中古品
¥ 228
+ ¥ 300 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は概ね良好です。細かな劣化がございます。中が見えない封筒で、主にゆうメールで発送予定です。迅速対応を心掛けています。万一不備がございましたら対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


人に言えない習慣、罪深い愉しみ―読書中毒者の懺悔 (朝日文庫) 文庫 – 2003/9

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本 ¥ 3,672 ¥ 600
文庫
¥ 177
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

大江健三郎の問題作と読者の関係は?新しい「文学」はノベルスから誕生する!?ときに批評家として甦った片岡義男に驚嘆し、「文学」の可能性について探る大塚英志の仕事に共鳴する。川上弘美のベストセラー、京極夏彦のSFまで、「文学」の一大転換期を“読書”から解き明かす本格書評110本。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高橋/源一郎
1951年広島県生まれ。作家。1981年に『さようなら、ギャングたち』でデビュー。1988年に『優雅で感傷的な日本野球』で第1回三島由紀夫賞、2002年に『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 321ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (2003/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022643137
  • ISBN-13: 978-4022643131
  • 発売日: 2003/09
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 889,925位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

3件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件中1 - 3件目のレビューを表示

2003年11月14日
形式: 文庫Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年12月2日
形式: 文庫
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年10月25日
形式: 文庫
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告