中古品
¥8
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆◆◆おおむね良好な状態です。中古商品のため若干のスレ、日焼け、使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品は1-Click注文できません。

Kindle版は今すぐお読みいただけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


人は放射線になぜ弱いか 第3版―少しの放射線は心配無用 (ブルーバックス) (日本語) 新書 – 1998/12/18

5つ星のうち3.7 24個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥8
¥1
お届け日 (配送料: ¥257 ): 9月25日 - 27日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

放射線の健康影響資料と動物実験を厳密に調査し、少しの被ばくなら危険ではない多数の証拠を記述。最近の生命科学でわかりはじめた「人体防御機能のすばらしさの秘密」の一部を紹介。「放射線は少しなら心配無用」といえる科学の時代がきたことを本書は告げる。

著者について

1922年福岡県生まれ。京都大学理学部卒。遺伝学研究所室長、大阪大学医学部放射線基礎医学教授、近畿大学原子力研究所教授を経て、現在、大阪大学名誉教授、近畿大学原子力研究所特別研究員。この間、物理学から遺伝学、基礎医学に転進し、国際的に活躍。高松宮妃癌研究基金学術賞、日本遺伝学会木原賞、講談社出版文化賞科学出版賞、放射線影響協会江藤記念賞、国際光生物学会フィンセン・メダルを受賞。『分子放射線生物学』『生命を考える』『低レベル放射線の健康影響(英文著書)』ほか編・著書は数多い。


登録情報

  • 発売日 : 1998/12/18
  • 新書 : 282ページ
  • ISBN-10 : 4062572389
  • ISBN-13 : 978-4062572385
  • 出版社 : 講談社 (1998/12/18)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.7 24個の評価