中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし  中古として比較的キレイな状態です。 丁寧に梱包して発送いたします。  ※ 住所がマンション等の場合は、なるべく 住所1、住所2に分けて入力してください。(マンション名・何号棟・号室は、なるべく住所2に入力してください。途切れる場合がある為。) 詳しくはAmazonテクニカルサポートまでお問い合わせくださいませ。   ご注文の際、クレジットカードが新しくなっている場合は、改めて、「最新の期限」を入力して、更新して頂きますようお願いいたします。  購入時は、ポストに苗字を書いておいてください。(表札・○○方・建物名)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない 単行本(ソフトカバー) – 2012/4/12

5つ星のうち 3.8 29件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,400 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

出版界とIT業界、二人のカリスマ経営者によるベストセラー「憂鬱でなければ仕事じゃない」に続く待望の第二弾です。若いビジネスマンに働く上での精神的心構えを熱く説いて大反響を読んだ前作から、さらにパワーアップ。ビジネスだけにとどまらず、より日常の局面において、人としてまっとうに生きていく上で、何が大切で何が無駄かを、見城氏による35の言葉を藤田氏が紐解きながら読者に提示していきます

内容(「BOOK」データベースより)

大ベストセラー『憂鬱でなければ、仕事じゃない』から一年―。あなたの仕事への情熱を、「たった一人の熱狂」に塗り変える35の言葉。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 242ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/4/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062176416
  • ISBN-13: 978-4062176415
  • 発売日: 2012/4/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 96,101位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
そんな気持ちになりました。
この本は鼓舞というよりは強迫に近いです。
「あんた、そのままでいいの?」と。

近年、大人が子供を叱らなくなったといわれていますが、
24歳の僕にとっても、叱ってもらえる大人は貴重な存在です。
見城徹さんの言葉は時に反発を覚えたくなるようなものもありましたが、
抗うことはできません。なぜなら真実と思えてならないからです。
前作を含め、圧倒的真実で読者を叱ってくれる唯一無二の本だと思います。

世の中には怒りたくて怒る人と、相手のために叱ってくれる人がいると思いますが、
著者のお二人は愛を持った後者であると、僕は信じています。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 前作に続く、幻冬舎とサイバーエージェント社長の人生論。年賀状は出すな(お世話になった人には封書で手紙を)、会議には懐疑的(理解を深め合うには、1対1の対話の方が優れている)、メモする−見る−メモする−見るーメモする(びっしりと書き込まれた手帳を1日に何度も読み返す)・・・。参考になりました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「憂鬱でなければ仕事じゃない」に続く第2弾。
あるテーマに関する見城氏のなげかけに対し、藤田氏が答える形式も変わらず。

どちらかと言えば、熱く、厳しい意見を投げかける見城氏の一方、
冷静に、暖かな意見を投げかける藤田氏。
この絶妙なバランスも健在で、どれも深く、心に刻まれるテーマばかり。
ビジネスパーソンには是非とも読んで欲しい1冊。

仕事に臨む姿勢を見直し、自分に厳しくありたいと思える。
時を置いて再読したい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mj 投稿日 2013/4/29
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
よーし俺もやるぞ!って発奮したい人には良いのかもしれないのですが。いわゆる「成功している」とされている人たちは、こういう風にものを考えているのだな、と思考を覗き見する分には良いのかも。
ただし、誰もが同じようにできるわけでもないし、同じようになりたいとも思わないだろうな。大体、だれもかれもこんなに自己顕示欲が強かったら大変なことになってしまう。
まぁ「皆俺たちみたいになってみろよ!」というよりも「普通はここまでできないでしょ?頑張ったから今こうしてるんだよ、僻まないでね」って意思表示かとも思う。ここが違ったから大きくなれた、成功できた、運もあった、俺たち頑張った~という男同士の振り返り、褒め称えあい。要は自己愛の強い人たちによる自己満足の塊だな、と。
図書館で読む分にはそこまで腹も立たないけど、わざわざ人に勧めるものでもないと感じた(私は、とある著名人から勧められて読んだのですが・・・)。

ひどく書きすぎたかもしれないので、一応良い点も書いておく。目上の人たちへの礼儀や思想は為になる部分もあるし、この人たち(のような、いわゆる著名人や成功者?)と会う時には、一読しておくと良いのかもしれない。「憂鬱でなければ仕事じゃない(※共著の一作目)」とどっちかだけで十分だろうけど。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
お二人とも素晴らしい方です。嫌味や皮肉ではありません。念のため。
おっしゃることも、よくわかります。
でも、私は、お二人のように生きたくはない。それもまた事実です。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
タイトルにもあるように、普段、他人に対し深く興味を持たない(基本、自分が中心)。

話す時も、自分の話を聞いて欲しいっていう感情が深く、意識しないと他人の話は耳に入らない。 耳目を集めるは、ゴシップネタぐらいか(相対的に、自分が優位であることに、喜びを感じる)。

他人の注目を集めるには、相応な結果(実力)が必要。

人目には触れないけれど、圧倒的な努力・貪欲な向上心・野心の上の成果だけを見て、人は「運がいいね」とか、「頭がいいね」とか、簡単に言っちゃう。

「やればできる」は、実際に行動して、果実を手に入れた者だけが、口にすることができる言葉。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
おっしゃられていることは確かに正しいと思う。しかし、成功者が語る成功者になるための秘訣というような類の本の裏には恐ろしい意味が含まれていると思う。即ち敗北者、失敗者の存在の否定である。
勝負という言葉から勝ちと負けが一つであると分かるように、成功者がいれば失敗者がいるのもまた当たり前なのだ、しかし日本人は失敗者を毛嫌いする傾向がある。それはこのような人生の成功者が成功の秘訣をとく、ビジネス本が原因だと考えている。

お二人が使われていた具体的な例えを私もこの本の批判に使わせていただく、それは“横綱ではなく十勝五敗を続ける大関であれ”である。 これは明らかにおかしな言葉である。
まず大相撲の世界は前相撲から序の口→序二段→三段目→幕下→十両→そしてようやく普段テレビで見る幕の内となる。ここまでくるには相当険しい道のりである。
幕の内の力士は40人程度であるが、その下には関取とも呼ばれない力士達が800人〜1000人近くもいるのだ。その中から幕の内に上がれる人はほんの一握り、ましてや三役大関横綱など普通であれば到底たどり着けない地位である。それを大関であれば努力次第でなれると言うような軽々しい言い方は大関までたどり着けなかった力士に対する侮辱に等しい。
大関になれなかった力士達は努力していないのか!?20年間相撲をとり続け
...続きを読む ›
1 コメント 108人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー