¥ 907
通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人はなぜ物語を求めるのか (ちくまプリマー新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人はなぜ物語を求めるのか (ちくまプリマー新書) 新書 – 2017/3/6

5つ星のうち 3.5 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 887

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人はなぜ物語を求めるのか (ちくまプリマー新書)
  • +
  • 物語論 基礎と応用 (講談社選書メチエ)
総額: ¥2,743
ポイントの合計: 28pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

人はなぜ物語を求めるのか

人は真実を手に取ることができない。ましてやその手触りを他者と共有することは不可能である。そこで、思考の枠組みとして導入されるのが「物語」だ。そう、本書の指す「物語」はしばしば「演劇」や「小説」ではなく、事実の羅列に因果関係を見いだそうとする人間の思考癖についてである。

物事を「わかる」というのは知的な行為に思われるが、実は感情的かつ受動的なもので、脳に快楽をもたらす。例えば〈王が死んで、それから女王が死んだ〉よりも〈王が死んで、それから女王が悲しみのあまり死んだ〉のほうが小気味好い。

物語化とはあくまで仮説。「信仰がないから天罰が降った」となれば怪しげな壺を購入しかねない。物語からあぶれた事実──「『なにを知らないか』を知らない」ことの危うさを知ることが真実への第一歩だろう。

評者:福永奈津美

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

人は人生に起こる様々なことに意味付けし物語として認識することなしには生きられない。それはどうしてなのか?その仕組みとは?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 220ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2017/3/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480689796
  • ISBN-13: 978-4480689795
  • 発売日: 2017/3/6
  • 梱包サイズ: 17.5 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,200位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

投稿者 ウシン・ソージスト トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/11
形式: 新書
物語批判という立場にから、読んでみました。

様々なジャンルの多くの書物が引用され、著者の論考を形作っ
て行きます。
その柔軟で丁寧な語り口には好感が持てました。
主旋律となっているのは、人間はストーリーを不可避的に合成
してしまう、というものです。
ここから、様々な問題が展開されています。

白眉は、『黒子のバスケ脅迫事件』の被告の著書の分析とカ
ミュの『異邦人』との類比になります。
スタンダールとバルザックの動機の説明の有無にも、納得さ
せられました。

最終的には、「見るまえに跳べ」「崖から手を離す」など、
引きつった私的な小我を手離し、大我があることに気付く境
地や、エックハルトや臨済の信仰のために神や仏を捨て去る
言葉に至ります。
「二度生まれの人」たる下名には、大いに共感出来る部分で
した。

各章末には、まとめが箇条書きされていて、復習に役立ちま
す。

巻末には、「日本語で読める読書案内」として、本書で引用
されたものだけでなく、取り上げなかったものも紹介されて
います。
著者の読書の守備範囲の広さを想像させてくれます。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 素晴らしい内容です。文句なく5つ星です。
 心理療法にナラティブ・セラピーなるものがあるのですが、それを志向する人に読んでもらいたい本です。というのは、「正確には、僕やあなたがストーリーを使って自分を救ったり、苦しめたりすることがある、というべきでしょう。p.13」とあるからです。これはナラティブ・セラピーと共通する認識になりますから。しかし、ナラティブ・セラピーは社会的構成主義を持ち出して、どのような物語になるかは主観の持ち方次第、「ものの見方」の問題であるので、いくらでも変えることができるとします。この認識は甘く危険です。本書も「人間が自分のストーリーメイキングを捨てることの難しさを、よほど甘く見ているのでしょう。p.209」とあり、ナラティブ・セラピーの批判になっていると思います。この何とでもなるという社会構成主義の理解は間違っていますし、本書が社会構成主義を持ち出さなかったことは、筆者の教養の確かさを物語っています。
 また、理性感情行動療法のアルバート・エリスのABC図式、A(きっかけとなったできごと)→B(信念)→C(結果)にも批判を加えます(p.164-166)。エリスは、感情や行動というC(結果࿰
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
一風変わった著者の名前、、、と思ったらペンネームなんですね。文芸評論家である著者は、ちょっと聞き馴れない「物語論(ナラトロジー)」の研究者らしい。タイトルからして、小説の読み方指南と思ったら大間違いでした。解説は平易でも、中身は思想、宗教、文化人類学、心理学、倫理、人間関係学、哲学、脳科学、等々、いろいろな知見から人生のあり方を問う、エッセイのごとく(ちょっと大げさか、、、)。なるほど、と思ったところを拾い上げるとこんな感じです。

ひとは、なぜストーリーを求めるのか?因果関係が明示されると、わかったような気がになるから、といいます。人間は、出来事の原因や他人の言動の理由が分からないと落ち着かないのですね。前後関係を因果関係だと思ってしまうことを、「前後即因果の誤謬」と呼ぶそうです。それを体系的に濫用するのが物語だと、ロランバルトはいっているそうですが、因果関係が納得できたとき人は、それを「わかった」と思ってしまうらしい。つまり、「わかった」という気持ちは、実は「感情」なのだ、と著者はいいます。

「がっかりは、期待しているときにだけ出てくる希望まみれの言葉」、という歌人の短歌を引き合いに、著者自身の経験をこう振り返ります。他人や世界に期待するのをやめたとたん、希望をもてるようになった、と。「絶望」を「希望」の対義語ではなく「期待」とセットと
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「人はなぜ物語を求めるのか」という本書の書名になっている「問い」に対して、
本文中にその「答え」を探して、この本を三度読み返してみました。

結局、この「問い」に正解があるのか、ないのかも分かりませんでしたが、
一応、私なりの「答え」にやっとたどり着けたような気がします。

私の「答え」:
 人間は日常、世界をストーリー形式で認知しているので、
未知の出来事(非日常)が発生したとき(想定されるとき)、
それを強引に無理やり既知の「筋」立てに当てはめて物語化し、
感情的に心の中で解消(消化)してしまい、心の平衡状態を取り戻したいから。

さて、著者は、本書を書くにあたり、多数の書物を読み解き、物語論の研究成果を通して、
人間を深く考え、理解しようとしていることが分かりました。

巻末の「日本語で読める読書案内」は、これからもっと掘り下げて考えたい私のような読者には、
良き手引きになりそうです。

怖しいことですが、人の心の中には、「ほんとうのことを知りたいというよりも、
未知のできごと(異なるもの)を既知のパターンの形に押しこめて消化(同化)してしまいたい」
という困った感情があり、その
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告