通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 福ねこ堂.
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり・多少の傷みがありますが本文良好です。迅速な発送を心掛けております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索- 単行本(ソフトカバー) – 2011/8/25

5つ星のうち 3.8 164件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 73

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索-
  • +
  • 悩まない---あるがままで今を生きる
  • +
  • おかげさまで生きる
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 119pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「神は在るか、魂魄は在るか・・・」 現役のER医師である著者が、生と死が行き交う日々の中で、数々の不思議な体験を通して思索した大いなる力と魂魄の永遠

内容(「BOOK」データベースより)

神は在るか、魂魄は在るか。生命の不思議、宇宙の神秘、宗教の起源、非日常的現象。生と死が行き交う日々の中で、臨床医が自らの体験を通して思索した「力」と「永遠」、そして人の一生。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 222ページ
  • 出版社: バジリコ (2011/8/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862381782
  • ISBN-13: 978-4862381781
  • 発売日: 2011/8/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 164件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,984位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「人は死なない」最近64年連れ添った妻を失い、30年住んだ今の住居も一人で3DKはもったいないと子供たちは申しますが、家中のそこここな家内が生きて居た時の衣類、張り紙、てあか、などあり、何時も妻は声は出さず、話は出来ませんが、常にそばに居て見てて呉れて居るのを、実感して居ます。1年たってやっと3人の子供たちのタイミングがあって、遠路九州の300年来の先祖の墓に、納骨の供養をして「お骨」を収めて来ましたが、たまたま此の本をAMAZONから求めて、非常に共感を覚えて、側に置いて繰り返し読んで居ります。宗教家やその手の方の著書でないので、余計に共感を覚えます。特に私のようなものには、実感と興味を覚えます。
コメント 510人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
宗教がらみではないので、多くの人が抵抗無く読める内容ではないかと思います。特に死が近づいている方や、その家族の方には是非読んでいただきたい一冊です。
ひたすら最後まで「本当にその通り」と共感できました。
私は医師ではありませんが、沢山の方を看取ってきましたし、不思議な(と皆さんが言われている)体験も日常的に経験しています。その中で色々と考えることがある訳ですが、それについては誤解されることが多いので、今まではごく親しい同業者以外にはお話ししませんでした。
それなのに、まぁ、この著者は、なんて見事にぶちまけてくれているのでしょう。
死への恐れを持つ方や家族を失うことへの悲しみを抱えている方へ、私たちがするべき最も大切なこと(・・でもナカナカ困難なこと)は、涙ぐみながら同情の言葉をかけることではありません。
死への恐怖を和らげること。死は生と続いている自然な出来事なのだと気づいてもらえること。その上で最後まで自分を失わずに穏やかな気持ちで生きてもらえるように援助すること。だと思います。
この本はそれを実現する手助けをしてくれます。
薄給でなければ終末期の方全員に配りたい。そんな本です。
コメント 254人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私も医師ですが、矢作さんがご自身の「肩書き」も明らかにした上で、いわゆる「スピリチュアル」と言われるような内容の書物を書かれたことが、本書のいちばんの意義なのではないか、と思いました。
私自身の考えは、「臨床」医が、臨床の仕事を真摯に行なうなら(病を抱える患者さんにしっかり関わろうとするならば)、(医師自身が意識していようといまいと)多かれ少なかれ「スピリチュアル」と言われるような領域に入り込まざるを得ないのではないかと思っています(それは、「私の実感」であって、すべての臨床医に、私の実感を「強制しよう」とは思っていませんが、より多くの医師たちが、意識して、「スピリチュアル」な領域にも触れようとするなら、「医療」はよりよいものになるだろうと、「私は」思っています)。
「東大の救急部の部長」という肩書きを持つ矢作さんがこのような本を著したことが、「日本の医療」をよりよい方向に向かわせていく動きを増すことになればよい、と私は思います。私自身も、そのような動きを増すために、自分のできることをやろう、とあらためて思わせてくれた本でした。(この本を読んで、私も、「スピリチュアル」な面においても、もう少し「カミングアウト」してもよいのかもしれない、と背中を押されたように思いました(周囲の医療従事者らから「偏見」の目でみられるのではないかとおそれて、自分の職場(医療現場)で、
...続きを読む ›
コメント 242人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
東京大学医学部教授にして、同大学医学部附属病院救急部集中治療部長の現在要職にある矢作直樹先生の著作。ご自身の若い頃のご経験や亡くなったお母様との再会、そして何よりも臨床医として人の生と死に間近に接し医学の常識では説明が付かない数多くの経験を通じて、摂理や霊性について深く感じられる様になられた。そして、肉体は消滅しても人の魂は存在する、大切な人との別れは一時的なもの、他界した人はどこかで自分を見守ってくれている、いつの日か再会できると考えれば、死別の意味も変わってくる。悲しみに向き合って生きて行くことができる。そして、摂理、霊魂の永遠に思いを重ねつつ今に没頭すれば、肉体の死を恐れることなく、勇気を持って生きて行けると。

スピリチュアリズムの研究は主に科学者によってなされてきた。判らないことへの探究心が原点にあったとしても、科学が万能と言われている世界で、未だ判らないこと、科学では説明が付かないことが本当に沢山あることを知っていること、そして神業とも言える調和を保っていることを知っていることが、その大きな要因ではないかと思う。矢作先生も医学を専門とする科学者として、その不思議を身近に感じて、深い思索を本に纏められたのだと思う。

東日本大震災の後にこの様な著作が発表されたのは深い意味を持つと思う。2011年3月11日の大津波で多くの方が亡くなり
...続きを読む ›
コメント 377人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー