¥ 1,728
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
京都花街の経営学 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

京都花街の経営学 単行本 – 2007/9/1

5つ星のうち 3.9 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 京都花街の経営学
  • +
  • おもてなしの仕組み - 京都花街に学ぶマネジメント (中公文庫)
  • +
  • 舞妓の言葉――京都花街、人育ての極意
総額: ¥4,048
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

出版社からのコメント

 350年以上の歴史をもち、いまだに人々を惹きつける京都花街----。なぜ350年も続き、なぜいまだに人々を惹きつけ続けるのか? 
そんな疑問をもとに、気鋭の経営学者が5年におよぶフィールドワークを敢行、その成果が本書に結実しました。
 
本書が他の京都花街に関する書籍と一線を画しているのは、著者が「経営学者」である点です。「舞妓はんはかわいいなぁ」「芸妓はんはきれいやなぁ」という感嘆に終わることなく、京都花街を350年以上続く「ビジネス」としてとらえ、その強さの秘密を分析しています。350年間も続き、今なお多くの人を惹きつけ、その売上規模を拡大させている経営の秘訣は、現代の日本企業の経営にも多くの示唆を与えてくれるはずです。

 そういった経営学的分析がある一方、他ではあまり知られていない「京都花街・豆知識」も充実しています。舞妓さんの修業内容と日常生活、花街のIT化、「旦那さん」になれる条件、舞妓さんと芸妓さんの見分け方、舞妓さんに会える場所などなど......本書を読めば、京都花街通になれることも請け合いです。

内容(「BOOK」データベースより)

気鋭の経営学者が五年におよぶフィールドワークを実施。京都花街という「ビジネス」の秘密をあざやかに解き明かす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 249ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2007/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492501762
  • ISBN-13: 978-4492501764
  • 発売日: 2007/9/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 247,696位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 花街の分析は非常に困難であるのだが、こと祇園甲部についてはその知名度からか関連書籍も多くこの本に書かれている程度のことは、すこし調べれば誰にでも分る事である。祇園で興味深いのは、「一見さんお断り」の商習慣だろう。目の前に現金をつまれようと、しれっと「今日はあいにく貸切なんですけど‥」と言ってのけるこのビジネス習慣の効用を、経営学博士なら理論的に論じて欲しかった。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「経営学」という学問を狭義でとらえれば、本書にその名をつけるのは不適切である。
『京都花街のシステム』などにすればしっくりきたかもしれない。
東洋経済新報社の編集者の能力を少し疑う。

ただ、京都の花街がどのように経営しているか、それを明らかにしている点は評価に値するだろう。
広義で「経営」の学というなら、それはそう言えなくもないだろう。
花街協働や分業、「一見さんお断り」のシステム、などの分析などそういった点は一応は経営について触れている。

一方、本書は実に詳細に京都の花街の文化・伝統について書かれており、特に花街に憧れる男性諸氏にはオススメな内容となっている。
私は祗園や先斗町、宮川町などに遊びに行くことがあるので、実に楽しく読ませてもらった。

さすがは著者自身も京都人。京都の格式を重んじながら、やはり花街の触れてはならないことには触れずに上手に書きあげている。
書いてはならない事を書けば、たちまち花街からは煙たがられ、相手にされなくなるだろう。

バランス感覚の優れた内容となっていると私は考え、満点とする。
京都で八坂神社や河原町方面へ遊びに行かれる方は是非とも読んでおいて損はないだろう!
知っていた方が面白い情報が満載である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
学者さんの本はやっぱり・・・。
安く買って一応読んだものの、「卒論」的。
本のP247参考文献の一覧をみれば、なるほどネ。
祇園お茶屋の女将が書いた「・・・を知っといやすか」
は手元に残すけど、この本は売ろう。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 350年も続いている京都花街のしくみを経営学的視点でひもとくという、珍しい視点で書かれた本です。

 京都では芸者さんのことを芸妓(げいこ)さんとよび、一人前の芸妓をめざす修行中の若い女性を舞妓(まいこ)さんと呼んでいます。舞妓さんは主に踊りを披露しながら、先輩である芸妓さんがお座敷を盛り上げる様子を現場で学び、「座持ち」のするもてなしのプロをめざします。
 舞妓さんは見習い修行中の身分ですが、一人前の芸妓さんになるまでに日本舞踊をはじめとする様々な芸事を学ばねばならず、高額な衣装も用意しなければなりません。

 修行中の舞妓さんを育てるために身元を引き受けてくれるのが「置屋」、置屋から派遣される舞妓さんの舞台であるお座敷をかけるのが「お茶屋」です。

 ここで著者が経済的視点で分析するところによると、京都の花街は、置屋とお茶屋を中心に、さまざまな出入り業者が分業する構造になっているのが特長です。料理もお茶屋で作らずに、料理屋か仕出し屋から取ります。
 東京では逆に、「待合」という小さな座敷を貸す業態がすたれていって、建物も立派でお座敷も広い大きな料亭がメインとなりました。もちろん料亭には専属の板前がいて、料理も自前です。料亭が高級化した結果、花街そのものが高級化してしまいました。
 その結
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 私の住んでいる町にも昔は大きな花街がありまして、かつては「市民会館」で、「都をどり」みたいな芸妓さんの踊りの会が、春秋の年2回開かれていたと聞いた事があります。というか日本全国そんな町ばかりではないでしょうか。ただ1ヵ所、今も国内だけではなく、海外からも多くの観光客を集め、最近の祇園花見小路などを見れば、欧米に加えて、中国、韓国などアジアからのお客様も目立つこの街=京都を除いては。
 そんな今も生きる京都花街のダイナミズムの源泉を、単に歴史だとか伝統などという解釈で片づけるのではなく、「経営学」(=組織学)の枠組みを使って明らかにしようとしたところは、多分、今までに類のない本ですね。いわゆる従来の京都本や花街本ではみられなかったシステムへのアプローチが新鮮で、興味を惹きます。
 著者は花街全体を運命共同体としてとらえ、特に第5章以降は、その分業制度や取引のシステム、評価システムや学校制度などが変化に適応しつつ応用され、「制度的叡智」となって、京都の花街(という業界)を支えていることを教えてくれます。
 京都の花街が、「一見さんお断り」の制度で、カード会社も及ばぬ与信機能を長年にわたって保持していることや、顧客が単なる消費者ではなく、サービスの質を高める共同体の積極的な参加者である役割を持つという指摘は、今のWeb2.0にも通じる話で、目からウロコの感
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー