中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人はどうして痩せないのだろう (集英社文庫) 文庫 – 2008/11

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

診療、講演、執筆を忙しくこなす現役医師。気がつけば体重の増加著しく、メタボリック症候群が気になり始めた。患者には痩せた方がいいですよと言いながら、自分の体重は減らせない現実。一念発起し、ウォーキングやジョーバなど運動系と、チョコレートやキャベツを食べる食事系の全8種類のダイエットに順次挑戦。果たして結果は?医者ならではのコメント入り、汗と涙と笑いのダイアリー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

米山/公啓
1952年山梨県生まれ。聖マリアンナ医科大学卒業。同大学第二内科助教授を経て作家に転身。医学博士。専門は神経内科(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 270ページ
  • 出版社: 集英社 (2008/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087463710
  • ISBN-13: 978-4087463712
  • 発売日: 2008/11
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,966,635位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ケータイ雑誌で配信されたものを加筆訂正しての文庫本化で、日記風の体裁を残していますが、読みやすさは抜群です。自分の腹まわりと健康診断結果を多少気にしながらも、ダイエット系の本などというものははじめて購入したのですが、なかなか面白く、一気に読みました。
著者は医者でもあるので、内容的には極めてまっとうな本です。客観的な視点も備えた自らの体験記ということで、何か「?」の点滅するテのモノとは一線を画していましょう。それにしても、配信という仕事とは言え、相当多忙と思われる著者が8か月よく続いたものと、そちらに感心してしまいます。
8種類の運動系・食事系ダイエット法に挑戦していますが、意外だったのは、エアロ・バイクが随分消費カロリーが低いことですね。最後には最初に挑戦したウォーキングに戻っていますが、自宅周辺をウォーキングするのって意外と抵抗があるんですよね。歩いているかたはずいぶん見かけますけど。でも、やっぱり「王道」なんですね。
折にふれて述べられる「ダイエット」そのものへの、また、もっとひろく医療へのコメントが当たり前のことと言えばそれまでながら、あらためてきちんとした形で言われると、考えさせられる、或いは、身にこたえるものがあります。
普段からそれなりに歩く程度のことはしているつもりですが、よりいっそう、体を動かし、過食&間食に気をつけ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
お医者さんが書いたダイエットプログラムの効果を評価した本。
本屋で目に付いた理由は、当然私が太っているから。
そして作者と同じ体重で、何度もリバウンドを繰り返しているから。

この本は、そんなダイエットを1ヶ月ずつこなして評価していく。

感じたのは、当時の私より減量の仕方が、すごーくゆっくりだったこと。
「そうかそうか。 これくらいゆっくりしないとだめなんだぁ」と効果期待しすぎであった反省をしたと共に、ひとつのプログラムをずっと続けていてマンネリ化。
「そのうちいやになってリバウンドの道へ」という私には、そうだ1ヶ月毎に、いろいろ試せばいいんだぁ。という感想も持ちました。

そして圧巻は、後半戦。
減量も約1年。 私とおなじ10kg目前で、少しずつ戻っていく作者。
おれとおんなじだぁ・・・ と親近感。
ただ大きく違うところは、そこであきらめないこと。
減量は、習慣。
というのもよくわかりました。

面白い本でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告