¥ 907
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人はなぜ物語を求めるのか (ちくまプリマー新書) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人はなぜ物語を求めるのか (ちくまプリマー新書) 新書 – 2017/3/6

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2017/3/6
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 700

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人はなぜ物語を求めるのか (ちくまプリマー新書)
  • +
  • 時間の言語学: メタファーから読みとく (ちくま新書1246)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 171pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人は人生に起こる様々なことに意味付けし物語として認識することなしには生きられない。それはどうしてなのか?その仕組みとは?

内容(「BOOK」データベースより)

人の思考の枠組みのひとつである「物語」とはなんだろう?私たちは物語によって救われたり、苦しめられたりする。その仕組みを知れば、人生苦しまずに生きられるかもしれない。物語は、人生につける薬である!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 220ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2017/3/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480689796
  • ISBN-13: 978-4480689795
  • 発売日: 2017/3/6
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 544位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ウシン・ソージスト トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/11
Amazonで購入
物語批判という立場にから、読んでみました。

様々なジャンルの多くの書物が引用され、著者の論考を形作っ
て行きます。
その柔軟で丁寧な語り口には好感が持てました。
主旋律となっているのは、人間はストーリーを不可避的に合成
してしまう、というものです。
ここから、様々な問題が展開されています。

白眉は、『黒子のバスケ脅迫事件』の被告の著書の分析とカ
ミュの『異邦人』との類比になります。
スタンダールとバルザックの動機の説明の有無にも、納得さ
せられました。

最終的には、「見るまえに跳べ」「崖から手を離す」など、
引きつった私的な小我を手離し、大我があることに気付く境
地や、エックハルトや臨済の信仰のために神や仏を捨て去る
言葉に至ります。
「二度生まれの人」たる下名には、大いに共感出来る部分で
した。

各章末には、まとめが箇条書きされていて、復習に役立ちま
す。

巻末には、「日本語で読める読書案内」として、本書で引用
されたものだけでなく、取り上げなかったものも紹介されて
います。
著者の読書の守備範囲の広さを想像させてくれます。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 小太郎 トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/23
形はどうあれ、私たちは自分の人生(他人も)を
ひとつのストーリー(物語)と考えているだろう。
ある事件が起これば、そこに何らかの因果関係のようなものを見て納得もする。
物語として捉えようとする人間の思考……そこに人間の思考の根本が
あるのかもしれない。

本書はそんなことを感じさせる。
様々な文学作品や文学論を俎上に、意識、無意識にかかわらず、
人間が「物語化」を行なっていることが挙げられる。
そしてそれが、人生論などにつながっていく過程が、
わかりやすく丁寧に説明されている。

巻末の「読書案内」と言い、かなり行き届いた本である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告