¥ 1,080
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人はどのように鉄を作ってきたか 4000年の歴史と... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

人はどのように鉄を作ってきたか 4000年の歴史と製鉄の原理 (ブルーバックス) 新書 – 2017/5/17

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1,274
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人はどのように鉄を作ってきたか 4000年の歴史と製鉄の原理 (ブルーバックス)
  • +
  • 三つの石で地球がわかる 岩石がひもとくこの星のなりたち (ブルーバックス)
  • +
  • 戦争の日本古代史 好太王碑、白村江から刀伊の入寇まで (講談社現代新書)
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 70pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

鋼、玉鋼、錬鉄、銑鉄、溶鉱炉、転炉、平炉、反射炉、たたら……
古代から現代までの製鉄法と、その技術を探る。

人類が鉄を作り始めて4000年。「鉄」ほど人類の社会と文明に影響を与えた物質はない。温度計もない時代に、どのように鉄を作ったのだろうか?
「鉄鉱石を炉に入れ加熱すれば、鉄は自然にできてくる」というわけではない。鉄鉱石から鉄を作るには、厳密に温度を管理し、含まれる炭素の量をコントロールし、リンやイオウなどの不純物が混ざらないようにしなければならない。温度計すらない時代から、鉄を作ってきた人々は、それらをどのように知り、何を目安に鉄を作ってきたのだろうか。
アナトリアの最古の製鉄から現代の製鉄法、さらに日本固有の「たたら製鉄」の技術を解説しながら、鉄づくりの秘密に迫る。

内容(「BOOK」データベースより)

4000年前、アナトリアで発明された鉄ほど人類の社会と文明に影響を与えた物質はない。温度計もない時代に、どのように鉄を作ったのだろうか?アナトリアの最古の製鉄法から現代の製鉄法、さらに日本固有の「たたら製鉄」も紹介しながら、鉄作りの秘密に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 260ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/5/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4065020174
  • ISBN-13: 978-4065020173
  • 発売日: 2017/5/17
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,466位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
後書きによれば本書は「小型たたら炉による実験と鍛冶体験を元に、多々良製鉄法の製鉄と鍛冶の理論を解明した」月刊「金属」の連載を元にしている、とのこと。
ですが本質は、「いかに鉄という物質が素晴らしいか」「いかに鉄を利用可能にしてきた人類が素晴らしいか」と言う本です。
全版では鉄に魅了された著者が、鉄を賛美し、古今東西の鉄を作り出す技術を紹介します。フィンランドへも行きます。
後半はもっぱらたたら製鉄の話ですが、「和鉄はなぜさびにくいか」という事実への考察、たたら製鉄が未来につながる可能性を示すに至るのは感動を覚える方もいるかもしれません。
ただやはり話題は「鉄」に限られるので、やや読者層は限られることでしょう。
「鉄ってひょっとしてすごくね?」というセンスオブワンダーをお持ちの方は「鉄やっぱりすげー!」となること請け合い、大変おすすめです。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告