¥4,315 + ¥ 350 配送料
通常2~3日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、オダBOOKSグループ が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
¥4,315 + ¥ 350 配送料
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

人が自分をだます理由:自己欺瞞の進化心理学 (日本語) 単行本 – 2019/2/27

5つ星のうち5.0 3個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/2/27
¥4,315
¥2,970 ¥4,050
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 人が自分をだます理由:自己欺瞞の進化心理学
  • +
  • その部屋のなかで最も賢い人 ―洞察力を鍛えるための社会心理学―
  • +
  • 第一印象の科学――なぜヒトは顔に惑わされてしまうのか?
総額: ¥10,915
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

人間は競争に勝つために、他人をあざむくだけでなく自分をもあざむく。しかも本人が意図しなくても、脳が勝手に理由づけをし、人を動かすのである。AIと予測市場理論の気鋭研究者が不可思議な動機の正体を科学的に解明。

内容(「BOOK」データベースより)

儀式みたいにムダな会議。予防するより高額医療。宗教の不可思議…etc.人間はなぜ「不効率な行動」をするのか?不効率な行動をするのは「脳のなかのゾウ=隠された動機」のせい。AIと経済学の気鋭研究者が進化心理学からときあかす「戦略的不合理」の真相。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

シムラー,ケヴィン
ライター、ソフトウェアエンジニア。ニューヨーク在住。10年にわたってプログラマー、製品デザイナー、エンジニアリングディレクターを務め、現在もテクノロジー、リーダーシップ、人材採用について新興企業の顧問を続けている

ハンソン,ロビン
ジョージ・メイソン大学経済学准教授、オックスフォード大学人類未来研究所研究員。社会科学博士、物理学ならびに哲学修士、また人工知能とベイズ統計学のプログラマーとしての経験を持つ。経済学(特に予測市場の理論と利用)だけでなく幅広い分野で知られ、その研究は多数の学術出版物で引用されている

大槻/敦子
慶應義塾大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 396ページ
  • 出版社: 原書房 (2019/2/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 456205638X
  • ISBN-13: 978-4562056385
  • 発売日: 2019/2/27
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 3.2 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 173,382位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 3
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2019年7月30日
Amazonで購入
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2019年6月12日
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告