¥ 670
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人はなぜ老いるのか 遺伝子のたくらみ (朝日文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

人はなぜ老いるのか 遺伝子のたくらみ (朝日文庫) 文庫 – 2017/1/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2017/1/6
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 1,338

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

人はなぜ老いて、死ぬのか。
それは、あらかじめ決められた遺伝子プログラムだ。
死が遺伝子プログラムの一環であるならば、
あまりおおげさに死を受け取るべきではない。
遺伝子で人生を見直し、潔い人生観を導く、著者ならではのエッセイ。

内容(「BOOK」データベースより)

寿命が延び、死から解放されたかのように思える人間に立ちはだかる新たな問題、「老い」。人はなぜ老い、死ぬのか。すべての動物に決められた遺伝子プログラムを通して人生を見直し、潔い死生観を導く。動物行動学者ならではの視点が光る。老いと死についてのエッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 208ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2017/1/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022618922
  • ISBN-13: 978-4022618924
  • 発売日: 2017/1/6
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 0.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 148,661位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック