中古品
¥ 1,044
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。多少のキズ、微ヨレ、微ヨゴレがございますが、本文は綺麗な状態です。書き込みなどは見当たりませんでした。除菌後、クリスタルパックにて梱包、迅速丁寧に発送させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

人を動かす[超]書き方トレーニング 劇的な成果が手に入る驚異の作文術 単行本 – 2011/11/16

5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,044

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

あなたの「書き方」が、人を動かす!

『人を動かす[超]話し方トレーニング』の姉妹企画。
「書き方」をテーマに、現代の社会生活に求められるライティング術を伝授。
どうしたら人を動かす文章が書けるのか、ビジネスとプライベートの双方に言及。
あなたの「書き方」が、人を動かす!


脳機能学者・言語学者であり、
「言葉」の第一人者である苫米地英人による、
『人を動かす [超] 話し方トレーニング』の第2弾

本書では、現代生活のあらゆる場面に対応できる
究極のライティング術を伝授します。

巻頭には書き方を鍛えるB4サイズの特別付録、
「書くためのチャート式トレーニング」を添付。

また、本文のトレーニング・ワークシートは、
PDFでもダウンロードできます。

本書は次のような方にお勧めします。

●仕事で人を動かしたいビジネスパーソン・経営者
●プライベートで友人や恋人の心を動かしたい人
●企業に就職・転職したい学生・社会人
●SNSやツイッター、ブログでアクセス数を増やしたい人
●社会を動かしたい人
●夢を手に入れたい人

人を動かす文章を書くために、
ビジネスやプライベートの双方から、
さまざまな場面で通用する書き方を
身につけていただきます。

本書で手にした力で、あなたの文章は人を動かし、
あなたの人生に劇的な成果をもたらすことでしょう。

■<以下「はじめに」より>
あなたが本書を手に取られた目的は、
おそらく二つに大別されると思います。

一つは小説のような「文芸作品を書きたい」
というもの。

もう一つは「文芸作品以外の一般的な
文章を書きたい」というものです。

本書の内容は、後者の「一般的な文章」
に重点を置いています。

その理由は、世の中で書かれている文章の
ほとんどが、

・ビジネス文書(企画書、プレゼン資料など)
・論文(学術論文、ビジネス関連の業界論文など)
・メール、ブログ、ツイッター、SNS

などの「一般的な文章」だからです。

これらは、作家のようなごく一部の限られた人では
なく、普通に生活している一般の人たちが書く文章
(文書)です。

つまり本書は、一般の人が一般の生活の中で
必要としている文章の書き方をメインに取りあげて
いるわけです。

一般的な文章は、ちょっとしたコツを身に
つけたり、ちょっと練習するだけで、必ず一定
レベルにまで上達することができます。

ただし、小説のような文芸作品の書き手を
目指す人に向けても、文芸以外の一般の文章と
対比する形で、参考になるヒントもふんだんに
盛り込んでいます。

意義のあるヒントですので、ぜひ参考に
してください。

内容(「BOOK」データベースより)

あらゆる場面で通用する、「書く技術」を手に入れる。人の心を動かし、ビジネスで成功する、究極の作文術。作文力が高まる画期的プログラム「チャート式トレーニング」シート付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 270ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2011/11/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797361948
  • ISBN-13: 978-4797361940
  • 発売日: 2011/11/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 71,798位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 maui トップ500レビュアー 投稿日 2011/12/10
形式: 単行本
小説のような文章ではなく、学生にも社会人にも必要とされる「ビジネスで使う文章」を鍛える本です。
 
ビジネスで使う文「報告書」や「プレゼン」
学生が必要とする文「論文」や「ES」

どちらも美しい文章であること以上に相手の心に刺さり、相手を突き動かすことが必要です。
これは才能もあるかもしれませんが、技術の部分も大きいかと思います。その技術の磨き方を
説明している本でした。

