Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 648

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ネフィンジャー,ジョン, コフート,マシュー, 熊谷小百合]の人の心を一瞬でつかむ方法―――人を惹きつけて離さない「強さ」と「温かさ」の心理学
Kindle App Ad

人の心を一瞬でつかむ方法―――人を惹きつけて離さない「強さ」と「温かさ」の心理学 Kindle版

5つ星のうち 4.3 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 648
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1,199

商品の説明

内容紹介

『ハーバード・ビジネススクールの必読書』

人間の心理の面白さをこれほど感じさせる本が他にあるだろうか。
コフートとネフィンジャーは、スピーチから恋愛に至るまで、 あらゆる場面において我々を成功に導いてくれるだろう。魅力にあふれた1冊だ。

――――ハーバード大学教授 ジョセフ・S・ナイ・ジュニア

さまざまなクライアント(政府機関、NPO、ノーベル受賞者、NSA)をコーチする中でわかった彼らの抱える問題は、通常2つのパターンに分かれる。
・堅苦しすぎて人間味が感じられない
・おどおどしているように見えるケース
相手の抱えている課題がなにであれ、私たちのアドバイスは一定である。
●●をするだけで、人物のイメージはがらりと変わったのです。

■目次

●PART1 人は人を「強さ」と「温かさ」で評価する
●PART2 人はみな、「見た目」と固定観念に縛られる
●PART3 「強さ」と「温かさ」をアピールする効果的な方法
●PART4 「この人と一緒にいたい」と思わせる聞き方、話し方

■著者 ネフィンジャー,ジョン コフート,マシュー 熊谷小百合

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ネフィンジャー,ジョン
企業幹部や国会議員、テレビタレントなどをクライアントに持つスピーチコンサルティング会社、「KNPコミュニケーションズ」の共同創設者。ハーバード・ビジネス・スクール等の大学で定期的に講義を行うかたわら、各種のメディアにおいてコメンテーターを務めている。ワシントンD.C.在住

コフート,マシュー
企業幹部や国会議員、テレビタレントなどをクライアントに持つスピーチコンサルティング会社、「KNPコミュニケーションズ」の共同創設者。ハーバード・ビジネス・スクール等の大学で定期的に講義を行うかたわら、各種のメディアにおいてコメンテーターを務めている。ワシントンD.C.在住

熊谷/小百合
南山大学文学部英語学・英文科卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1728 KB
  • 紙の本の長さ: 130 ページ
  • 出版社: あさ出版 (2016/8/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01JADEDUK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 21位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
本書は人の「印象」について書かれている。

マキャベリは愛されるよりも恐れられる方が良いと言ったそうだが、
「強さ」と「温かさ」を併せ持つことは非常に難しいのだそう。
だが、一度「強さ」と「温かさ」を併せ持った人物だと思わせることができれば、
何事もうまくいきやすく、称賛される人物になりやすい。

だからこそ、自分がどのように見られているのかを意識して対処しなければならない。
著者は他人に好印象を与えるパターンは学ぶことが出来ると説いている。

強さを得るためには以下のようなことをしよう
・姿勢を正そう
・スーツを着用しよう
・逆境の状態でも、自信を持って意思表示しよう
・顔や腹には触れないように注意しよう
・腕を組むのをやめよう
・手を撫でないようにしよう
・低い声で話そう
・一貫した声(トーンやテンポなど)で話そう
・語尾上げをやめ、沈黙に慣れよう

温かさを得るためには以下のようなことをしよう
・常に笑顔を忘れないようにしよう
・カジュアルな服を着よう
・価値観の共有をアピールしよう
・視線をそらさないようにしよう
・声
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
冒頭でこんなことが書いてあります。『入ってきただけで部屋がパッと明るくなる人もいれば、逆にシラケたムードになる人もいる。その違いはどこにあるのだろう?』まずこの文でぐっと興味が出ました。確かにそうだ、そしてその原因があるとしたらものすごく気になると思いました。
その答えは、タイトルにでもあるような「強さ」と「温かさ」なのです。
この本ではその強さと温かさの説明や、人はどうやって人の強さと温かさを感じるのかなどの内容が記してあります。比喩や具体的な実験結果などを交えて説明してあるのでとてもわかりやすく、印象に残って頭に入りやすかったです。声やジェスチャー、服装など様々な観点について述べられているのもいいですね。
抽象的なことだけ述べて終わるのではないのでとても参考になりました。繰り返して読もうと思える本ですね。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「入ってきただけで部屋がパッと明るくなる人もいれば、逆にシラけたムードになる人もいる、その違いはどこにあるのだろう?」という冒頭の書き出しに、
確かにそんなシチュエーションあるある!と興味深く読み進めました。

人が第三者に評価されるときは、「強さ」と「温かさ」の2つの観点で、はかられているのだそうです。
強さと温かさ・・一見相反するキーワードのように思いますが、この2つをバランスよく表現する手段を最新の社会科学の研究結果と指導体験を活用して、人々の印象を大きく左右するポイントについて説明があり、「強さ」と「温かさ」を同時に発揮していく手段が解き明かされています。

人は、いかに人を「強さ」と「温かさ」で評価しているのか、
「強さ」の要素、温かさとは一体何か、どうすればその2つを両立できるのかについての分析、解説は非常にわかりやすく納得できました。

また、「見た目」「年齢」「性別」などが与える影響については、単なる「持ち札」と考え、それらを存分に生かして自らの個性をアピールする 手段を学べます。
性別が与える影響の中での「ヒラリー・クリントンの苦悩」は特に興味深いものがありました。

分析だけではなく、強さと温かさを両立するための姿勢、ジェスチャー、ファッション
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ハーバード大学教授も推薦するビジネススピーチの教科書ですが、人を惹きつける会話や応対の仕方はコミュニケーションの基本なので、プライベートなお付き合いまで活用できる内容です。
タイトルにもありますが、多くの人が認めるように人の心を惹きつけるのは自分の力で何かを成し遂げようとする強い意思の力、つまり「強さ」と、他人の不安や困難を理解して寄り添おうという「温かさ」であることは間違いありません。ただし、この二つを併せ持つことはとても難しいことです。意志の強さを他人に分かってもらおうとすると周りの意見を無視して独りよがりになりがちですし、温かさを前面に押し出そうとすれば相手の顔色を窺って、自分の意思を貫くことが難しくなるからです。ビジネスではほぼ初対面の相手に対してこの二つをアピールしなくてはいけないので、リーダーシップを要求されるビジネスマンは本当に大変!頭を悩ませている人も多いと思いますが、本書では不滅のミュージシャンであるビートルズと、ロシア革命期の激動を生き抜いたアイン・ランドの生き方を題材にして、強さと温かさの両立の仕方を解説しているので、どんな人にもわかりやすく、共感しやすいと思います。
自分自身の性格のチェック表もついていて、客観的に自分自身を振り返ることもできますので、ビジネスマンだけでなくPTA役員などでの仕切りに悩む女性にもおススメしたい本です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover