):科学が明かす進化・健康・疾... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人体600万年史(上):科学が明かす進化・健康・疾病 単行本 – 2015/9/18

5つ星のうち 4.8 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,090

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人体600万年史(上):科学が明かす進化・健康・疾病
  • +
  • 人体600万年史(下):科学が明かす進化・健康・疾病
  • +
  • 量子力学で生命の謎を解く
総額: ¥7,344
ポイントの合計: 192pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

クリストファー・マクドゥーガル絶賛
「人体の秘密をダニエル・リーバーマンのように知りつくす者はなく、
リーバーマンのように人体史を流麗に物語ることのできる者はいない」

長沼毅氏(広島大学准教授)推薦
「病のもとは進化と文化のミスマッチ。
それを拡散する現代社会のディスエボリューション(悪しき進化)を
ヒトは克服できるのか、興味はつきない」

非力なヒトはなぜ厳しい自然選択を生き残れたのか。走る能力の意外な重要性とは何か。脂肪が健康を害するなら、なぜヒトの体は脂肪が溜まりやすくできているのか。2型糖尿病など、現代人特有の病はそもそもどうして現れたのか……人類進化の歴史をさかのぼることは、不可解な病がどこから来たのかを教え、ヒトの未来を占うことにもつながる。「裸足で走ることへの回帰」を唱えて名を馳せた進化生物学者リーバーマンが満を持して世に問う、人類進化史の決定版。

内容(「BOOK」データベースより)

非力なヒトはなぜ厳しい自然選択を生き残れたのか。走る能力の意外な重要性とは何か。脂肪が健康を害するなら、なぜヒトの体は脂肪が溜まりやすくできているのか。2型糖尿病など、現代人特有の病はそもそもどうして現れたのか…人類進化の歴史をさかのぼることは、不可解な病がどこから来たのかを教え、ヒトの未来を占うことにもつながる。「裸足で走ることへの回帰」を唱えて名を馳せた進化生物学者リーバーマンが満を持して世に問う、人類進化史の決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 332ページ
  • 出版社: 早川書房 (2015/9/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152095652
  • ISBN-13: 978-4152095657
  • 発売日: 2015/9/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,201位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 A Beer Drinker トップ500レビュアー 投稿日 2015/9/29
形式: 単行本
 ヒトの祖先がチンパンジーやボノボの祖先と枝分かれしたのはいまからおよそ600万年前。それ以降、どんな進化の歴史をたどりながら、わたしたちの身体は現在のこのようなものになったのか。そして、そのように進化という視点から眺めたとき、わたしたちの健康と病気についていったいどんなことがわかるのか。原著のタイトルでもある「人体の物語(The Story of Human Body)」を、著者のダニエル・リーバーマンは丹念に追っていく。
 本書ではまず、ヒトの身体に大きな変化をもたらした、とくに重要な5つの局面が解説されている。その5つとは、(1) 二足歩行(600万年前、初期人類)、(2) 果実離れ(400万年前、アウストラロピテクス)、(3) 狩猟採集(200万年前、ホモ・エレクトス)、(4) 世界各地への拡散(氷河期、旧ホモ属)、(5) 言語や文化の発達(後期旧石器時代、ホモ・サピエンス)である。だがリーバーマンによれば、現在のわたしたちの身体について考えようとするなら、さらにもうふたつの局面に注目する必要がある。すなわち、(6) 農業の開始(およそ600世代前)と、(7) 産業革命(18世紀)という、ふたつの文化的進化がそれである。それらは、「私たちの食べるもの、眠り方、体温調節、人間関係、さらに排便のしかたまでをも、徹底的に変化させた」(上巻42頁)。そして、それらの変化の
...続きを読む ›
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者はハーバード大学の進化生物学の教授で、「人類はなぜ現在のような形となり、現在のような機能を果たしているのか?」を研究テーマとしている。特に「走る能力」を詳しく調べており、現代人の裸足への回帰を唱え、「裸足の教授」として自ら実践しているとのことである。本書は、自らの研究分野をベースに、現在の人類の健康や疾病の起源を人類進化の過程にまで遡るという進化医学がテーマである。近年、井村裕夫著『進化医学からわかる肥満・糖尿病・寿命』(岩波書店2008年刊)のように、医学者も注目している進化医学であるが、本書は進化生物学者が書いた進化医学の本としてユニークである。

内容は、第1部「サルとヒト」、第2部「農業と産業革命」、第3部「過去、現在」となっていて、第2部第7章までが訳書上巻、8章以下が下巻となっている。なお、上・下巻に分かれているのに全体構成がどこにも記されていないのは、やや不親切である。

第1部では、600万年前にサルから分岐した、直立する人類猿というヒトの先祖の誕生から原人類までの進化を辿っている。地球の寒冷化など環境の変動により、最初の人類はサルの生息環境であった熱帯雨林から離れ、サバンナで生活することで二足歩行により食物を捜し歩く種として誕生したと著者は考えている。断片的に出土している化石から、食物が果実中心のサルから、原人類は塊茎な
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
人類がアフリカから全地球上に広まる過程を
進化にともなう体の変化とともに、いかに環境に適合してきたか?
そして農業をはじめとする文明の急激な発達に
人体の進化が伴わずに「ミスマッチ病(糖尿病、近眼、アレルギーなど)」に
苦しむことになったと・・

ざっくりまとめると、そういう事なのですが
進化の過程で類人猿から人類への体の変化の話は
とってもおもしろかったです。
飢餓への対処のために発達した脂肪細胞が
現代の肥満の原因というのはよく聞く話ですが
「高度に加工された食物繊維の少ない食事」が
いかに健康をそこなうものか?
体を動かさない生活が、いかに健康によくないか?

「ちゃんとした食事と適度な運動が健康の秘訣。」という
結論はあたりまえですが、深く納得できる本でした。
炭酸飲料だけでなく、フルーツジュースは健康にはよくない!!(笑)
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 上巻では霊長類としての進化をたどり、どのような優位性が選択されて来て現生人類に至ったかを解説してくれる。翻訳のせいなのか、原文からしてそうなのかは分からないが、非常に平易な文章で読みやすく、理解しやすい。図表はやや少なめな気はするが、当時の霊長類の動作の特徴や、生活の様子など光景が目に浮かぶような活き活きとした記述になっている。
 下巻では「農業にはそれだけの価値があったのか」という驚くような問いかけで始まる。更にその後は産業革命の栄養を人体の代謝量との関係で論じている。この辺りは肥満や疾病との関係で内容が身近なので面白い。特に負荷の重要性を説いている場所は、心身ともにその重要性が納得された。
 「対症療法をとることで、文化と生物学との間の有害なフィードバックループ---ディスエボリューション---がいつまでも解消されないままとなる」
 我々が良かれと思って進んできた結果、身体の仕組みとミスマッチが起きて、不具合につながっているという見解である。
 終章で、本当に適者生存していくための行動指針が示される。結果だけ読むと、凡庸な気はするが、ここまでの説明を読むと納得することしきりだと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー