¥ 2,160
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人は愛することで健康になれる (愛のホルモン・オキ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人は愛することで健康になれる (愛のホルモン・オキシトシン) 単行本 – 2014/12/17

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/12/17
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 2,160
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人は愛することで健康になれる (愛のホルモン・オキシトシン)
  • +
  • 自律神経を整えてストレスをなくす オキシトシン健康法
  • +
  • 愛は化学物質だった!? 脳の回路にオキシトシンを放出すればすべてはハッピー
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

NHKスペシャルで話題となった愛情ホルモン「オキシトシン」。オキシトシンがストレス、自閉症、うつ症などの治療薬として日米の大学で研究され、その成果に期待が集まっている。米国でのオキシトシン研究が注目されたPh.Dドクター徳が本書で明かす「愛と健康の仕組み」は、出産、子育てにかかわるオキシトシンが人間としての慈愛の心を生むことなどをさまざまな研究から明らかにする。鍼灸とオキシトシンの関係や代替医療でなぜ治るのかなど、ストレス社会に生きる私たちに必要な情報が満載。

出版社からのコメント

米国で出版され話題を呼んだ『愛の生理学』がついに完訳! 「人はなぜ人を愛するのか」という哲学的命題を生理学の面から解き明かしています。人は、その健康、円滑な人間関係に、いかに「愛」が大切なものなのかがよく理解できます。 ドクター徳(著者について参照)の研究は、自閉症、うつ症の治療薬としてのオキシトシンの可能性とともに、私たちの健康と幸せな社会生活についてのヒントを示唆してくれています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: 知道出版 (2014/12/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4886642675
  • ISBN-13: 978-4886642677
  • 発売日: 2014/12/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 2 x 12.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 294,317位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2014/12/19
安らぎ物質、幸せ物質として、世界で注目されている
ホルモン「オキシトシン」を軸にした愛と健康の本。

授乳。ハグやマッサージ。「同じ釜のめし」を食べる…。
人が他者やペットを思いやり、ふれあい、愛するとき
脳内でオキシトシンがつくられ、
ストレスや痛みがやわらいで健康になる、と著者は説く。

医療の原点が「手当て」であること。
信頼する医者に「よく効きますよ」といって手渡されると、
ニセ薬でも3~4割の患者の痛みや不眠がやわらぐこと。

愛情たっぷりの環境で育った人の多くは生涯、精神が安定していること。

80歳、90歳になっても元気なお年寄りはたいてい
明るくおしゃべりで、家族や友人知人とのふれあいが多いこと…。

すべてにオキシトシンが一役買っている、と考えるとわかりやすい。
海外では点鼻用のオキシトシンスプレーが売り出されて
精神不安や自閉症の治療への活用も試みられているという。

一方、愛する人やペットとの別れは
心に生涯癒えない傷を与えることも多い。

親に愛されて育っても、十代で大失恋して、それ以降
だれとふれあっても、ペッ
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「オキシトシンは自閉症(アスペルガー症候群)の治療薬として有効か?」についての大学病院を中心とした臨床研究が開始されました。
コミュニケーションの質的障害で悩んでいる自閉症の方が少しでも過ごしやすくなるためにオキシトシンが有効であるという結果を待っています。

健康に老いるということは皆が望んでいることではないでしょうか。
そのための一つの方法として、自分の中のオキシトシンを増やす方法も提示されています。

ネズミで得られた実験結果が即人間に当てはまるかは分からない点も多いと思いますが、読んでいて夢を抱ける著書です。
星5つとしたいところですが、やや専門用語が多く、医療関係者以外では理解が難しいのではないかと思い4つとします。

医療・福祉・介護関係者、さらにそれを目指す若者、あるいはちょっぴり自分に自信がない人、あるいはその家族には読んでいただきたい本です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
鍼灸や漢方など東洋医学や統合医療を実践されている「ドクター徳」こと高橋徳先生のPysiology of Loveの邦訳本です。
高橋先生は愛のホルモン「オキシトシン」研究の第一人者です。
オキシトシンは赤ちゃんが授乳している時の母性愛や幸福感・安堵感を母親に与えるだけでなく、人間同士が積極的で好意的な絆の環を築く促進剤であることがわかってきました。
ハタネズミの実験からオキシトシンは扁桃体や即座核にも働き、警戒心を解いたり快楽を生むことがわかりました。
オキシトシンによって促進される人との付き合いを永く持続させれば、友好や信頼の輪(愛のループ)が次第に強固となり、怒りや憎しみに苛まれてもこのループは崩れなくなります。
オキシトシンを体外から投与しようとせず、人との交わりや社会活動を高めることによって他人を愛することで体内や脳内のオキシトシンを能動的に増やし自分自身も健康になりたいものです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
心を込めて人と接することが体に良いなんて、非常に有り難い作りだと思う。
自分がマッサージが大好きな理由にも、科学的なものがあるんですね。
大切なときには、著者のようにこういうことを理解している先生に診てもらいたいです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告