悪文か名文かは結果論、とはじめのほうで著者は断言しています。
確かに明治の文豪の内容に「文豪の文だ」と思って読むからなんとか読みますが
実際は悪文が多々あると思います。誰もがそれを口にだせないだけで。

悪文か名文か、それよりも前に大切なものがある、というのがこの本の趣旨です。それをフィーリングで
理解させるのではなくサンプルの文章を使ったり、また論理的に筋道を立てて解説してくれます。
文豪と呼ばれる人の文体だけが文豪を文豪たらしめたわけではない、という当たり前のことに気がつきました。

文章に限らず、相手を動かす話し方を必要とすることはたくさんあります。その場で楽しく過ごすための
会話力と、プレゼンで使う会話力/文章力は違います。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nina VINE メンバー 投稿日 2011/11/22
形式: 単行本
読まれるに値する文章を書くための論理構成の考え方が。

ちなみに、私は著者の本は過去面白そうな本を数冊読んだだけで、熱心な読者ではないので、
もしかしてこの本で言っていること、と私が言っていることは、他の本でも述べられていることかもしれません。

この著者は言っていることはものすごくマトモなのですけれど、
怪しい方面?タイトルで、買い手を選ぶものも多いことと、
マトモなのですが、あまりにも真っ当に直球に本質を述べすぎていて、彼のような天才ではない一般市民には、
心理的反発を招くものも多いことが、勿体ない気がしています。。

今回のこの本も、第6章新聞の文章は参考になるか?では、
新聞の文章を引用して、指摘をいれていますが、それが直球に的を得ていて、笑えます。
文筆ジャーナリズム頂点の新聞の文章の論評なんて、そうとうの自信が無ければ出来ませんよね。。。

ところでトレーニングと題するこの本の一番の山場である、
「チャート式トレーニング」ですが、ボリュームがあり、考えないといけないので、
これをやるのは結構ヘビーです。
でも私はちょうど書きたい文章があるのに上手くまとまらず、悩んでいたところでしたので、
頑張
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書の目玉は論理的な文章の書き方のパートにあると思います.
本書に書かれている論理的文章の書き方はアカデミックライティングやパラグラフライティングそのものです.
アカデミックライティングやパラグラフライティングは欧米では学問の一種として真剣に研究されているほどのものであり,カーネギーメロン大学大学院卒の肩書は伊達ではないんだと思わされました.

具体例も多く,挿絵も理解の手助けをしてくれるとても親切な本だと思います.
例えば,「書き始める前にまず全体像を作る」など,できていそうで意外とできていない(できていれば途中で手が止まることなく書けるんだそうです)ような,文章を書くときに意識すべきことをきっちり書いています.

苫米地さんらしくなく,専門用語(?)はあまり出てきません.
私の記憶にある限りだと「スコトーマ」「ゲシュタルト」くらいしか出てこなかったかと思います.

論理的な文章の書き方以外の部分に関しては,割と普通な内容でした.
小説はストーリーよりも文章に味わいを持たせるだとか,小論文は結論をしっかり決めて書くとかです.
エントリーシートの書き方のパートは,コミュ力が無くともコミュ力のある人間になりきる,などのやや無理のある内容だと思いました.もちろん理想の
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人間は、「知らない情報は認識できない」が「知っている情報は認識しない」。

文章には必ず「主語」を意識して「主語」を書くこと。
誰が誰に対しどの様な目的を持って文章を書いているのか。その事を明確に意識する為に読書し、文章を書くという行為が存在する。

常に論理を意識する。充分に意識された論理からは感性が生まれる。

文章を書くという行為は、その文章を読んだ人々を幸せにするために存在している。人々を幸せにしたい文章を書くという行為が、自分に幸せをもたらす。

若干自分なりの本文の解釈ですが、いずれも衝撃的に楽しくなる内容でした。

スコトーマを意識して、自由自在にものを見て、感性を育て進化した人格を得る為に文章を書きたい。心を動かされました。奥深い苫米地博士の著作です。超お勧めです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック