通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
人の5倍売る技術 (講談社 α新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 CARPE DIEM書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人の5倍売る技術 (講談社+α新書) 新書 – 2011/4/21

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 905
¥ 905 ¥ 142

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 人の5倍売る技術 (講談社+α新書)
  • +
  • 雑談接客で売上5倍! (アスカビジネス)
  • +
  • コギャルだった私が、カリスマ新幹線販売員になれた理由 (日経ビジネス人文庫)
総額: ¥3,065
ポイントの合計: 94pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『Matty式マッサージが自宅でできる! 脂肪とり! むくみとり! こりとり! 解毒棒』
足ツボ師Mattyの手のカーブや関節の形を忠実に再現し、むくみや冷えの改善、こりの解消、美ボディづくりに役立つ「解毒棒」。イタ気持ちいい刺激で、全身がスッキリ。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

車もマンションも突然、売れ始める 7つの技術!
講演年150回、全国の社長が唖然とする凄い売り方――新幹線カリスマ販売員の秘技!!

どれほど優れた技術を用いて、どれほど優れた商品を作ったとしても、ビジネスの締めくくりは「物を売る」ということにほかなりません。そして、「物を売る技術」が劣っているようでは、すべてが台無しになりかねません。価格や商品の種類といった点で、他業者とは差別化できず制約が多い新幹線のワゴン販売において、いかにして私が他の販売員の数倍の売り上げを出してきたのか――。本書では、私の仕事に対する考え方、テクニック等を通して、あらゆる業種、職種のビジネスパーソンが活用できる、物を売るための「七つの技術」をご紹介しています。そして、それを理解していただくことで、皆さんのビジネスの成績が向上すると確信しています。

●お客さまをあえて「悩ませる」と
●「いかがですか?」の言葉の重圧
●買う意思がない人の注意を引く技
●言葉は少し足りない程度が効果的
●声の出し方「三つのポイント」
●「欲しいとき」を逃さないコツ
●サービス重視かスピード重視か
●「なじみ」の販売員になる技術
●常連客に「買わせない」気遣いを
●山本五十六的発想で指導すると

内容(「BOOK」データベースより)

車もマンションも突然、売れ始める7つの技術。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062727102
  • ISBN-13: 978-4062727105
  • 発売日: 2011/4/21
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 104,206位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 友井幹夫 トップ1000レビュアー 投稿日 2012/2/1
形式: 新書
新幹線の車内販売で、試行錯誤されながら、驚異の売上を記録された茂木久美子(もきくみこ1980年生まれ)さんの体験と思いが、この1冊に込められています。

画一的なマニュアルの対面販売の指導を超えた、独自の体験の積み重ねと知恵を組み合わせ、そのコミュニケーション能力の魅力が、「人の5倍売る技術」にまで昇華したように思われる。

「気づき」と「失敗」と「思いやり」、そして方言による和みなど、それぞれについて詳細に述べられ、「一人反省会」が繰り返される内容から学ぶことが多いです。

ここでは、茂木さんの「人の顔を覚える」という特別な能力も紹介されていますが、前作『買わねぐていいんだ』(2010年)で子どもの頃にスイミングスクールで鍛えた体力と時間の意識も、その基盤の1つと思います。

自動販売機のような商品と金銭の受け渡しだけではなく、車内での出会いと仕事を楽しむ姿勢から「人と人を結びつけて売上に」という結果になった体験は、「対面販売とは何か?」を考えるキッカケになります。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
新幹線の車内販売で、前人未到の1日50万円という売上げ記録を著者の茂木氏は持つそうだ。広告を見て、昔新聞記事で紹介されたことを思い出し、手にとってみた。
車内販売という極めて制限された状況下では、誰が売っても大差ないはず、と常識的には考える。筆者自身、新幹線で販売員に個性を求めたことは一度もない。茂木氏はいう。

「ただ物を売るだけなら誰でもできる。私たちの仕事など自動販売機でも代用できるのです」p20

スタートはやはりそこである。そこから始めて、それでも人の5倍も売る。ワゴンに品物を積んで、同じ通路をただ往復するしかないのに、販売のための工夫がこれだけたくさんあることに驚く。何より、気持ちが乗客一人ひとりに添うているのが凄い。危篤の息子に会いに行く父親に同情して一緒に泣く販売員が他にいるだろうか。これは技術というよりもはや茂木氏のパーソナリティである。売っているのは商品ではなくて茂木氏自身なのだ。茂木氏なら保険でも自動車でも、何を売っても驚異的な記録を作りそうだ。昔から「営業マンは自分が商品」というが、なるほどこういうことかと納得した。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者作品は初めて。

昔は、
商店街の魚屋さん、八百屋さん、酒屋さんの量り売り、
タバコ屋さん、毎朝訪ねてくる行商人等、
人から買うことが当たり前だったが、

今では、
スーパーマーケット、コンビニ、自販機、通販など、
お店や機械、ネットなど、
人以外から買うばかりになった。

人から買う意味を考えさせられた。

本書では、会話が伴う販売が
客同士の『口コミ』効果をもたらす等、
言われてみれば確かにそうだよなー、
という紹介もあり、
『売る技術』を超えている感もある。

他にも、

 ・「如何ですか?」でYes/Noを迫らない

 ・商品のお勧めポイントだけを伝える

 ・客との関係が切れない会話

紹介しているので、
販売に携わる人に於いては一読して、
今迄の自分の販売行為を見直されると いいかもね。

内容には、
客の本をのぞき見するとか、
ちょっとくさい所や冗長な部分もあるが、
大筋は外してはいない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
「販売」とはなにかとこの本を読んで改めて考えさせられました。

経営戦略、デザイン、価格など商品を売るために重要なファクターはいろいろあると思います。
ただ、現代の日本では唯一無二な商品はそれほど多くありません。
斬新な商品もすぐに似たようなものが他社からでる時代です。
価格で勝負すると、泥沼になることは必至です。

似たような価格で似たようなデザイン・・・では決め手になるのはなんでしょうか?
「販売」をする「人」もその答えの1つではないでしょうか?

経営や販売計画といったマクロな視点ばかり重視して、販売一人ひとりを軽視することは・・・、
スポーツでいうと選手を軽視して監督やコーチ陣ばかりを強化するのと同じでは?
(スポーツ界では監督のほうは立場は上でも、選手のほうが大抵年俸が高い)
そして、スポーツの例でいうと、茂木さんは超一流の選手なのだと思います。(今はプレイングマネージャー?)

マネージャーや店長ばかりが上からモノを言う形になっていないか?
販売員が販売という仕事を理解し、それぞれがお客様に満足していただけるよう考える状態になっているか?

ということを私は読みながら考えていました。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック