Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 972

¥ 648の割引 (40%)

ポイント : 9pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[D・カーネギー]の人を動かす 新装版
Kindle App Ad

人を動かす 新装版 Kindle版

5つ星のうち 4.6 526件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 972
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,314 ¥ 289

商品の説明

商品説明

   あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して変わり得ない人間の本質を理解していたからに他ならない。著者の信ずるところによれば、経済的成功の15パーセントは専門的知識から生み出されるが、残りの85パーセントは「考えを表現する能力、リーダーシップをとる能力、そして人々の熱意を引き出す能力」によるものとなる。人と接する際の基本的な原則を基に、自分が重要視され、評価されていると相手に感じさせるようなスキルを教示する。また、操られていると相手に感じさせないようにしながらつき合う基本的な手法にも重点を置いている。カーネギーは、誰かに自分が望むことをさせるには、状況を一度自分以外の視点に立って観察し、「他人の中に強い欲望を喚起させる」ことで可能になると述べる。更に本書を通じて、相手に好かれる方法、自分の考え方に相手を引き込む方法、相手の感情を害することなく、あるいは恨みを買うことなくその人の考え方を変える方法を学ぶことができる。例えば、「他人にその考えが自分のものだと感じさせる」方法、そして「まず自分の失敗について語ってから他人を批判する」方法などである。また、歴史上の人物、産業界のリーダー、そして市井の人々の逸話を交えながら、著者の論点が分かりやすく解説されている。(Joan Price, Amazon.com)

内容紹介

人を動かし、人に好かれる心理の機微を具体的に指導することにおいて、類書を断然抜き読む者に迫る本書は、年齢、職業を問わず、対人関係に光明を与えてくれる感動の書である。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3904 KB
  • 紙の本の長さ: 346 ページ
  • 出版社: 創元社 (1999/10/20)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00UBSPBPA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 526件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,453位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
アメリカが舞台になっているので日本的な表現とはいえず、解りにくい表現もあります。
しかし、大切な部分はきちんと伝わるように書かれています。
人との接し方や、人間関係について悩んでいる方は、「人間ってそんなもんなんや」
と笑って読んでいただくのがいいと思います。。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
なかなか威圧的にできない自分は、この本を読んで、それでよかったんだ、と思えることができたのが、よかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DAIRIN 投稿日 2017/6/8
形式: 単行本 Amazonで購入
我が人生における大切な本です。月1回は読んでおきたいですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
漫画も買って読みました。
活字好きな人には向いてると思いますが
活字が嫌いな人は漫画の方がいいかもしれませんね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
原理原則を確認するのには最適
人生において役に立つ本だと思います
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
自社の会社役員に勧められて読んでみました。

さまざまな本で言われていた「人間として成長するために必要な要素」が、
この1冊にたくさん書かれていました。

人格が形成されていく二十歳までの若者に、ぜひ読んでもらいたいです。
内容は難しいかもしれないけど、社長などになるような人は、
必ずと言っていいほど身に着けている行動指針が書かれています。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
自己啓発本としては云わずと知れた名著であり、社会人としての在り方についてエピソードトークを交えて説いている。
この手の本には結局どうすればよいのか分からないまま終わって、気持が元気になっただけという本が多い中、この本はその道しるべを明確に我々に示してくれている。ぜひ、自己啓発の一冊目に読んでいただきたい。これのマンガ版もあるのでそっちもお勧めです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 研鑽 VINE メンバー 投稿日 2009/9/11
形式: 単行本 Amazonで購入
本書の中で、印象に残った箇所を挙げるとするならば、それは

「では君に、そのわけを説明しよう」という前置きは禁物で、
それは「私は君より頭がいい。よく言い聞かせて君の考えを
変えてやろう」と言っているようなものだ。

というところでした。
自身を振り返ると、このような感じで話すことが多いです。
でも、逆の立場で考えると、確かにそうですよね。気分良くないです。

反省と同時に勉強になりました。ありがとう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
これは好き好きですね。なるほど、と思うことばかりですが読んで実践する当人にその器がないと、当人が潰れてしまいそうですね。
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
大学2年生の時、同級生の内山君が、保険会社の人事部長を務める父親の薦めで
この本を読んだ、と自慢げに私に話してくれました。
それが、私がこの本を初めて知るきっかけでした。

あれから約20年。
いつか読んでみたいと思っていましたが、漸くこの本を読むことが出来ました。

読んでいくと、「なるほど。そうだよな。」「昔の上司も同じ事を言っていたな。」
とか、共感できることが多く、また今の自分の言動について考えさせられることが
ありました。

昔の上司は、人を動かすには、自ら欲して動くようにすることが重要だと説いて
いました。
「喉の渇いていない牛に無理やり水を飲ませようとしても全く動かないが、喉が
 渇けば自ら水を飲む。
 人間もこれと同じで、自らそれをやりたいと思わせることが必要である。
 そして自ら考え行動する「自走型社員」を育成することが、会社には必要だ。」

もし、学生の頃にこの本を読んでいたら、今のような共感・気付きはあまりなかった
と思います。私の場合、今だからよく理解できたと思いました。

いつか、自分の息子にも読ませたい1冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover