通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人はなぜ逃げおくれるのか―災害の心理学 (集英社新... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、カバーに多少の使用感、ヨレ、シワ、キズ等がございます。カバーデザインが異なる場合がございます。<検品担当者より>チェックは万全を心がけておりますが、万が一見逃しがあった場合はご了承下さいませ。発送時は、可能な限り48時間以内にゆうメールにて発送を致します。(お問い合わせはメールにてお受け致します。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人はなぜ逃げおくれるのか―災害の心理学 (集英社新書) 新書 – 2004/1

5つ星のうち 3.9 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 29

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人はなぜ逃げおくれるのか―災害の心理学 (集英社新書)
  • +
  • 人が死なない防災 (集英社新書)
  • +
  • 新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている
総額: ¥2,938
ポイントの合計: 91pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

地震や火災など、予期せぬ災害に遭遇すると人間はどんな行動をとるか。心理学的アプローチと過去の事例から、危険を回避する具体的な方策をアドバイスする。危険な時代を生き抜くための必読の書。

内容(「BOOK」データベースより)

地震や洪水、火災などの災害に遭遇した時、身をまもるために素早く行動できる人間は驚くほど少ない。現代人は安全に慣れてしまった結果、知らず知らずのうちに危険に対して鈍感になり、予期せぬ事態に対処できなくなっている。来るべき大地震のみならず、テロや未知の感染症など、新しい災害との遭遇も予想される今世紀。本書では災害時の人間心理に焦点をあて、危険な状況下でとるべき避難行動について詳述する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 238ページ
  • 出版社: 集英社 (2004/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087202283
  • ISBN-13: 978-4087202281
  • 発売日: 2004/01
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,181位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/12/5
形式: 新書
 副題が「災害の心理学」となっているとおり、災害時に人々がどんな心理状態になるのか(たとえば、災害時には必ずパニックの群集心理が生じるというのは間違いであり、むしろ、人々はゆっくりと鈍感にしか反応しない場合が多い)が書かれており、生き延びるために極めて重要な知識を提供していると思う。
 
 私は、本書と同様に災害時の心理面を記述した「人は皆『自分だけは死なない』と思っている ―防災オンチの日本人― (山村 武彦著)」を読んでから、この本を読んだ。
 両者を比較すると、
 ○「人は皆『自分だけは死なない』と思っている」・・・・災害に遭遇する人に対するメッセージに的を絞っている。災害時の心理はどんなものか、危険を避けるにはどうすべきかがよくわかり、記述がナマナマしい。
 ○本書・・・・よく言えばきちんと整理して書かれている。悪く言えば、いろんなことを書いてありすぎて散漫な感じがする。災害時の心理だけでなく、災害や防災そのものに関する記述も多い。

 なので、「自分の身を守る」ために読むならば、本書より、「人は皆『自分だけは死なない』と思っている」をお勧めします。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
新書だけれども専門的な説明がしっかりされておりお買い得です。私が大事だと感じた点は以下三点です。(『』は引用)

『災害心理の専門家が「パニック神話」と言う時、一般に信じられている「常識は」、間違いだと主張しているのである。災害や事故の際にパニックが起こることは、めったにない。』
『防災担当者が心すべき鉄則は、まず、防災について素人である一般市民に正直であれ、ということだ。』
→意味合い:「パニック」が起こることを恐れて、為政者あるいは情報を持っているものが情報を隠すのは間違っている。隠した場合、一般市民は「正常性バイアス」によって迫っている危険を過小評価する可能性がある。

『(非常時規範は)被災者の間に災害を生き延びた強烈なよろこびがあり、運命共同体意識がある限りにおいて保持される非常に短命な規範である。長くても一〜二週間程度しかつづかない。そして、そのあとは、急速に日常の社会規範がこれにとってかわるのである。弱肉強食と、利己的であることが最大の武器であるような、厳しい現実がその次にひかえている。』
→意味合い:被災者同士の「うつくしい助け合い」に依存しない、継続可能な支援状態を作り上げるのはスピードが肝になる。目安二週間以内に作り上げることがとても大事。

『生きたいと強く希望することは
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 adelicpenguin 投稿日 2004/2/14
形式: 新書
~パニックが神話である、ということをこの本を読んで初めて知りました。
普段、映画やドラマなどで、非常事態=集団が叫び逃げ惑う=パニック、
という図式を刷り込まれていますから。
この本を読めば、それが幻想であるということがわかります。そして、
自分が非常事態に直面したときに思い返せば、無事生還できるかもしれ
ないなと思います。
~~
ただ、全体として、広く浅く書こうとされているからか話が発散してい
る印象がありました。また、タイトルだけ別に付けられたものなのか、
どうも本文と合っていない印象を受けます。
「なぜ逃げ遅れるか」という話だけではないんですよね。また、「逃げ
遅れる心理」という心理学的なものを期待されると、やや期待はずれで
~~
す。その辺に違和感があるため、星3つにします。
でも災害は必ず来るもの、興味のある方は是非お読みください。
あと、防災担当者などのみなさん、是非読んでください。~
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
災害というと何か自分と関係がない別世界のことのように思っていたが、この本を、書店で手にとってぱらぱらとめくっているうちに、人間と自然とのコミュニケーションのひとつの形が災害なのだというところに出会い、目からうろこが落ちた。また、阪神大震災のような大災害の被害を受けた人を、私たちは被災者というが、生き残ることができてよかったね、というサバイバーという立場から見なければならないという主張にも同感できる。心理学から災害を見るというのもはじめてお目にかかったので、珍しかったが、人間は、災害のような一刻を争う場面で、パニックになるよりも、むしろ鈍感な存在だというのも驚きだ。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー