通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
京都花街の経営学 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇第1刷(2007年9月) 帯あり カバー上部に若干、ハガレ部分ありますが、これ以外は美品です 本文はほとんど使用感ありません  経年を感じさせない良い状態です  ◇アマゾン専用在庫 ◇臨時休業日を除き、通常24時間以内に日本郵便のゆうメール便で発送 ◇除菌清掃後、濡れ対策のためビニール袋+封筒の二重包装で石川県より発送 ◇内容が重複するため注文確認メールは割愛します 発送完了後、アマゾン経由でメール連絡します
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

京都花街の経営学 単行本 – 2007/9/1

5つ星のうち 3.9 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 100
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 京都花街の経営学
  • +
  • おもてなしの仕組み - 京都花街に学ぶマネジメント (中公文庫)
  • +
  • 舞妓の言葉――京都花街、人育ての極意
総額: ¥4,048
ポイントの合計: 123pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

 350年以上の歴史をもち、いまだに人々を惹きつける京都花街----。なぜ350年も続き、なぜいまだに人々を惹きつけ続けるのか? 
そんな疑問をもとに、気鋭の経営学者が5年におよぶフィールドワークを敢行、その成果が本書に結実しました。
 
本書が他の京都花街に関する書籍と一線を画しているのは、著者が「経営学者」である点です。「舞妓はんはかわいいなぁ」「芸妓はんはきれいやなぁ」という感嘆に終わることなく、京都花街を350年以上続く「ビジネス」としてとらえ、その強さの秘密を分析しています。350年間も続き、今なお多くの人を惹きつけ、その売上規模を拡大させている経営の秘訣は、現代の日本企業の経営にも多くの示唆を与えてくれるはずです。

 そういった経営学的分析がある一方、他ではあまり知られていない「京都花街・豆知識」も充実しています。舞妓さんの修業内容と日常生活、花街のIT化、「旦那さん」になれる条件、舞妓さんと芸妓さんの見分け方、舞妓さんに会える場所などなど......本書を読めば、京都花街通になれることも請け合いです。

内容(「BOOK」データベースより)

気鋭の経営学者が五年におよぶフィールドワークを実施。京都花街という「ビジネス」の秘密をあざやかに解き明かす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 249ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2007/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492501762
  • ISBN-13: 978-4492501764
  • 発売日: 2007/9/1
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 160,461位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
京都花街が、350年もの間続いているのはなぜ?
本書は、この疑問に答えるための調査をまとめたものです。
「一見さんお断り」等の伝統がとても分かりやすく述べられている。
用語集も嬉しい。
いまこそ、規模拡大を目指さずに持続可能な経営をする花街に学ぼう。

(戦略)
・「超長期競争優位性」
 規模拡大を目指さずに、価格競争を避ける。

(顧客・商品)
・きちんとしたものを提供し、顧客は適切な価格で購入する。
・常に顧客の満足度に気を配り、次のサービス提供に生かす。

(店舗)
・「一見さんお断り」
 長期掛け払いで運営しており、デフォルトを防止するため。
 顧客へのもてなし(コーディネート)をするため。
 職住一体の女所帯であり、安全性の配慮をするため。
・職住一体の女所帯で、人間関係になじむことの大切さを教える。
 次に、「芸の道には一人前という言葉はない」と体で覚えさせる。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
京都の花街を経営組織・教育システムの視点から構造分析し、他地域の同業界との対比分析を交えながら、経営事業体としての持続性と変化対応のノウハウを論述している。
非合理に見える伝統的なしくみ・制度−住み込みと仕込みさん、年季、置屋とお茶屋、女紅場、一見さんお断り−が、実は変化対応への柔軟性としたたかな知恵を内包する合理的な統合システムとして機能し、合理性を持つていると著者は分析する。
舞妓さん・芸妓さんを高度技能専門職ととらえ、そのキャリア形成と能力評価の仕組みを明解に分析し、舞妓さんのキャリア・パスを詳述してくれている。お茶屋はお座敷をコーディネートし、「おもてなし」のサービスを商品にするプロデューサー。価格競争に堕せず、質の競争に腕をふるい情報ネットを駆使する。「一見さんお断り」は350年続く会員制ビジネスであり、与信管理の有効な仕組みである一方、女所帯の花街におけるセキュリティの知恵でもあるという。わかりやすくて、実におもしろい。
おかたい経営組織論・教育論をまず読むより、この花街という業界のケーススタディを読む方が経営組織論や能力評価論への親しみができ、理論への架橋になると思う。
一方で、京都祇園を一歩踏み込んで理解できる文化風俗案内書となっていて、楽しめる本だった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 花街の分析は非常に困難であるのだが、こと祇園甲部についてはその知名度からか関連書籍も多くこの本に書かれている程度のことは、すこし調べれば誰にでも分る事である。祇園で興味深いのは、「一見さんお断り」の商習慣だろう。目の前に現金をつまれようと、しれっと「今日はあいにく貸切なんですけど‥」と言ってのけるこのビジネス習慣の効用を、経営学博士なら理論的に論じて欲しかった。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「経営学」という学問を狭義でとらえれば、本書にその名をつけるのは不適切である。
『京都花街のシステム』などにすればしっくりきたかもしれない。
東洋経済新報社の編集者の能力を少し疑う。

ただ、京都の花街がどのように経営しているか、それを明らかにしている点は評価に値するだろう。
広義で「経営」の学というなら、それはそう言えなくもないだろう。
花街協働や分業、「一見さんお断り」のシステム、などの分析などそういった点は一応は経営について触れている。

一方、本書は実に詳細に京都の花街の文化・伝統について書かれており、特に花街に憧れる男性諸氏にはオススメな内容となっている。
私は祗園や先斗町、宮川町などに遊びに行くことがあるので、実に楽しく読ませてもらった。

さすがは著者自身も京都人。京都の格式を重んじながら、やはり花街の触れてはならないことには触れずに上手に書きあげている。
書いてはならない事を書けば、たちまち花街からは煙たがられ、相手にされなくなるだろう。

バランス感覚の優れた内容となっていると私は考え、満点とする。
京都で八坂神社や河原町方面へ遊びに行かれる方は是非とも読んでおいて損はないだろう!
知っていた方が面白い情報が満載である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー